上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スカイマークの2014年度3Q決算が発表されました。



売上高(百万) 前年比(%) 営業利益 前年比(%) 経常利益(百万) 前年比(%) 純利益(百万) 前年比(%)
27年3月期第3四半期 64,322 △1.4 △11,290 △10,430 △13,617
26年3月期第3四半期 65,250 △0.8 △181 1,916 △75.2 230 △94.4


やはり厳しい決算ですね。
A330導入で座席数が増えて、売上も増えなくてはいけないところですが、
逆に減少してしまっています。
客単価は前3Qに比べて96.5%(12,067円/人)。搭乗率も60.1%と奮わず。
そこに円安の向かい風が吹き、さらにA380の違約金問題でついにチェックメイト。
何とか持ち直してほしかったですが、悪いことは重なるものです。

財務諸表を見てみると、現金が730百万円しかないことがやはり目を引きます。
資金繰りが厳しかったことが見て取れます。営業未払い金も29億から65億と増加していますし。
今思うと、少し前まで2ヶ月前からしかスカイマークの便は予約できなかったのに、
2ヶ月以上前から予約できるようにしたのも、キャッシュを得るためだったんですかね。

2月いっぱいで上場廃止になるので、四半期決算の発表はこれが最後かもしれません。
今後もエアドゥやスカイネットと同様半期の決算は発表されるかもしれませんが。
再上場の可能性やA380問題の決着がどうか等も気になるので、
今後もチェックしていきたいと思います。

スポンサーサイト

スカイマークが、民事再生法の適用申請し、民事再生手続きを開始した、とのことです。

ついにこの時が来てしまった。。。
業績が悪化していることはIRや搭乗率を見ていてもわかっていましたが、
ANA、JALからの支援やA380の違約金も少なくすみそう、とか報道があったので、
もう少しもつと思っていましたが、思った以上に早く来てしまいました。
やはりA380の違約金交渉が上手くいかなかったのと、
A330導入によるコスト増、経営不安報道による搭乗率低下が主な原因でしょう。

A380、A330と、やることなすことすべて裏目に出てしまった、ということですね。
国際線に手を広げず、国内幹線メインでやっていれば十分利益を出せるはずだったのに。。。
背伸びしてA380など契約せずA330あたりにしておけば、国際線がダメでも国内線で使えるし、
違約金にしてもここまで巨額にはならなかったのに。。。
B737-700あたりを導入して、国内網を充実させる方針にすれば、
整備はB738と同一で費用はかさまないし、効率的経営が継続できたのに。。。
色々後悔する点があり、社長は後悔しても仕切れないでしょうね。

スカイマークの今後については、まずは負債についてはきれいになるので、
エアバスからの負債もチャラになるでしょう。
負債がエアバスの違約金を含めないで710億もあった、とのことですが、
おそらくA380の内装会社の違約金等もここに含まれるのでしょう。
それがきれいになれば、かなり楽になりますね。
で、運転資金はインテグラルという投資会社が支援するとのこと。

ANAも支援するかもしれない、という話もあります。
A330はANAに買い上げてもらって、
スカイマークは初心に返ってB737-800のみの運行に戻った方がいいと思いますね。
A330はANAでビジネスとして売るか、エコノミー席を増やして運行するか、
使いようはあると思います。
現在は原油はかなり安くなっていますし、また黒字化できる可能性は十分あると思いますね。
一旦株は紙切れになりますが、黒字化できれば再上場もありえます。
私もその時を夢見ておきたいと思います。

スカイマークの2014年12月の輸送実績が発表されました。

2014年度 2013年度
羽田-福岡 63.4% 78.3%
羽田-神戸 65.3% 75.6%
羽田-札幌 67.2% 78.6%
羽田 -沖縄 52.0% 71.2%
羽田-鹿児島 54.3% 59.0%
福岡-沖縄 43.0% 67.6%
神戸-沖縄 49.7% 51.4%
神戸-茨城 58.0% 60.3%
神戸-札幌 46.5% 61.0%
神戸-長崎 53.5% 62.9%
神戸-鹿児島 35.5% 47.7%
神戸-仙台 37.7% 0.0%
名古屋-札幌 44.4% 49.0%
名古屋-沖縄 48.6% 59.8%
茨城-札幌 47.5% 40.7%
茨城-福岡 49.2% 0.0%
米子-沖縄 39.9% 0.0%
沖縄-宮古 40.3% 53.6%
沖縄-石垣 41.0% 29.1%
福岡-札幌 56.9% 49.6%
仙台-札幌 35.8% 35.1%
仙台-福岡 48.4% 52.8%
神戸-米子 52.1% 40.9%
--------------------
全路線 54.5% 60.1%

全路線での提供座席数は前年比104.2%。一方、搭乗者数は94.3%。
搭乗率は前年より5.6%の悪化となりました。

12月は閑散期とはいえ、この数字は厳しいです。
A330導入で座席数を増やしたことに対して乗客が伸びなかったことが要因のひとつではありますが、
それに関係のない路線も大きく搭乗率を落としています。
昨今の報道で客離れが起きていることと、運賃をおそらく上げていることが原因かと思われます。
A330導入で座席当たりコストは増加しているのに、この状況は非常に厳しいですね。

個別に見てみると、
羽田路線は昨年より全体的に10%程度下がっているようです。
座席数が増えた福岡は15%減と厳しい数字。搭乗者数は10%増えてはいますが。

神戸も全体的に厳しいですね。
昨年は60%程度なので何とか採算に乗っているかどうかでしたが、
今期の50%では赤字でしょうね。
比較的堅調だった名古屋もイマイチ。
離島路線も仙台路線も50%に満たず。
福岡-札幌は唯一の健闘、でも1日1往復なので収益には限定的。
神戸-米子も意外とがんばっていますね。これは経由便化が上手くいったのかも。

ANAから出資を受け入れて傘下入りという話もありますが、
この状況を考えると思った以上に資金繰りが厳しいのかもしれません。
2Q時点で手元資金が45億しかありませんし。
また業績も会社予想の△136億より赤字が拡大しているかもしれません。
エアバスの違約金が200億で済んだとしても、純資産が100億しか残らず、
来期の状況によっては債務超過→倒産もみえてきます。

やはりANAからの出資を受け入れるしか生き残る道はなさそうですね。
ANAからの出資を受けるということは、ADO、SFJ、SNAと同列になるということで、
路線開設もすべてANAのお伺いを立てる必要があり、
生かさず殺さず細々とやっていくことになるでしょうね。
取締役もANAから来るでしょうし。。。

2014年度年末年始の航空各社輸送実績が発表されました。

2014 2013 前年比
-- 座席数 搭乗者数 搭乗率 座席数 搭乗者数 搭乗率 搭乗者数 搭乗率
ANA 3,257,023 2,204,532 67.7% 3,306,622 2,247,229 68.0% 98.1% -0.3%
JAL 2,277,703 1,569,379 68.9% 2,286,850 1,606,324 70.2% 97.7% -1.3%
SKY 488,249 332,683 68.1% 405,684 275,651 67.9% 120.7% 0.2%
SNA 122,317 90,852 74.3% 115,919 78,054 67.3% 116.4% 6.9%
SFJ 91,133 72,061 79.1% 123,153 99,807 81.0% 72.2% -2.0%
ADO 140,481 105,308 75.0% 129,655 96,698 74.6% 108.9% 0.4%
APJ 166,320 145,477 87.5% 134,280 117,925 87.8% 123.4% -0.4%
JJP 322,560 215,881 66.9% 212,400 187,457 88.3% 115.2% -21.3%
WAJ 38,880 32,859 84.5% 12,600 11,062 87.8% 297.0% -3.3%
-- -- -- -- -- -- -- -- --
合計 6,904,666 4,769,032 69.1% 6,727,163 4,720,208 70.2% 101.0% -1.1%


予約の時点では前年比102.4%と好調でしたが、最終的な実績では101.0%と増加率はやや減少。
休みの並びがよかったので、早めに確保するよう出足が早かったということでしょうか。
大手2社は搭乗者数、搭乗率ともやや減少。
ANAは予約時点では前年比プラスだったのに、最終的には2%弱の減少となっています。
早期割引運賃を増やしているのかもしれませんね。

スカイマークは、搭乗率が0.2%と微増に終わりました。
座席数を増やしているので搭乗率が伸びないのはやむを得ないとも言えますが、
予約時の+5.9%の勢いはなくなってしまいました。
搭乗率が大手並みというのはやはり物足りないですね。

新興各社は概ね好調。
SFJは福岡をコードシェアにしたため搭乗者数、搭乗率とも下がっていますが、
それを除けば実質上昇していると思います。
LCC人気が一服したことで、大手よりやや安い新興各社に戻ってきていると思われます。

LCCは、搭乗率も前年並みをキープできているので、好調を維持と見てよさそう。
バニラも同じく高い搭乗率であり好調と見てよさそうです。
対してジェットスターは大苦戦。大手より低い搭乗率では厳しい。。。
確かにたまたま見た年末年始の成田松山便でも、
大手は空席が無いのに対してジェットスターは空席あり、となっていました。
かなり安い運賃で提供しているのにこれでは黒字になりようがないですね。
そろそろ増資の話が出てくると思いますが、JAL、カンタスはどうしますかね。


航空各社の2014年度年末年始の予約状況が発表されました。

2014 2013 前年比
-- 座席数 予約数 予約率 座席数 予約数 予約率 予約数 予約率
ANA 3,270,285 1,883,218 57.6% 3,333,624 1,886,992 56.6% 99.8% 1.0%
JAL 2,278,682 1,344,662 59.0% 2,278,682 1,365,139 59.9% 98.5% -0.9%
SKY 502,024 279,147 55.6% 408,162 203,025 49.7% 137.5% 5.9%
SNA 123,235 82,857 67.2% 116,873 69,634 59.6% 119.0% 7.7%
SFJ 91,783 57,146 62.3% 129,820 76,706 59.1% 74.5% 3.2%
ADO 142,231 95,237 67.0% 132,314 84,013 63.5% 113.4% 3.5%
APJ 166,680 110,632 66.4% 135,000 91,971 68.1% 120.3% -1.8%
JJP 325,440 148,960 45.8% 214,246 150,010 70.0% 99.3% -24.2%
WAJ 39,600 30,889 78.0% 12,603 10,232 81.2% 301.9% -3.2%
-- -- -- -- -- -- -- --
合計 6,939,960 4,032,748 58.1% 6,761,325 3,937,722 58.2% 102.4% -0.1%

今年は曜日の並びがいいこともあり、全体としては増加しています。
全体的な傾向としては、昨年好調だったJALやLCCから、
ANAや新興各社に戻ってきた、といったところでしょうか。

スカイマークは昨年より6%程度の予約率上昇。
座席数を増やしているので、予約数は137.5%と大幅増となっています。
ここはA330を導入した効果が出ていますね。ただ単価が伴っているかどうかが心配。
新興各社も昨年より伸ばしています。

厳しいのはLCC。特にジェットスターは目を疑うような散々な数字です。
単価を上げたのか、単に飽きられただけなのか、
稼ぎ時でこれでは通年で黒字なんてありえない。また増資が必要でしょうね。
これからどうしていくのかは考えないといけないと思いますが。

>>次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。