上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スカイマークが、民事再生法の適用申請し、民事再生手続きを開始した、とのことです。

ついにこの時が来てしまった。。。
業績が悪化していることはIRや搭乗率を見ていてもわかっていましたが、
ANA、JALからの支援やA380の違約金も少なくすみそう、とか報道があったので、
もう少しもつと思っていましたが、思った以上に早く来てしまいました。
やはりA380の違約金交渉が上手くいかなかったのと、
A330導入によるコスト増、経営不安報道による搭乗率低下が主な原因でしょう。

A380、A330と、やることなすことすべて裏目に出てしまった、ということですね。
国際線に手を広げず、国内幹線メインでやっていれば十分利益を出せるはずだったのに。。。
背伸びしてA380など契約せずA330あたりにしておけば、国際線がダメでも国内線で使えるし、
違約金にしてもここまで巨額にはならなかったのに。。。
B737-700あたりを導入して、国内網を充実させる方針にすれば、
整備はB738と同一で費用はかさまないし、効率的経営が継続できたのに。。。
色々後悔する点があり、社長は後悔しても仕切れないでしょうね。

スカイマークの今後については、まずは負債についてはきれいになるので、
エアバスからの負債もチャラになるでしょう。
負債がエアバスの違約金を含めないで710億もあった、とのことですが、
おそらくA380の内装会社の違約金等もここに含まれるのでしょう。
それがきれいになれば、かなり楽になりますね。
で、運転資金はインテグラルという投資会社が支援するとのこと。

ANAも支援するかもしれない、という話もあります。
A330はANAに買い上げてもらって、
スカイマークは初心に返ってB737-800のみの運行に戻った方がいいと思いますね。
A330はANAでビジネスとして売るか、エコノミー席を増やして運行するか、
使いようはあると思います。
現在は原油はかなり安くなっていますし、また黒字化できる可能性は十分あると思いますね。
一旦株は紙切れになりますが、黒字化できれば再上場もありえます。
私もその時を夢見ておきたいと思います。

コメント

スカイマークの今後を考えると、JALやANAの言いなりになるよりは良かったのかもしれない。
夢のあるスカイマークの復活を願ってやみません。復活、新規上場の際には、また小株主として陰ながら応援したいと思います。
がんばれ、スカイマーク!!
負けるなスカイマーク!!
今は、18000株ぐらい保持していたので6百万程度損しました。

一時20万株ぐらい保有していました。

あの1000円の頃が懐かしいです。A380の問題が顕現化したとき190円で6万株ほど投げ、280円で2万株投げました。

10万株は1000円近辺で売っていたので、結果的にみたら、損はしていないと思うけれど、最後の10%の保有で6百万損したのは痛恨です。

西久保氏の胸中はいかばかりか。

ANAが救済というストーリーになるのではないかと思っています。

西久保氏がいないのであれば、もうANAでいいでしょう。ANAがTOBで50円ぐらいで買収というのがありがたい。
ANAが支援の話は朝日が書いているので信憑性が…
運航を継続するための機材ですが全てリース機材なので
スポンサー次第にはなりますが
リース会社とスポンサーの交渉で話が付けば
違約金+早期返却の線が濃厚です。
(個人的には737のBSI対応機以外は返却しても良いと思います。)
いまのスカイマークだと738でHND発着路線を中心に
運航するぐらいの能力ぐらいしかないと思います。
A330は座席変更しても整備がまともに出来る体制でないので
負担にしかならないし、いまの日本の航空他社でも
運航実績が無いため半年ぐらいは運航が安定できないので
早めに手放した方が良いでしょう。
(JALが会社更生法適用時に747やA300を手放したように)

問題はA380の違約金の方でしょう
こちらはエアバス次第ですが当のエアバスもA380に限っては
損益分岐点を達成できていないので売却先が決まるまでは
この問題は決着が付きそうにありません。
業界でははターキッシュ エアラインズ(旧トルコ航空)が
A380に興味があるとのことでRR製エンジンも使用しているので
こちらも交渉がまとまれば売却され
違約金も確定できるかもしれませんが
製造後約一年ストアの機体なので
改装費を含めどれだけ買い叩かれるかによって
違約金の額も大きく変わってくると思います。

運航は羽田発着枠死守で継続して再生していくしかないと思われます。
なにせ民事再生手続き開始前に駆け込みで
会社の有価財産を殆ど売却して
確保した資金が枯渇して民事再生法の申請なので
現状スカイの財産と言ったら殆どリースになっていて
あとは羽田の発着枠36枠ぐらいしか残っていないと思われます。
http://www.aviationwire.jp/archives/54131
ほぼ予想通りの再生案が出てきました。(ーー;)
(A330は保全処分で返却できない?→リースバック)
それぐらい切羽詰まっての民事再生法申請だったのでしょう。
11時からの会見で西久保氏の姿は見えなかったが
本来なら西久保氏が出てきて頭を下げるべきなのだろうが
ここまで頑なに色んな見得を切ってきた手前
出てこられなかったのかもしれません。

今後は一番の問題のA380違約金問題ですが
2月4日の債権者説明会でいろいろまた出てきそうです。

しかし運航継続も夏ダイヤから宮古、石垣の撤退は
再生のためとは言え島民に迷惑をかけることになりそうです。

あと、この民事再生法申請のさなか
737-800のJA73NHが返却されたのか
1月28日に離日しています。
http://ja.flightaware.com/live/flight/N381AG
http://ja.flightaware.com/live/flight/JA73NH
A330を運航停止するなら残しておいても良かった
BSI対応機だったのですが
それを残す資金もなくなっていたのでしょう。
1月28日の民事再生手続き開始から一週間たちましたが
色んな情報が東京地裁に提出した
再生手続き開始の申し立て書類で明らかになってきました。

●1月28日時点の現預金などの手元資金が約2億9,550万円

●西久保慎一前社長の個人名義で7億円を貸し付け、1月分の従業員給与に充当

●空港使用料、約30億円超未払い
(内訳:国交省航空局29億1,727万円、神戸市9,477万円、中部国際空港会社2,427万円など)

●大口債権者
○エアバス:違約金交渉中のため未定の損害賠償債権(最大7億ドル≒830億円見込み)
○GECAS(GEキャピタルアビエーションサービス)147億6,615万円
○AWASアビエーション・キャピタル137億4,621万円
その他リース会社IAP(イントレピッド・アヴィエーション・パートナーズ )、エア・リース(Air Lease Corporation)
、CIT Aerospace、SMBCアビエーション・キャピタルなどが債権者となる模様

また、A330は2月からの運航停止は良いのですが機材駐機を
日本で一番駐機料が高いとされる羽田空港に駐機しているので
更に上記未払い空港使用料が利益を出さないのに増えていきます。
整備などの必要が無いのなら
神戸など駐機料が比較的安い空港に駐機するべきでしょう。
整備ハンガー内に入れれば駐機料は発生しないので
ハンガーに入れられる機体は入れるべき

運航もA330が外れて安定するかと思いきや
2月になってもコンスタントに737が1,2機不足しているような
欠航便の案内が出ています。
欠航便がでている一方臨時便を出す案内もあるのも気になります。
このような状況だとSKYセールの料金で販売しても
欠航の不安があるのでLCCに客が逃げると思うのですが
まずは運航の安定化で実績を作らないと
再建案自体がポシャるような気がします。

定期航空事業者なら基本に戻って時刻表に出ている便は運航するべきです。
出来ないなら会社清算して廃業するべきではないでしょうか?

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sky1192.blog8.fc2.com/tb.php/1198-3222e3a8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。