上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スカイマークの2014年度3Q決算が発表されました。



売上高(百万) 前年比(%) 営業利益 前年比(%) 経常利益(百万) 前年比(%) 純利益(百万) 前年比(%)
27年3月期第3四半期 64,322 △1.4 △11,290 △10,430 △13,617
26年3月期第3四半期 65,250 △0.8 △181 1,916 △75.2 230 △94.4


やはり厳しい決算ですね。
A330導入で座席数が増えて、売上も増えなくてはいけないところですが、
逆に減少してしまっています。
客単価は前3Qに比べて96.5%(12,067円/人)。搭乗率も60.1%と奮わず。
そこに円安の向かい風が吹き、さらにA380の違約金問題でついにチェックメイト。
何とか持ち直してほしかったですが、悪いことは重なるものです。

財務諸表を見てみると、現金が730百万円しかないことがやはり目を引きます。
資金繰りが厳しかったことが見て取れます。営業未払い金も29億から65億と増加していますし。
今思うと、少し前まで2ヶ月前からしかスカイマークの便は予約できなかったのに、
2ヶ月以上前から予約できるようにしたのも、キャッシュを得るためだったんですかね。

2月いっぱいで上場廃止になるので、四半期決算の発表はこれが最後かもしれません。
今後もエアドゥやスカイネットと同様半期の決算は発表されるかもしれませんが。
再上場の可能性やA380問題の決着がどうか等も気になるので、
今後もチェックしていきたいと思います。

スポンサーサイト

2014年度第1四半期の決算発表予定日一覧です。

<空運>
9202 ANA 7月30日 水
9204 スカイマーク 7月31日 木
9206 スターフライヤー 不明
9201 JAL 7月29日 火

<不動産>
1925 大和ハウス 8月8日 金
3231 野村不HD 7月30日 水
3254 プレサンス 8月5日 火
3264 アスコット 7月30日 水
8801 三井不 8月6日 水
8802 菱地所 7月31日 木
8803 平和不 7月31日 木
8818 京阪神ビ 7月31日 木
8830 住友不 8月7日 木
8840 大 京 8月6日 水
8864 空港施設 7月31日 木
8869 明和地所 8月8日 金
8871 ゴールドクレ 7月24日 木
8877 エスリード 7月25日 金
8881 日神不動 8月4日 月
8889 アパマンショ 7月28日 月
8897 タカラレーベン 7月28日 月
8909 シノケンG 8月11日 月
8928 穴吹興産 8月12日 火
8935 FJ ネクスト 8月4日 月
8944 ランビジネス 7月31日 木
8946 陽光都市 8月12日 火
9706 空港ビル 7月30日 水

空運については、スカイマークがどの程度の決算を出してくるか。
運航開始が遅れたためA330導入の効果はほとんど入っていない中で、機材費はかかっています。
それに加え、為替も原油も高止まりしているのでいい決算は期待薄ですね。
スタフラも苦しい決算だとは思いますが、結局福岡便もANAとコードシェアしていますし、
ANAの下僕としてつぶれない程度の決算数字は出してくるでしょうね。

不動産の方は、航空関連と自分が持っている銘柄程度のチェックしかしていないです。
そろそろまた銘柄選定して投資を再開するか、別の業界を注目するか。。。


2014年3月期の注目各社3Q決算発表予定日一覧です。

<航空>
9202 ANA 1月31日 金
9204 スカイマーク 1月30日 木
9206 SFJ 1月31日 金
9201 JAL 1月31日 金

<不動産>
1925 大和ハウス 2月7日 金
3231 野村不HD 1月31日 金
3254 プレサンス 2月4日 火
3264 アスコット 1月30日 木
8801 三井不 2月12日 水
8802 菱地所 2月5日 水
8803 平和不 1月29日 水
8818 京阪神ビ 1月31日 金
8830 住友不 2月13日 木
8840 大 京 2月5日 水
8864 空港施設 1月30日 木
8869 明和地所 2月7日 金
8871 ゴールドクレ 1月30日 木
8877 エスリード 1月31日 金
8881 日神不動 2月3日 月
8889 アパマンショ 1月30日 木
8897 タカラレーベン 1月27日 月
8909 シノケンG 2月14日 金
8928 穴吹興産 2月12日 水
8935 FJ ネクスト 2月3日 月
8946 (株)陽光都市開発 8月9日 金
9706 空港ビル 2月5日 水

航空は1/30と1/31に集中。
スカイマークは搭乗率も伸びていませんし、厳しい決算が予想されます。
赤字転落、下方修正の可能性もありますが、株価がどこまで織り込んでいるのか。
PBRや羽田枠という隠れ資産を考えるとまだ安いとも言えますが。

不動産は、以前から持っている銘柄と、空港関連はチェックしています。
株価的にはアベノミクスで結構上がっていますが、業績が伴うのかどうかですね。



2013年ゴールデンウィーク期間の航空各社の輸送実績がまとまりました。

2013 2012 前年比
座席数 搭乗者数 搭乗率 座席数 搭乗者数 搭乗率 搭乗者数 搭乗率
ANA 2,066,624 1,320,889 63.9% 2,026,102 1,332,885 65.8% 99.1% -1.9%
JAL 1,531,258 1,030,706 67.3% 1,472,363 1,013,477 68.8% 101.7% -1.5%
SKY 297,183 194,440 65.4% 253,995 182,355 71.8% 106.6% -6.4%
SNA 70,195 51,340 73.1% 61,752 48,288 78.2% 106.3% -5.1%
SFJ 89,816 69,499 77.4% 62,852 49,255 78.4% 141.1% -1.0%
ADO 85,305 64,466 75.6% 84,028 68,240 81.2% 94.5% -5.6%
APJ 75,600 69,037 91.3% 39,581 35,957 90.8% 192.0% 0.5%
JJP 95,040 74,916 78.8% 0 0 0.0% 0.0% 0.0%
WAJ 35,640 24,088 67.6% 0 0 0.0% 0.0% 0.0%
- - - - - - - - -
合計 4,346,661 2,899,381 66.7% 4,000,674 2,730,457 68.2% 106.2% -1.5%

各社前年より座席数は増やしていますが、搭乗率は下がっているというのが傾向のようです。
全体としてみた場合はLCCが加わったこともあり搭乗者数は前年比106.2%と増加。
大手は予約率からは10%程度増加した搭乗率となっています。
それに対してスカイマークは予約時は51.0%でしたが、搭乗率は65.4%となっています。
直前でも安いことを売り出していましたが、予約から実績の伸びは例年程度ですね。
スカイマークは何とか搭乗者数は前年を上回りましたが、搭乗率は奮いませんね。
関空から撤退したり宮古便を減便したりと対策は打っていますが、
それでも搭乗率が伸びなかったのはやや不満ですね。

新興各社についても同じような傾向ですね。
搭乗率はまずまずですが前年比で見ると下がっています。
座席数を増やしているので当然かもしれませんが、LCCの影響もあると思います。

LCCは、ピーチは非常に高い搭乗率ですね。
ただ単価がどの程度だったのかが気になります。
安売りしただけなのか、顧客が定着しているのか。
ジェットスターは78.8%でまずまずですが、
LCCはレジャー用途が多いと思いますので、
これでもLCCとしてはもっと伸ばしたかったのではないかと思います。
エアアジアの67.6%は、大手と変わらない水準ですね。
LCCでこれではかなり厳しいと考えざるを得ないでしょうね。
便数が少なく利便性が低い上にジェットスターのような保証もない、
となるとかなり安くしないと乗らないのでしょうね。
エアアジアはいつまでもちますかね。ピーチに吸収されることもありえるかもしれません。


この数日であった気になったニュースのメモです。

・スカイマーク 6/1より那覇-宮古便再開
4月より運休となる那覇-宮古便ですが、予定通り6月から運行再開となります。
運賃はフリー14で4,800円から。以前の2,800円までの安さはないですね。
対するANAやJALはスーパー先得や旅割55で6,400円程度。
追従値下げを仕掛けてきそうですが、4月から露骨な値上げを批判されたことや、
価格差がそこまで大きくないことから、追従値下げは無いかも。
案外絶妙な価格設定なのかもしれませんね。

・セントレア、LCCターミナルを新設し2014年夏より運用
以前エアアジアが要求していたLCCターミナルですが、やはり新設されるようです。
セントレアはエアアジア、ジェットスターで競合することになります。
これで那覇、成田、関空に続くLCCターミナルとなりますね。

・成田空港 国内線利用者からも空港使用料徴収を検討
成田の国内線利用者にも、空港使用料が課せられることになりそうです。
そもそも国内線の空港使用料は設定されていない空港が大半なので、
国内線には課さないようにしたほうがいいと思いますが。
国際線の利用者に対して不公平、という理論なのかもしれませんが、
国際線の方が手続きが多数あり明らかに費用はかかっていますし。
今でもLCCにとってあまり適切ではないですが、
空港使用料も必要となるとさらに使いづらい空港になってしまいますね。
国内線の大半がLCCですから、嫌がるでしょうね。

>>次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。