上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KDDIが社債を発行して1000億の資金調達を行うということで、内容メモです。

第16回 5年物 調達額350億 利率0.713%
担保制限条項付き
取得格付 A+(株式会社格付投資情報センター)

第17回 7年物 調達額250億 利率1.045%
担保制限条項付き
取得格付 A+(株式会社格付投資情報センター)

第18回 10年物 調達額400億 利率1.573%
担保制限条項付き
取得格付 A+(株式会社格付投資情報センター)

格付A+なら大体利率はこんなものですかね。
同業者のソフトバンクは2年物で5%ですから、違いは大きいです。

スポンサーサイト

大和ハウス工業が社債発行で1000億の資金調達を行うそうです。

大和ハウスといえども1000億はかなりの金額。
社債の残高は45億なので社債の借り換えではないようですし。
長期借入金3,297億の一部を社債に切り替えるということでしょうか。
用地調達を拡大していくのかも。

条件は以下の通り。

第1回 5年物 調達額1000億 利率0.733%
担保提供制限条項付き
取得格付 AA-(株式会社格付投資情報センター)

格付AA-ということもあり、額が大きく5年と長い割に条件はいいです。
大和ハウスの信頼度が現れていますね。

ドンキホーテが社債の発行を発表しおりました。
早速条件を見てみます。

第3回 3年物 調達額110億 利率1.79%
担保制限条項付き
取得格付 A?(株式会社日本格付研究所)

3年物で1.79%は結構な利率です。
同じA-でも1.79%も付くのは10年物ぐらいです。
財務状況がさほど悪いわけではないですが、信頼されていないということでしょうか。

森永乳業が社債を発行するとのことです。
いつものように内容を見てみます。

第9回 7年物 調達額100億 利率1.20%
担保制限条項付き
取得格付 A-(株式会社格付投資情報センター)

格付A-で1.20%は会社にとってよい条件なのでは。
しかし2Q決算をよく見ると、現金結構少ないんですね。
現金91億に対し、流動負債は1467億。
不動産業者なら結構怖い水準ではあります。

野村HDが社債発行とのことで、早速内容を見てみます。

第17回 5年物 調達額250億 利率1.28%
担保・保証特になし
取得格付 AA- (株式会社日本格付研究所)
     A+(株式会社格付投資情報センター)

第18回 10年物 調達額250億 利率2.10%
担保・保証特になし
取得格付 AA- (株式会社日本格付研究所)
     A+(株式会社格付投資情報センター)

野村も最近増資したりして、いろいろありましたからね。
野村のネームバリューからすると10年もの2.1%は高めですね。

>>次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。