上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少々遅れましたが、航空各社のお盆期間の予約状況です。

2014 2013 前年比
座席数 予約数 予約率 座席数 予約数 予約率 予約数 予約率
ANA 2,015,424 1,304,456 64.7% 2,056,555 1,277,626 62.1% 102.1% 2.6%
JAL 1,421,663 954,896 67.2% 1,449,198 940,784 64.9% 101.5% 2.2%
SKY 324,613 244,111 75.2% 250,986 178,730 71.2% 136.6% 4.0%
SNA 70,922 49,120 69.3% 69,227 49,868 72.0% 98.5% -2.8%
SFJ 62,249 45,673 73.4% 67,809 43,128 63.6% 105.9% 9.8%
ADO 80,550 56,582 70.2% 81,177 56,163 69.2% 100.7% 1.1%
APJ 101,880 75,780 74.4% 82,080 64,656 78.8% 117.2% -4.4%
JJP 169,200 115,786 68.4% 125,987 79,305 62.9% 146.0% 5.5%
WAJ 34,040 31,021 91.1% - - - - -
- - - - - - - - -
合計 4,280,541 2,877,425 67.2% 4,183,019 2,689,513 64.3% 107.0% 2.9%


全体的には各社好調と見てよさそうです。
大手は提供座席数を減らしても予約数は増加、
新興、LCCは座席数を増やした以上に予約数が増加、という傾向ですね。

まず目立つのはスカイマーク。提供座席数を増やしていますが、予約数も大幅増。
この期間、A330を導入した羽田福岡は搭乗率が高いと思いますので、
予約数増に寄与していると思われます。
この予約数が、客単価を下げてのものでなければいいのですが。。。

スターフライヤーも予約率を大幅に伸ばしていますが、
これは羽田-福岡でのコードシェアが2014年2月1日から始まったことによるものと思われます。
コードシェアなしの場合だと144×2×10×10×0.25=7200席ほど提供座席数が増えるはず。
これだけANAが買ってくれるというのはいいですね。
現にスタフラの1Q業績はかなり回復していましたし。

LCCについては、ピーチが不祥事の影響からか予約率を下げていて、
その分がジェットスターに回ったのかもしれません。
バニラはリゾート路線ということもあり、長期休暇は好調のようですね。

最後にスカイマークについて。
成田については、スカイマークは撤退するのでは、という報道がありました。
今のスカイマークの状況を考えると国際線もしばらくないでしょうし、やむを得ないですね。
スカイマークの生きる道として黒字化は急務ですが、
路線を整理して羽田+αに集中すれば、黒字化は可能だと思います。
路線の削減して機材のリースバック、就航地の削減、リストラをきちんと行えば、
年間50億ぐらいは利益を出せると思います。
そうなれば銀行の融資も引き出せるようになり、
エアバスへの違約金支払いのための借り入れも可能になると思います。
エアバスへの違約金がどの程度の規模になるか、が不透明なので投資しづらいですが、
路線整理が想定通りになりそうなら、再投資もありかなと思います。

スポンサーサイト

この数日の気になったニュースをまとめておきたいと思います。

スカイマーク A330運行開始
スカイマークが6/14、ようやくA330の運行を開始しました。
当初予定から3ヶ月程度遅れ、また延期かもと思われましたが、ひとまず運行開始できてよかったです。
メディアでもかなり取り上げられていて、今日のテレビニュースでも何回も見ました。
エアバスの日本でのシェア拡大が始まるかも、という点と、
ミニスカ制服を使っていて、当初よりスカートを長くした、という内容でした。
座席についても少し触れていましたが、視聴者の頭に残ったかは不明。
いずれにしてもまだまだ知名度の低い会社なので、アピールにはなったかと。
予約状況を見てみると、座席数が少ないためかA737の便の方が残席が少ないように見えますね。
これがそのうち逆転してくればいいのですが。

A380は最大半年就航延期
A330がこんな状況なので大体の人は予想はしていたでしょうが、
A380の就航はやはり延期になるようです。
7月上旬には計画が固まるとのことなので、株主総会ではまだ未定となりそうです。
機材の費用は当然かかってくるので、やるからには早く運行開始してもらいたいところ。
成功できるようなイメージもイマイチわきませんが。

スターフライヤー 福岡便を減便して山口宇部就航か
スターフライヤーが羽田福岡便を2-3便減便し、山口宇部に振り替える計画があるそうです。
羽田山口便はANAとコードシェア。
ANAの羽田山口宇部便はというと、4月は搭乗率50.3%。
5往復の運行で、機材はB767が4往復と、B787が1往復。意外と大型機材です。
搭乗率も低迷しているので、これを小型化したいANAの思惑があって、
スタフラに声がかかったということでしょうね。
スタフラもスカイマークが広い座席でかつ提供座席数を増やしており、
さらなる苦戦が予想されますし。
スカイマークとしてはライバルが減ってくれるので、いい材料ではあります。


航空各社がゴールデンウィーク期間の予約状況を発表しました。

2014 2013 前年比
座席数 予約数 予約率 座席数 予約数 予約率 予約数 予約率
ANA 2,286,671 1,149,024 50.2% 2,257,326 1,118,816 49.6% 102.7% 0.7%
JAL 1,621,010 909,683 56.1% 1,672,869 927,302 55.4% 98.1% 0.7%
SKY 352,584 211,258 59.9% 293,997 142,822 48.6% 147.9% 11.3%
SNA 86,013 47,695 55.5% 76,562 47,672 62.3% 100.0% -6.8%
SFJ 74,530 34,804 46.7% 70,311 44,224 62.9% 78.7% -16.2%
ADO 95,940 47,138 49.1% 94,362 56,465 59.8% 83.5% -10.7%
APJ 114,840 80,372 70.0% 75,240 55,077 73.2% 145.9% -3.2%
JJP 164,880 86,532 52.5% 95,032 54,184 57.0% 159.7% -4.5%
WAJ 31,812 13,585 42.7% - - - - -
- - - - - - - - -
合計 4,828,280 2,580,091 53.4% 4,635,699 2,446,561 52.8% 105.5% 0.7%


今年は連休の並びが悪く苦戦かと思っていましたが、全体としては予約数は増加しています。
航空業界は好調と見てよさそうです。

個別に見てみると、やはり目立つのはスカイマークの好調さですね。
昨年が悪すぎたというのはありますが、予約率は11.3%改善、
予約数も47.9%増とかなりいい数字。
実績は大体予約率+15%程度になることが多いので、
最終的な搭乗率は70%台中盤まで伸びると思います。

このあおりを受けたのがスターフライヤーとエアドゥですね。
スカイマークとそれぞれ福岡、札幌で競合しますので、
おそらくスカイマークに顧客を奪われていると思われます。
スタフラは経営難で値下げ出来なかったり、
エアドゥにしてもこのところ値上げしていますので、
スカイマークとの価格差が徐々に大きくなっているのではないでしょうか。

ミニスカ制服で話題になったことも要因のひとつにはあるではないかと思います。
知名度がまだまだない会社なので、知名度上昇には役立ったと思います。
社長としてはしてやったりでしょうね。
ここで、批判が多かったのでやっぱりやめる、
と言っても十分マスコミを利用できたしいいのかもしれません。

LCCは、ピーチは好調のようですがジェットスタートバニラはまだまだダメそうですね。
ゴールデンウィークは稼ぎ時なのでここぞとばかりに値上げしていると思いますが、
お客さんはシビアです。大手よりちょっと安いくらいでは乗ってくれませんね。

ひとまずスカイマークとしては好調そうでよかったです。
A330が運行を始められていれば、と悔やまれます。

航空各社は、2013年年末年始の予約状況を発表しました。
各社発表の数値は以下の通りです。

2013 2012 前年比
座席数 予約数 予約率 座席数 予約数 予約率 予約数 予約率
ANA 3,347,555 1,974,612 59.0% 3,221,901 1,727,570 53.6% 114.3% 5.4%
JAL 2,293,264 1,414,818 61.7% 2,213,575 1,239,981 56.0% 114.1% 5.7%
SKY 484,980 252,335 52.0% 409,224 236,408 57.8% 106.7% -5.7%
SNA 117,288 73,141 62.4% 97,986 60,796 62.0% 120.3% 0.3%
SFJ 129,764 76,715 59.1% 80,449 43,887 54.6% 174.8% 4.6%
ADO 132,331 88,401 66.8% 128,621 83,243 64.7% 106.2% 2.1%
APJ 135,000 91,971 68.1% 91,837 56,424 61.4% 163.0% 6.7%
JJP 214,200 149,950 70.0% 122,400 80,187 65.5% 187.0% 4.5%
WAJ 12,604 10,230 81.2% - - - - -
- - - - - - - - -
合計 6,866,986 4,132,173 60.2% 6,365,993 3,528,496 55.4% 117.1% 4.7%


全体的に好調な様子が見え、各社予約数、予約率とも上昇しています。
今年は曜日配列がよいので、1週間休みという人が多いからでしょうか。
しかしスカイマークは、予約数は何とかプラスですが、予約率が冴えないですね。
ついに大手より低い予約率になってしまいました。
LCCは好調なのでそちらに食われてしまっているのか・・・
スカイマークは最近は不安要素が多いですね。

新興各社、LCCとも同じ傾向で、各社座席数を増やしていますので予約数は大幅増、
それでも予約率は上昇しています。
航空業界はかなり好調といえそうですね。
また12/20から運航を開始するバニラエアも発表しています。
こちらは成田-那覇便のみですが、高い予約率になっています。

航空業界が好調なのはいいですが、スカイマークとしてはかなり不安な内容。
ここから伸びて前年度並みの搭乗率程度まで到達してくれればいいですが。。。
ちなみに前年度は73.0%。ここでも不調だといよいよ下方修正が見えてきます。

スターフライヤーが、2014年2月1日より羽田-福岡路線で
ANAとコードシェアを実施すると発表しました。

スタフラはこの路線はコードシェアしていませんでしたが、ついに実施ですか。
おそらくANAからの自立を目指してあえてコードシェアせずに
がんばっていたのだと思いますが、やはり集客力が弱く、
搭乗率を上げるためにかなり単価を下げていたものと思われます。
そのため搭乗率はそこそこの数字を確保していても、利益は全く出ないという状態。
このままではジリ貧ですので、やむを得ずANAに助けを求めた、
という構図かと思います。

ANA側から見れば、すでに福岡便は便数はあるので、
あえてコードシェアする必要もないのではないかと思います。
しかし羽田枠を多数持ち、コードシェアを実施しているスタフラが潰れてしまっては
ANAとしても困るわけなので、何とか救済はしたい。
でも増資という形で支援すると、ANAの持分が増加して子会社になってしまい、
そうなると新興航空として優遇して羽田枠をもらっていたスタフラは、
羽田枠を返上しろと言われかねないです。
コードシェアで座席を買い取る、という形で資金を注入すれば、
ANAのスタフラ株式持分を増やすことなくスタフラを支援することができます。

上記が正しいとすると、ANAはスタフラがつぶれない程度の代金で、
スラフラの座席を買い取るものと思われます。
だとすると来期は黒字化まであるかもしれません。
生かさず殺さずだと思うので大幅黒字はないと思いますが。

スタフラからすればANAから離れなくなってしまいますが、
事業存続のためにはやむを得ない決断だったということでしょう。
ANAから離れてスカイマークと近づくという淡い期待もあったのですが、
結局ANAの下僕化が進んだだけという結果でした。残念です。。。


>>次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。