上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年度年末年始の航空各社輸送実績が発表されました。

2014 2013 前年比
-- 座席数 搭乗者数 搭乗率 座席数 搭乗者数 搭乗率 搭乗者数 搭乗率
ANA 3,257,023 2,204,532 67.7% 3,306,622 2,247,229 68.0% 98.1% -0.3%
JAL 2,277,703 1,569,379 68.9% 2,286,850 1,606,324 70.2% 97.7% -1.3%
SKY 488,249 332,683 68.1% 405,684 275,651 67.9% 120.7% 0.2%
SNA 122,317 90,852 74.3% 115,919 78,054 67.3% 116.4% 6.9%
SFJ 91,133 72,061 79.1% 123,153 99,807 81.0% 72.2% -2.0%
ADO 140,481 105,308 75.0% 129,655 96,698 74.6% 108.9% 0.4%
APJ 166,320 145,477 87.5% 134,280 117,925 87.8% 123.4% -0.4%
JJP 322,560 215,881 66.9% 212,400 187,457 88.3% 115.2% -21.3%
WAJ 38,880 32,859 84.5% 12,600 11,062 87.8% 297.0% -3.3%
-- -- -- -- -- -- -- -- --
合計 6,904,666 4,769,032 69.1% 6,727,163 4,720,208 70.2% 101.0% -1.1%


予約の時点では前年比102.4%と好調でしたが、最終的な実績では101.0%と増加率はやや減少。
休みの並びがよかったので、早めに確保するよう出足が早かったということでしょうか。
大手2社は搭乗者数、搭乗率ともやや減少。
ANAは予約時点では前年比プラスだったのに、最終的には2%弱の減少となっています。
早期割引運賃を増やしているのかもしれませんね。

スカイマークは、搭乗率が0.2%と微増に終わりました。
座席数を増やしているので搭乗率が伸びないのはやむを得ないとも言えますが、
予約時の+5.9%の勢いはなくなってしまいました。
搭乗率が大手並みというのはやはり物足りないですね。

新興各社は概ね好調。
SFJは福岡をコードシェアにしたため搭乗者数、搭乗率とも下がっていますが、
それを除けば実質上昇していると思います。
LCC人気が一服したことで、大手よりやや安い新興各社に戻ってきていると思われます。

LCCは、搭乗率も前年並みをキープできているので、好調を維持と見てよさそう。
バニラも同じく高い搭乗率であり好調と見てよさそうです。
対してジェットスターは大苦戦。大手より低い搭乗率では厳しい。。。
確かにたまたま見た年末年始の成田松山便でも、
大手は空席が無いのに対してジェットスターは空席あり、となっていました。
かなり安い運賃で提供しているのにこれでは黒字になりようがないですね。
そろそろ増資の話が出てくると思いますが、JAL、カンタスはどうしますかね。

スポンサーサイト

航空各社の2014年度年末年始の予約状況が発表されました。

2014 2013 前年比
-- 座席数 予約数 予約率 座席数 予約数 予約率 予約数 予約率
ANA 3,270,285 1,883,218 57.6% 3,333,624 1,886,992 56.6% 99.8% 1.0%
JAL 2,278,682 1,344,662 59.0% 2,278,682 1,365,139 59.9% 98.5% -0.9%
SKY 502,024 279,147 55.6% 408,162 203,025 49.7% 137.5% 5.9%
SNA 123,235 82,857 67.2% 116,873 69,634 59.6% 119.0% 7.7%
SFJ 91,783 57,146 62.3% 129,820 76,706 59.1% 74.5% 3.2%
ADO 142,231 95,237 67.0% 132,314 84,013 63.5% 113.4% 3.5%
APJ 166,680 110,632 66.4% 135,000 91,971 68.1% 120.3% -1.8%
JJP 325,440 148,960 45.8% 214,246 150,010 70.0% 99.3% -24.2%
WAJ 39,600 30,889 78.0% 12,603 10,232 81.2% 301.9% -3.2%
-- -- -- -- -- -- -- --
合計 6,939,960 4,032,748 58.1% 6,761,325 3,937,722 58.2% 102.4% -0.1%

今年は曜日の並びがいいこともあり、全体としては増加しています。
全体的な傾向としては、昨年好調だったJALやLCCから、
ANAや新興各社に戻ってきた、といったところでしょうか。

スカイマークは昨年より6%程度の予約率上昇。
座席数を増やしているので、予約数は137.5%と大幅増となっています。
ここはA330を導入した効果が出ていますね。ただ単価が伴っているかどうかが心配。
新興各社も昨年より伸ばしています。

厳しいのはLCC。特にジェットスターは目を疑うような散々な数字です。
単価を上げたのか、単に飽きられただけなのか、
稼ぎ時でこれでは通年で黒字なんてありえない。また増資が必要でしょうね。
これからどうしていくのかは考えないといけないと思いますが。

2014年お盆期間の航空各社輸送実績をまとめました。

2014 2013 前年比
0 座席数 搭乗者数 搭乗率 座席数 搭乗者数 搭乗率 搭乗者数 搭乗率
ANA 1,970,253 1,459,018 74.1% 2,054,487 1,532,582 74.6% 95.2% -0.5%
JAL 1,368,635 1,047,766 76.6% 1,449,825 1,098,287 75.8% 95.4% 0.8%
SKY 316,117 267,197 84.5% 250,986 211,135 84.1% 126.6% 0.4%
SNA 66,436 51,281 77.2% 67,851 54,904 80.9% 93.4% -3.7%
SFJ 60,190 52,820 87.8% 64,100 53,843 84.0% 98.1% 3.8%
ADO 79,997 64,406 80.5% 78,782 65,158 82.7% 98.8% -2.2%
APJ 95,400 84,639 88.7% 82,080 76,821 93.6% 110.2% -4.9%
JJP 159,300 135,618 85.1% 126,028 108,668 86.2% 124.8% -1.1%
WAJ 34,040 31,631 92.9% - - - - -
- - - - - - - - -
合計 4,150,368 3,194,376 77.0% 4,174,140 3,201,398 76.7% 99.8% 0.3%


全体の搭乗者数は前年をわずかに下回りました。予約段階では前年比107%でしたが。
これは間違いなく8/9、10の台風の影響ですね。
いちばん混雑するはずの日にこの欠航は痛いですね。
その結果、搭乗率も前年を下回ってしまいました。

ただその中でもスカイマークは前年より搭乗者数は大幅増、
搭乗率も前年をクリアしており、まずまずの結果だったと思います。
1Qからの流れだと単価を下げていると思いますが・・・どの程度売上が伸びているかが気になります。

LCCについては、座席数を増やしたこともあり搭乗率は下がっていますね。
今後スカイマークが成田撤退を予定していますが、
そこでどの程度LCC、特にジェットスターとバニラの単価と搭乗率が上がってくるか。
過当競争がどの程度改善されるかは見ておく必要があります。


2014年ゴールデンウィーク期間の航空各社輸送実績をまとめました。

2014 2013 前年比
座席数 搭乗者数 搭乗率 座席数 搭乗者数 搭乗率 搭乗者数 搭乗率
ANA 2,277,007 1,442,011 63.3% 2,247,786 1,430,566 63.6% 100.8% -0.3%
JAL 1,619,232 1,099,695 67.9% 1,667,592 1,115,309 66.9% 98.6% 1.0%
SKY 352,584 264,484 75.0% 293,997 193,849 65.9% 136.4% 9.1%
SNA 84,825 56,055 66.1% 76,508 55,263 72.2% 101.4% -6.1%
SFJ 72,491 50,027 69.0% 87,868 69,579 79.2% 71.9% -10.2%
ADO 95,256 59,843 62.8% 92,652 69,070 74.5% 86.6% -11.7%
APJ 114,120 98,314 86.1% 75,600 69,037 91.3% 142.4% -5.2%
JJP 164,880 124,761 75.7% 95,040 74,916 78.8% 166.5% -3.2%
WAJ 17,280 13,970 80.8% - - - - -
- - - - - - - - -
合計 4,797,675 3,209,160 66.9% 4,637,043 3,077,589 66.4% 104.3% 0.5%


ANAは座席数を増やして搭乗者数も微増。
JALは座席数を絞って搭乗者数は減少するも、搭乗率は1%良化しています。

好調だったのはスカイマークで、
座席数を増やしたにもかかわらず昨年より10%搭乗率が良化しています。
反面不調なのは他の新興各社。
SNAは座席数を増やすも搭乗者数は微増にとどまっています。
SFJは福岡をANAとコードシェアにしたため、座席数が減少。
ただ搭乗率はそれ以上に悪化してしまいました。
ADOは座席数を増やしたにもかかわらず搭乗者数は減少という最悪のケース。
ADO、SFJあたりはスカイマークに顧客を取られたことが主な原因と思われます。

LCCは80%前後の高い搭乗率を示していますが、
LCCは薄利多売なので常時この程度は確保しないと成り立たないと思われます。
GW期間中には、最も高い搭乗率のピーチも不祥事が出てしまいました。
これは今回の搭乗率には影響は軽微だと思いますが、
今後の搭乗率に影響が出てしまいそうです。

ひとまずスカイマークが予約率同様高い数字となったことは一安心ですね。
次は4月の搭乗率ですが、この調子なら70%前後の数字も期待できそうです。
昨年4月が65.1%なので、5%良化ならかなり経営も良化してくれそうです。

航空各社の2013年年末年始輸送実績が発表されました。

2013 2012 前年比
座席数 搭乗者数 搭乗率 座席数 搭乗者数 搭乗率 搭乗者数 搭乗率
ANA 3,319,655 2,294,711 69.1% 3,198,126 2,103,310 65.8% 109.1% 3.4%
JAL 2,292,005 1,635,101 71.3% 2,212,360 1,473,064 66.6% 111.0% 4.8%
SKY 481,086 328,162 68.2% 402,181 294,875 73.3% 111.3% -5.1%
SNA 116,409 80,815 69.4% 96,757 68,535 70.8% 117.9% -1.4%
SFJ 123,177 99,861 81.1% 80,560 57,656 71.6% 173.2% 9.5%
ADO 130,059 99,681 76.6% 127,902 95,633 74.8% 104.2% 1.9%
APJ 134,280 117,925 87.8% 91,440 76,340 83.5% 154.5% 4.3%
JJP 214,200 187,457 87.5% 123,103 96,132 78.1% 195.0% 9.4%
WAJ 12,600 11,062 87.8% - - - - -
- - - - - - - - -
合計 6,823,471 4,854,775 71.1% 6,332,430 4,265,545 67.4% 113.8% 3.8%

今年は曜日並びもよかったため、全体的に好調でした。
予約の時点で5%程度予約率が前年より良化していましたが、
ほぼそのまま実績にも現れています。

大手、新興とも搭乗率は良化していますが、気になるのはスカイマークですね。
予約段階では52.0%の予約率と大手と比べてもかなり悪かったですが、
結局大手の搭乗率も超えられず。
16.2%が直前予約での搭乗、すなわち高単価であるとは考えられますが。
仮に単価が上がっているとしても、昨年より円安になっていますし、
搭乗率が下がっていることを考えても利益は下がっているでしょう。
通期で何とか黒字を確保してほしいですが、
3Q決算時に再度下方修正が発表されてしまうような気がします。

LCCは、90%近い搭乗率を確保しておりなかなか好調ですね。
ジェットスターも路線、提供座席数を増やしてこの数字はなかなか。
どの程度の単価で売っていたのか、利益が出ているのかが気になりますね。


>>次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。