上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年度第1四半期決算発表予定日一覧です。

<不動産>
1925 大和ハウス工業 8月10日 金
3231 野村不動産ホールディングス 7月26日 木
3254 プレサンスコーポレーション 8月3日 金
8801 三井不動産 8月1日 水
8802 三菱地所 7月31日 火
8803 平和不動産 7月31日 火
8818 京阪神ビルディング 7月27日 金
8830 住友不動産 8月7日 火
8840 大京 8月3日 金
8864 空港施設 7月26日 木
8869 明和地所 8月10日 金
8871 ゴールドクレスト 7月20日 金
8877 日本エスリード 7月27日 金
8881 日神不動産 8月3日 金
8889 (株)アパマンショップホールディングス 7月31日 火
8897 タカラレーベン 7月30日 月
8907 フージャースコーポレーション 7月31日 火
8909 (株)シノケングループ 8月8日 水
8935 エフ・ジェー・ネクスト 8月2日 木
8944 ランドビジネス 7月31日 火
8946 (株)陽光都市開発 8月10日 金
9706 日本空港ビルデング 8月8日 水

<航空>
9202 全日本空輸 8月3日 金
9204 スカイマーク 7月31日 火
9206 スターフライヤー

不動産については保有している株もあるので一応見ています。
ゴールドクレストはすでに発表済ですが、業績は収束してきてますね。

航空は、スカイマークは7/31、ANAは8/3。
スカイマークは今回は厳しい決算となりそうですが、株価はどこまで織り込んでいるのかどうか。
赤字決算もすでに織り込み済だと思うのですが。。。
1Qは元々儲からない時期ですので、ANAも赤字だと思いますが。
スタフラは予定日の発表はまだですね。
スポンサーサイト

2011年1Qの決算発表予定日一覧です。

<航空>
9202 全日本空輸 7月29日 金
9204 スカイマーク 7月28日 木

<不動産>
1925 大和ハウス工業 8月5日 金
3231 野村不動産ホールディングス 7月28日 木
3254 プレサンスコーポレーション 8月4日 木
3264 (株)アスコット 7月28日 木
8801 三井不動産 7月28日 木
8802 三菱地所 7月29日 金
8803 平和不動産 7月27日 水
8818 京阪神不動産 7月27日 水
8830 住友不動産 8月4日 木
8840 大京 8月2日 火
8864 空港施設 7月28日 木
8869 明和地所 8月9日 火
8871 ゴールドクレスト 7月28日 木
8877 日本エスリード 7月29日 金
8881 日神不動産 8月3日 水
8889 (株)アパマンショップホールディングス 7月29日 金
8897 タカラレーベン 7月25日 月
8907 フージャースコーポレーション 8月5日 金
8909 (株)シノケングループ 8月9日 火
8935 エフ・ジェー・ネクスト 8月4日 木
8944 ランドビジネス 7月29日 金
8946 (株)陽光都市開発 8月11日 木

<FX>
6784 プラネックスホールディング(株) 8月5日 金
7954 (株)EMCOMホールディングス 8月5日 金
8711 FXプライム(株) 7月27日 水
8728 (株)マネースクウェア・ジャパン 8月5日 金
8732 (株)マネーパートナーズグループ 8月10日 水
8704 トレイダーズホールディングス(株) 8月5日 金

スカイマークは7/28の木曜日。
利益については昨年を越えるかどうかの水準で、
大きく上回ってくることはないと予想しています。
それよりも私としては売上高の方に注目しています。
私の153億の予想を超えてくれるとうれしいです。
ANAは震災の影響が1Qは大きかったので結構な赤字でしょうね。

不動産は最近はあまり見ていないですね。
低PBRで安定して利益を出せる銘柄は買いたいと思っていますが。

FXの方もあまり見ていないですね。
最近は円高ですがじわじわ円高に進むだけで値動きはあまりないので、
FX業者としては厳しいのではないでしょうか。


大型倒産速報を見ていたところ、
アーサーヒューマネットという会社の倒産が載っていました。

どこかで聞いた会社だな・・と思い考えてみると、
穴吹興産がアーサーシリーズマンションの資産をこの会社から受け継いだ、
という関連で聞き覚えがありました。

穴吹によるとアーサーマンションは売れ行き好調とのことですが、
資金繰りに窮してかなり安値で穴吹に譲渡したのかも、と推測されます。
そのため穴吹は安く販売できて、売れ行きも好調、とか。
穴吹もそれなりに儲かっているのかもしれません。
もう少し資金が続けば、穴吹に譲渡する必要もなかったと思われ、
やはりキャッシュを多く持っておくのがは重要と改めて感じました。

穴吹もそれほどキャッシュが潤沢というわけではないですが。

三井不動産販売による首都圏住宅地価格調査の結果が発表されていました。

2008年の価格下落率のサマリーは、
住宅地-10.7%、既存マンション-5.0%という結果でした。
不況が顕著になった10-12月の下落が大きく、
住宅地-4.8%、既存マンション-2.5%。
2008年の値下がりの半分はこの3ヶ月のもののようです。

これを鵜呑みにしてよいのかは疑問ですが、
不動産各社が棚卸資産評価損を計上した際の妥当性を見る参考にはなりそう。
どこを主戦場としているかにも若干影響はあり、
東京23区や千葉が主戦場だと既存マンションで約7%の下落。
それ以外なら3-4%の下落でまだ済んでいるとのことです。
神奈川が主戦場の明和地所は、まだ助かっているということでしょうか。
23区、千葉が主戦場なのはプロパストとアスコット・・・納得です。

ついに原油は40ドル割れ。高値から4分の1まで下がりました。
ここで見てみると、40ドル割れの水準は4年半前ぐらいの水準のようです。

原油が上がっていたときは増産しまくってましたがそんなの関係なく上げ、
今度は大規模減産を行うようですが、おそらく影響なく下げ続けるでしょう。
バブルとその崩壊というものはこういうものか。怖いものです。

原油下落といえば、恩恵を受けるのは航空業界、
特に燃料費比率の高いスカイマークです。
この水準だと、普通に搭乗率が確保できれば上方修正でしょう。
しかしここまで下がると大手も下げてくるので、
スカイも下げざるを得ず客単価は下がってしまうかも。

ところで、関東から西日本に帰省するために、
新幹線が満席のため色んな手段を検討していた過程で、スカイマークの羽田-神戸も検討しました。
まあ幸か不幸か年末年始は満席だったんですけど、
そこで福岡-那覇を年末年始の期間限定で運行することを初めて知りました。
予約状況を見てみると・・・○(空席あり)ばっかりです。残念。。。
福岡-那覇は失敗に終わりそうです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。