FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アスコットが第2四半期決算を発表しておりました。


売上高(百万) 前年比(%) 営業利益 前年比(%) 経常利益(百万) 前年比(%) 純利益(百万) 前年比(%)
21年9月期第2四半期 9,367 △30.3 △3,009 △3,250 △3,339
20年9月期第2四半期 13,434 3,062 2,677 1,592

以前に下方修正を発表しているため、大赤字決算は織り込み済み。
問題は財務状況です。

自己資本比率は5.2%まで低下。純資産は7.4億しかありません。
業績予想によると、通期ではさらに3.4億ほど赤字が出る見込みのため、
通期決算時には4億まで純資産は減少することになります。
棚卸資産116億が4%毀損するだけで債務超過になってしまいます。

手元現金も、1Qの16億から5億まで減少。
負債も流動負債155億→120億、固定負債185億→136億と減少しているため、
資産を売り、手元現金も使って借金をどんどん返済している状況ですね。
ほとんどの新興不動産はこの状態です。
その果てに何が残るのか?と考えてしまいますね。
しかし銀行からは返済を迫られるからそうせざるを得ず・・・
まだまだ厳しい綱渡り状態が続きますね。
スポンサーサイト

明和地所が通期決算を発表しました。
発表の数値は以下の通りです。


売上高(百万) 前年比(%) 営業利益 前年比(%) 経常利益(百万) 前年比(%) 純利益(百万) 前年比(%)
21年3月期 33,458 △38.8 △17,410 △17,857 △16,135
20年3月期 54,634 △28.3 7,442 △9.0 6,157 △13.3 3,636 △11.0

評価損の計上のため、大赤字の決算となっています。
注目の来期業績は、9億のプラス予想。
今期で評価損を計上しきったので、売上原価がかなり下がっているはず。
配当も、15円復配の意欲を見せています。

財務について、
3Q時点から現金は60億ほど減少し、139億。
棚卸資産は390億ほどと、3Qの約687億から300億近く減りました。
評価損を計上しているので当然ではありますが。
流動負債は503億。手元現金もまずまずあるので行き詰まるレベルではなさそう。

契約残高については・・わずか37億しかありません。前期は437億あったのに。。。
仕入れ抑制、在庫処分の流れなので減少するのは当然と言えば当然ですが、
この数字は心細いです。

比較的財務は健全な明和地所ですが、
あれだけの評価損を計上しても利益はわずかであり、
まだまだ不動産業界は苦しい状況が続く、という印象です。

プレサンスコーポレーションが通期決算を発表しました。
ここはマンションデベロッパーですが財務状況もよく、
優良銘柄の一つとして注目しておりました。
発表の数字は以下の通りです。


売上高(百万) 前年比(%) 営業利益 前年比(%) 経常利益(百万) 前年比(%) 純利益(百万) 前年比(%)
21年3月期 31,884 31 5,405 10 5,468 13 2,814 4
20年3月期 24,352 20 4,923 12 4,836 11 2,706 12

決算数値は業績予想とほぼ同じ。特に下方修正等もありませんでした。
3Q時点で通期予想の利益を上回っていたのですが、
棚卸資産評価損を711(百万)計上したことにより、
最終的には従来の予想数値に収まりました。
この評価損計上の割合は、3Q時点での棚卸資産に対して4%ほどと、
他のマンデベに比べて小さいです。
しかし、
扱っている物件がワンルームが多かったりで比較的回転がよい物件、
また手元資金が豊富で売り急ぐ必要がない等の理由から、
この程度の計上で妥当なのかな、と思われます。

来期予想については、売上はトントンですが利益は減益予想。
成長株としては少々物足りない数字です。
この市況では仕方がない、とも言えますが。

財務については、
現金が3Qから比べて14億ほど減少して約49億。
仕掛不動産は11億ほど増加しているので、仕入れを行ったようです。
流動負債は約7億の増加ですが、
長期借入金の返済期限が近づいただけで、影響はないでしょう。

合計で約73億。現金が49億あるので資金繰りに行き詰る感じはありません。
固定負債についてもほとんど変わらず。

最後に契約残高について。
前期の契約残高が183億に対して、今期は118億。
前期に比べて65億少なく、ちょっと嫌な材料です。
市況の悪化に合わせて販売時期をずらしたり、
仕入れが少ないのでそもそもの物件数が少ない、
というのはあると思いますが。
投資する側としては契約残高は多い方が安心ではあります。

というわけで、プレサンスの通期決算はマンデベとしては上々ですが、
上方修正等の期待が大きかったので、いまいち物足りない決算かな、
という印象でした。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。