上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スカイマークが11月のダイヤを発表しておりました。
正確には10/31、羽田発着枠の拡張後のダイヤです。
新規に増えた枠の4枠がどのように使用されているかが注目です。

まず、羽田-熊本、羽田-鹿児島に3便ずつ新規就航します。
これですでに6枠増なので、増加した4枠をオーバーしています。
ですのでどこかを減らす必要があるのですが、
羽田-旭川を減らしてきましたね。
羽田-旭川は10月まで2便あったのですが、
これをすべて札幌経由とすることで2枠を確保しています。
また羽田-旭川の札幌経由便は3便に増加していますね。

上記も含め、今回の変更点をまとめると、
<新規>
・羽田-熊本 3便
・羽田-鹿児島 3便

<増便>
・羽田-北九州 1日1便へ(10月は週1日の運休あり)
・札幌-旭川 2便→3便

<減便>
・神戸-熊本、神戸-鹿児島 3便→2便

<運休>
・羽田-旭川 2便→0便 (札幌経由便は3便)
・神戸-旭川 1便(札幌経由便)→0便
・北九州-那覇 1便→0便
・鹿児島-奄美 1便→0便

今回のダイヤ変更を見ての感想としては、
やはり神戸から九州路線や奄美路線はあまり良くなかったのかな、と想像できます。
30%程度の低搭乗率が発表されることを覚悟しておかないといけません。

また、旭川は最近は60-70%程度の搭乗率を出せていたのですが、
羽田からの直行便を廃止してすべて経由便としてしまうのも驚き。
直行便2便を経由便3便とするため、札幌-旭川は3便体制となります。
この札幌-旭川便は搭乗率が非常に悪いですが、増便となりました。
神戸-札幌便からの乗り継ぎ客もダイヤ的には期待はできますが、
乗り継ぎ客は普通運賃の5,000円を払う必要があるとなれば、
神戸便からの乗り継ぎ客は期待できませんし。。。
運賃を3,000円ぐらいに下げて、この路線だけでもバスや電車に対抗して
勝負できるような価格にした方がよいように思いますが。

まずまず搭乗率も出せるようになった羽田旭川を蹴ってまで、
九州路線を充実させる、という意志を感じますね。
旭川よりは、熊本、鹿児島の方が他の地方都市路線への発展性もよい、
と考えたのでしょう。
特に鹿児島は過去の経緯もありますし、今回はうまくいってほしいものです。

スポンサーサイト

ANAの羽田-神戸便17日で、着陸時に使用する逆噴射装置が作動しない状態のまま
運航するトラブルがあった、とのことです。

本件、一歩間違えば大惨事の非常に危険なインシデントだと思うのですが、
私だけでしょうか。

まず、逆噴射装置が作動しなくても着陸に問題はない、
と言っていますが、パイロットは作動させようとして発覚したわけで、
パイロットは必要と考えたから作動させたのだと思います。
私が乗った便で、逆噴射が作動せずに着陸した例は記憶にないです。

「天候にもよるが、作動しなくても安全に問題はない」、
と言っていることから、逆に言うと天候次第では必要、と読み取れます。
また神戸空港は2500mとA320の着陸には十分な長さがありますが、
滑走路長が短い他の空港だった場合、本当に大丈夫だったのでしょうか。
この件が発生したのが、
雨が降っていてかつ滑走路の短い別の空港でだったとしたら、
と考えると、背筋が凍る思いです。

それくらい危ない事件にもかかわらず、
国交省の対応が実にあっさりしているのも気になります。
(スカイマークだったら絶対激怒のくせに・・・)
この問題、この程度で終わらせていいものですかね。

以前より計画のあったグアムへのチャーター便ですが、
正式に運航が決定したようです。
9月18から27日で計8便運航するとのこと。

久々の国際チャーター便の運航が決定したことは、
国際定期便就航への第一歩として歓迎すべきことです。
後はこの便が儲かるかどうかですね。
運航にかかる費用を、燃料費+着陸料+人件費とし、計算してみます。
(他に機材のレンタル費用や空港営業所費用などがありますが、
機材は夜間の従来動いていない時間の有効活用なので、今回は0とします。
営業所費用もグアムの窓口は旅行会社が行うとみて、0とします。 )

まず燃料費ですが、成田-グアムが1516マイル。
B737で1マイル当たりの燃料は約9リットルとして、
必要な燃料は13,644(L)。ケロシンが220(cent/gallon)として、1Lあたり58cent
為替レートを86円/ドルとすると、1Lあたり50円。
となると片道に必要な燃料は13,644(L)×50=681,840円
国際線なので燃料税はなしです。

着陸料は、羽田はチャーター便は半額なので、1200円/トン。
B737を約79トンとして、94,800円。
グアム側は国際チャーター便は無料のようです。
ですので往復で94,800円、1便当たりでは47,400円ですね。

人件費は、パイロット2名とCA+地上スタッフで5名程度でしょうか。
パイロットを5万/日、CAを2.5万/日として、往復で22.5万円。
片道だと11.25万円。

上記を足すと、681,840+47,400+112,500=841,740円。
上記以上の収入があるのであれば、運航する価値はあるということになります。

ツアーの募集金額は69,800円or79,800円
大体の内訳は、航空券28,000+ホテル30,000+HIS他8,310+税金3,490
ぐらいかな、と思っています。
となると8便運航の費用841,740円×8便=約674万円なので、
241人の参加(482座席)が埋まれば何とか黒字となります。
搭乗率で言うと、482÷(177×8)=34%。
意外と低い搭乗率でも黒字になる、という印象ですね。

ただ初日のグアムからの帰りの便とか、
最終日の羽田からグアムの便はほとんど埋まらなさそうで、
HIS等が別の航空会社を絡めてどう売るのか不明ですが、
意外とこれくらいの搭乗率になるのかもしれません。
もしくは、旅行会社が一括でさらに低い単価で買っているのかもしれません。
このあたりは何とも言えませんが、
大きく赤字になるということもなさそうに思いますので、
実績を積む意味でこの運航はよいと思います。

航空各社の6月実績をまとめました。
東京航空局の発表が依然として出ないため、IBEX、FDA、新中央の実績は不明です。

2010年6月 提供座席数 搭乗者数 搭乗率 シェア 前年比
ANA 4,948,149 3,053,008 61.7% 47.47% 105.8%
JAL 4,784,449 2,761,096 57.7% 42.93% 97.3%
SKY 365,859 299,582 81.9% 4.66% 121.4%
ADO 241,134 171,434 71.1% 2.67% 119.6%
SFJ 101,051 69,861 69.1% 1.09% 102.9%
SNA 127,055 63,634 50.1% 0.99% 99.0%
IBEX 0 0.0%
ORC 13,919 8,588 61.7% 0.13% 72.1%
FDA 0 -
AMX 10,110 4,125 40.8% 0.06% 88.2%
新中央 0 0.0%
合計 10,591,726 6,431,328 60.7% 100.00% 102.4%

JALのシェア下落が目立ちますね。ANAとの差は4.5%まで広がりました。
座席数を減らした影響もありますが、搭乗率も特に良化している様子はないです。
不採算路線を削減しているはずなのですが・・・
今月末に提出されるという再建計画はどうなるのでしょうかね。

スカイマークのシェアは5月の4.4%より上昇。
6月は閑散期なので他が下がっただけですが。
今後はスカイも路線が増加するため、シェアも徐々に上昇してくると思います。
機材数を考えると年度末には7%近くまでいくことになるはずです。

2010年夏季の航空各社の輸送実績をまとめました。

2010 2009 前年比
座席数 搭乗者数 搭乗率 座席数 搭乗者数 搭乗率 予約数 予約率
ANA 1,877,896 1,341,517 71.4% 1,921,952 1,296,555 67.5% 103.5% 4.0%
JAL 1,684,267 1,146,315 68.1% 1,862,471 1,312,717 70.5% 87.3% -2.4%
SKY 145,317 129,489 89.1% 110,774 96,929 87.5% 133.6% 1.6%
SNA 46,478 36,983 79.6% 42,577 35,761 84.0% 103.4% -4.4%
SFJ 38,542 33,308 86.4% 38,320 32,930 85.9% 101.1% 0.5%
ADO 62,781 54,661 87.1% 61,750 51,447 83.3% 106.2% 3.8%
合計 3,855,281 2,742,273 71.1% 4,037,844 2,826,339 70.0% 97.0% 1.1%

こうしてみるとJALは座席数を減らしたにもかかわらず搭乗率が下がっており、
当然搭乗者数も大幅減です。
この要因としては、株主優待を廃止したことにより
顧客の取り込みが出来なかったことが挙げらてていました。
たしかにこの期間は早割などの運賃設定がなく、
株主優待を使う絶好の機会ですので、その理由はよくわかります。
ですので客単価の方は向上していると思います。
搭乗者数の減少を客単価の向上で補えているかどうか・・・
13%も減っているのでさすがに難しいと思いますが。

全体としても搭乗者数は3%ほど減少していますね。
ひょっとしたら株主優待券が手に入らなかったため、
飛行機の使用をあきらめた人が多かった、という要因もあるのかも。
大手の株主優待券の高騰や廃止は、
元々株主優待券のないスカイや新興各社にとってはプラスなので、
そういった面でもスカイには追い風ですね。

国土交通省は、国内線の航空機の燃料にかかる「航空機燃料税」の現行税率を
2分の1に引き下げる方針を固めた、とのことです。
この方針が実現するとすると、
1キロリットル当たり現行の26,000円から13,000円の税率となります。
2011年度から実施されるようです。

航空各社全体の燃料税収入は716億を見込んでいるようで、
これが1/2になるので、350億程度の負担が軽減されることになります。
シェアから考えてANA、JALが150億強、その他で50億弱の負担減、
といったところでしょうか。

この目的はJALの救済であることは明らかですが、
スカイマークにも恩恵があります。
2010年3月期で、スカイマークは26.41億の燃料税を支払っています。
沖縄便はすでに半額なのでその分は恩恵はないですが、
それでも12億ぐらいは恩恵を受けられそうです。
利益に上乗せされることになるので、この額は結構大きいですね。

この減税分を運賃の値下げとして利用者に還元するかどうかは分かりませんが、
対新幹線などを考えると、航空業界全体としてはよいニュースなのではないでしょうか。

スカイマークの2010年夏季の利用実績が発表されました。詳細な数値は以下の通り。
前年比は、スカイのHP発表のものは前年同時のものであり、曜日配列無視のものなので、
昨年発表された実績で比較しています。
路線2010年度2009年度対前年比
提供
座席数
搭乗者数搭乗率提供
座席数
搭乗者数搭乗率提供
座席数
搭乗者数
羽田-福岡35,40034,30896.90%38,39035,31792.00%92.21%97.14%
羽田-札幌28,32026,92995.10%28,32024,66987.10%100.00%109.16%
羽田-旭川10,6209,21186.70%7,0805,04071.20%150.00%182.76%
羽田-神戸17,70016,92495.60%17,70017,02896.20%100.00%99.39%
羽田-那覇17,87716,86094.30%12,20410,40485.30%146.48%162.05%
福岡-那覇7,0805,85582.70%7,0804,47163.10%100.00%130.96%
神戸-那覇7,0806,39890.40%-----
札幌-旭川7,0801,22417.30%-----
神戸-札幌7,0806,31389.20%-----
茨城-神戸3,5403,43597.00%-----
羽田-北九州1,7701,40079.10%-----
北九州-那覇1,77063235.70%-----
全路線計145,317129,48989.10%110,77496,92987.50%131.18%133.59%

羽田以外の路線をかなり増やしていますが、それでも前年比で搭乗率は上回っています。
搭乗者数も133.6%と大幅増です。
羽田路線とそれ以外に分けて、昨年と比較してみると、
2010  座席数 搭乗者数 搭乗率  2009 座席数 搭乗者数 搭乗率
羽田路線 111,687  105,632  94.6%     103,694  92,458  89.2%
羽田以外 33,630   23,857  70.9%      7,080   4,471  63.1%

羽田路線は94.6%と、ほぼ満席状態ですね。羽田以外も70.9と健闘しています。
羽田路線の割合は昨年の93.6%から76.9%へと大幅に減っています。
今後も羽田はほとんど増えず神戸や茨城が増加するので、
来年は60%ぐらいまで減ってそうですね。
そのときに搭乗率がどうなっているかですが・・・
今期のこの様子を見てみると、若干の低下ぐらいですみそうに思います。
8月の単価の高い時期を無事乗り切ったことで、
いよいよ今期営業利益70億が見えてきたのではないでしょうか。

お盆期間にあった、私の気になったニュースを箇条書きでメモしておきます。

・天草エアライン 熊本-神戸便撤退
スカイマークが10月より熊本-神戸便を運航することに伴い、
10/11にて天草エアラインは同路線から撤退、とのことです。
スカイマークは運賃が最安5,800円、普通運賃で12,800円。
一方天草エアラインの方は最安9,500円、普通運賃で18,500円。
それでいて便数、所要時間でも敵わないのであれば撤退もやむを得ないかと。
一部の天草エアの株主ぐらいしか乗らなさそうですし。
ただ天草エアが撤退してもスカイへの乗り換え効果は、
元々の輸送人数が小さいため大してなさそうです。

・スカイマーク 今期営業利益70億も(社長インタビューにて)
スカイマークの西久保社長はBloombergのインタビューに答え、
搭乗率が75%程度で今期営業利益は60-70億が見込める、とのこと。
たしかに1Qは11億の利益、2Qの搭乗者数増も衰えなく前年比約130%、
となると売上は昨年比で20%程度は上がっていそう。
経費は円高のため意外と増加していない、となると売上増がそのまま利益となる、
と考えると今期予想の営業利益47億は2Qで達成できる可能性が高いと私は思っています。
そうなれば通期70億というのは十分実現可能と思いますね。
九州路線がどうなるかが不確定要素でありますが、
九州路線が利益が出なくても、トントン程度であれば70億ぐらいは行きそうに思います。
ただその利益は円高の恩恵をかなり受けていることは忘れてはいけないですね。


スカイマークの7月輸送実績が発表されておりました。
7月からは神戸-札幌と札幌-旭川が新しく運航を開始していますね。

        2010  2009
羽田-福岡 92.6%& 81.1%
羽田-神戸 90.2%  88.2%
羽田-札幌 88.9%  81.8%
羽田-旭川 70.2%  64.6%
羽田 -沖縄 77.3%  80.9%
福岡-沖縄 62.8%  33.9%
神戸-沖縄 69.9%  -
茨城-神戸 73.9%  -
神戸-札幌 74.3%  -
札幌-旭川 16.6%  -
--------------------
全路線   81.6%  78.7% (搭乗者数130.6%)

7月も前年を上回る搭乗率、搭乗者数も大幅増です。
幹線は相変わらず飽和状態ですね。

札幌-旭川は16.6%と不振、のように見えますが、
この路線単独で搭乗する人は料金的に見てもほぼ0と思われ、
ほぼすべての人が神戸-札幌-旭川の乗り継ぎ便を使用する人でしょう。
札幌-旭川の搭乗者数と提供座席数は神戸-札幌にもカウントされているため、
正確な売上増加分を見るにはこの分を除外する必要があります。
札幌-旭川の分を全体から差し引くと、以下のようになります。

旭川補正
提供座席数  406,923
搭乗者数   340,893
搭乗率   83.8%
搭乗者数前年比  129.7%

大きく数字は変わらないですが、実質の搭乗者数は129.7%増ですね。

もう一つの新規路線の神戸-札幌は、搭乗率74.3%となかなかの数字。
神戸-札幌はすべて旭川への経由便で、このうち16.6%は旭川まで行ったと思われますので、
神戸-札幌だけだと57.7%程度になっていたと思われます。
神戸-札幌を押し上げる上で札幌-旭川はよかったと思います。
今後もこの札幌-旭川にうまく連絡する便を作れば、
この便自体の活用もうまく行くと思いますので、長い目で見る必要がありますね。

8月以降は新路線が毎月あり、8月は北九州、9月は鹿児島、10月は熊本と茨城再開。
これらでどの程度搭乗率が稼げるかは今後を考える上で重要ですね。


2010年5月の各社実績をまとめました。
もう東京航空局は各社実績を発表する気はないんですかね。
そのためIBEXとFDA、新中央の実績は不明のままです。

2010年5月 提供座席数 搭乗者数 搭乗率 シェア 前年比
ANA 5,025,590 3,160,262 62.9% 46.0% 104.3%
JAL 5,167,090 3,066,223 59.3% 44.6% 100.9%
SKY 372,762 301,389 80.9% 4.4% 125.5%
ADO 250,072 171,758 68.7% 2.5% 108.1%
SFJ 107,706 77,852 72.3% 1.1% 100.1%
SNA 124,613 75,118 60.3% 1.1% 93.5%
IBEX 0.0%
ORC 17,750 12,407 69.9% 0.2% 85.0%
FDA -
AMX 11,937 6,040 50.6% 0.1% 100.2%
新中央 0.0%
合計 11,077,519 6,871,049 62.0% 100.0% 103.0%

昨年はインフルエンザの影響もあって5月は関西を中心に不調だったと思いますが、
今年はその影響がなくなって前年より全体で搭乗者数は増加しています。
スカイマークは普段から搭乗率が高いので、繁忙期の上昇予知が少なく、
5月は他社が伸びたためシェアが下がっています。6月はまた上がるでしょう。

スカイは5月は12機体制ですが、来年の今頃には18機体制になってるはず。
前年比でいえば単純計算で150%増となります。しばらく2桁増が続くでしょうね。
他の新興各社との差は大きくなりそうです。

EMCOMが2Qおよび通期の業績予想の修正を発表しておりました。
ここは12月決算なので、「みんなのFX」を売却した影響は3Q以降で出てきますので、
そちらの方をどのように見ているか注目です。

業績は以下のようになるそうです。
    売上 営業利益 経常利益 純利益
2Q   4,483  1,757  1,719  1,351 (百万)
通期 6,580  2,170  2,150  1,370

売上のほとんどが金融事業だと思いますが、
2Qまでで44.8億、通期では65.8億と下期は21億に減少しています。
ただ事業譲渡(みんなのFX)による売上減は16.8億とのこと。
意外と低く見積もっていたようです。
みんなのFXを外しても下期で21億の売上がある方が意外でした。
これまでみんなのFX向けの内部売上であったシステム利用料4.7億が売上に計上される、
ということですが、それ以外にも16.3億あるようです。
半期21億の売上なら通期なら42億、意外と売り上げはありますね。

それよりトレイダーズHDの方は、
売上16.3億(EMCOM見積もり)に対してシステム利用料4.7億支払うことになります。
通期なら32.6億に対して9.4億ですね。
システムがあれば他の費用は少なそうですが・・・
この辺は同じくEMCOMのシステムを利用しているプラネックスが参考になりそうですね。
というわけでプラネックスを見てみると、金融事業は2Qで売上30億、営業利益11.7億。
同じぐらいシステム利用料を払っていると思われますが、
売上があればそれなりに儲けは出るようですね。
トレイダーズHDの方の修正はまだですが、
プラネックスの半期売上程度は加算されるのではないかと思いますがね。


プレサンスの1Q決算が発表されておりました。


売上高(百万) 前年比(%) 営業利益 前年比(%) 経常利益(百万) 前年比(%) 純利益(百万) 前年比(%)
23年3月期第1四半期 15,397 53 3,108 41 3,089 42 1,733 41
22年3月期第1四半期 10,042 △39.5 2,198 △43.4 2,182 △44.2 1,230 △43.3

ここは相変わらず順調ですね。2Qの予定利益をすでに確保しております。
不動産銘柄にもかかわらず安定して高収益を稼げるのは不思議ですね。
契約高も昨年の66億から75億と増加していますし、順調そうです。
ただ契約残高は減っていますので、2Qでの引渡しは少なく、
売上もそれほど出ないものと思われます。

在庫は245億とだいぶ減ってきてますが、まだ仕入れは本格化していないようです。
今年で150億ほど販売する予定ですので、そろそろ仕入れは行ってくると思いますが。
いつ仕入れてきますかね。


スカイマークの夏季予約状況は好調のようですが、
他社がどのような状況なのか気になったのでまとめてみました。

ちなみに、各社昨年との比較は8/6-15で、
昨年の予約状況も同じ日付で比較しています。
しかしこれは曜日配列を無視しているため、
昨年の状況が悪く見えることになります。
混雑度の高い順にA、B、Cとして大まかに振り分けてみると、

  日付      5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16
2010曜日配列  木  金  土  日  月  火  水  木  金  土  日 
2010混雑度   C  B  A  A  B  B  B  B  B  A  A 
2009曜日配列  水  木  金  土  日  月  火  水  木  金  土  日 
2009混雑度   C  C  B  A  A  B  B  B  B  B  A  A 

上記のようになり、混雑度を8/6-15で比べると
2010 A4 B6 
2009 A3 B6 C1
となり、Aが1つ減りCが入るため、
8/6-15で比べれば2010年の方が搭乗者数、搭乗率がよいのは当たり前。
こうやって出されたデータを見て、今年は昨年より好調、
と言ってしまうのはおかしい、と考えています。
そこで、以下では昨年発表された
夏季の予約状況(8/7-16)との比較をしてみます。

2010 2009 前年比
座席数 予約数 予約率 座席数 予約数 予約率 予約数 予約率
ANA 1,890,613 1,072,103 56.7% 1,945,310 1,300,825 66.9% 82.4% -10.2%
JAL 1,687,965 931,710 55.2% 1,880,150 1,268,102 67.4% 73.5% -12.2%
SKY 145,317 111,992 77.1% 111,480 78,424 70.3% 142.8% 6.7%
SNA 46,791 30,525 65.2% 42,555 29,926 70.3% 102.0% -5.1%
SFJ 29,210 20,884 71.5% 29,066 19,980 68.7% 104.5% 2.8%
ADO 62,684 45,897 73.2% 60,797 47,112 77.5% 97.4% -4.3%


こうしてみるとANA、JALがかなりひどい状況に見えますが、
この2社は予約数のカウント方法がよくわからないです。
ANAは2009年の8/6-15の予約数が100万そこそこしかなかったことになり、
それを8/7-16にずらしただけで130万に増えるのは明らかにおかしいです。
どういう計算方法なのか教えてほしいです。

他の4社については、スカイ以外はまずまずかな、という程度で、
ADO、SNAはいまいちですね。
航空業界全体がよくなった、ということではないようです。
スカイの強さが際立つ結果となりました。
やはりスカイはしばらくは安泰に思えますね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。