上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スカイマークの2014年1月の輸送実績です。
各路線の搭乗率は以下の通りです。

2013年度 2012年度
羽田-福岡 79.0% 84.0%
羽田-神戸 71.3% 78.8%
羽田-札幌 79.2% 75.3%
羽田 -沖縄 59.9% 77.3%
羽田-熊本 59.2% 69.3%
羽田-鹿児島 57.6% 80.3%
羽田-旭川 51.0% 0.0%
福岡-沖縄 62.7% 59.9%
神戸-沖縄 55.3% 42.6%
神戸-茨城 51.4% 49.9%
神戸-札幌 55.0% 47.7%
神戸-長崎 59.7% 60.0%
神戸-鹿児島 55.8% 39.8%
神戸-石垣 21.2% 0.0%
成田-札幌 48.1% 36.6%
成田-旭川 34.2% 44.4%
成田-福岡 0.0% 53.1%
成田-沖縄 39.3% 51.9%
成田-石垣 27.8% 0.0%
名古屋-札幌 49.0% 56.5%
名古屋-沖縄 62.6% 63.1%
茨城-札幌 41.8% 45.6%
茨城-沖縄 0.0% 0.0%
沖縄-宮古 52.9% 33.0%
沖縄-石垣 31.9% 0.0%
福岡-札幌 43.6%
仙台-札幌 30.8%
仙台-福岡 39.6%
成田-米子 40.4%
神戸-米子 31.5%
--------------------
全路線 57.9% 62.0%


全路線の提供座席数は前年比108.1%、対して搭乗者数は101.1%でした。
成田路線の搭乗率は40.0%。

大体予想はしていましたが、全体の搭乗率はやはり60%を割ってしまいました。
2007年の1月に55.1%という搭乗率があり、それ以来の60%割れのようです。
大手と変わらないか、もしかしたら大手より低い搭乗率になってしまいました。

個別に見ると、羽田路線でも60%割れが目立ちます。
3Qは客単価を上げていたようなので、1月もその流れのままだとは思いますが、
乗客が離れてしまっては意味がないですね。
A330につなげる意味でも客単価は上げておきたいのだと思いますが。

神戸も50%台。ただ同じ50%台でも、地方路線かつ閑散期なので
神戸についてはこの程度でいいように思います。
当然石垣はダメですけど。石垣は安売りすれば乗る人はいそうですけどね。

成田は、撤退が決まっている旭川、石垣はやはりだめですね。
札幌はもう一息、沖縄はもう少し伸びてほしいところですが。
バニラはどういう状況なんですかね。ある程度流れているのかもしれません。

沖縄離島路線は、宮古は黒字化の目処が立ったという話がありましたが、
たしかに閑散期で50%以上出せていればまずまず。
石垣は4往復は過剰なのかもしれません。
でも利便性は落としたくないですし、難しいところですね。

米子路線については、成田-米子は私としては意外と健闘かなと。
神戸米子は、大方の予想通り苦戦ですね。
距離も短いですし経費もそれほどかからないならやってもいいですけど、
経由便を設定するなりしていかないと厳しいように思います。

撤退予定の路線は当然ですが低搭乗率なので、
これらがなくなって搭乗率がどう改善されるか、ですね。
でも新しく就航したところも伸びずに搭乗率の足を引っ張る、というのが最近の傾向です。
A330で座席数も増えますし、その分を集客できるか・・最近の感じだとできる気がしないですね。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。