上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピーチの決算が発表され、今期は初の黒字決算となったようです。

決算数字は、
売上 30,595
営業利益 2,007
経常利益 1,710
純利益 1,046 (百万)
となっています。
黒字化も難しいと思っていましたが、20億もの営業利益を稼いでいた、というのは意外。
ただ、これまでの国交省の発表とはかなりズレがあります。(旅客収入17,097百万)
この差分はおそらく国際線の売上だと思うのですが、こちらでかなり稼いでいたのですかね。

国内線の座席キロも8円で計算していましたが、
機材数が揃ってきたことや関空の着陸料が安いこと等から、もっと低い数字を達成しているのかもしれません。
ここを7円/席キロで計算しなおしてみると、

便数 14,268、座席数 2,568,237、平均距離 930、経費 16,715
乗客数 2,148,972、搭乗率 83.7%、旅客収入 17,097、客単価 7,956、営業利益 382

こんな感じで、国内線も3.82億の黒字となります。
それ以外の売上、利益、乗客数が国際線だとすると、
乗客数 300,0000 - 2,148,972 = 851,028
売上 30,595 - 17,097 = 13,498
客単価 15,861
営業利益 1,625

ちょっと国際線が儲かりすぎのような気もしますが、
さすがに国際線赤字ということはないと思われます。
ライバルは多いと思われますが、意外と上手くやっているのでしょうか。

ピーチについては経営は私が思った以上に上手くいっているようですね。
しかし今期は大量欠航や不祥事もあったので、黒字を確保できるかどうか。
ジェットスターの方はどうなのでしょうね。
スポンサーサイト

この数日の気になったニュースをまとめておきたいと思います。

スカイマーク A330運行開始
スカイマークが6/14、ようやくA330の運行を開始しました。
当初予定から3ヶ月程度遅れ、また延期かもと思われましたが、ひとまず運行開始できてよかったです。
メディアでもかなり取り上げられていて、今日のテレビニュースでも何回も見ました。
エアバスの日本でのシェア拡大が始まるかも、という点と、
ミニスカ制服を使っていて、当初よりスカートを長くした、という内容でした。
座席についても少し触れていましたが、視聴者の頭に残ったかは不明。
いずれにしてもまだまだ知名度の低い会社なので、アピールにはなったかと。
予約状況を見てみると、座席数が少ないためかA737の便の方が残席が少ないように見えますね。
これがそのうち逆転してくればいいのですが。

A380は最大半年就航延期
A330がこんな状況なので大体の人は予想はしていたでしょうが、
A380の就航はやはり延期になるようです。
7月上旬には計画が固まるとのことなので、株主総会ではまだ未定となりそうです。
機材の費用は当然かかってくるので、やるからには早く運行開始してもらいたいところ。
成功できるようなイメージもイマイチわきませんが。

スターフライヤー 福岡便を減便して山口宇部就航か
スターフライヤーが羽田福岡便を2-3便減便し、山口宇部に振り替える計画があるそうです。
羽田山口便はANAとコードシェア。
ANAの羽田山口宇部便はというと、4月は搭乗率50.3%。
5往復の運行で、機材はB767が4往復と、B787が1往復。意外と大型機材です。
搭乗率も低迷しているので、これを小型化したいANAの思惑があって、
スタフラに声がかかったということでしょうね。
スタフラもスカイマークが広い座席でかつ提供座席数を増やしており、
さらなる苦戦が予想されますし。
スカイマークとしてはライバルが減ってくれるので、いい材料ではあります。


スカイマークの2014年5月の輸送実績が発表されました。
各路線の搭乗率は以下の通りです。

2014年度 2013年度
羽田-福岡 81.4% 83.2%
羽田-神戸 70.4% 73.0%
羽田-札幌 79.8% 76.1%
羽田 -沖縄 57.8% 59.0%
羽田-米子 59.4% 0.0%
羽田-鹿児島 66.5% 68.1%
福岡-沖縄 65.0% 68.0%
神戸-沖縄 61.6% 58.5%
神戸-茨城 58.7% 52.9%
神戸-札幌 68.2% 67.6%
神戸-長崎 61.7% 60.7%
神戸-鹿児島 59.3% 48.2%
神戸-仙台 50.7% 0.0%
成田-札幌 53.0% 34.4%
成田-沖縄 47.4% 48.7%
名古屋-札幌 69.6% 61.7%
名古屋-沖縄 58.6% 56.8%
茨城-名古屋 31.3% 0.0%
茨城-札幌 51.6% 55.6%
茨城-福岡 45.9% 0.0%
米子-札幌 31.3% 0.0%
米子-沖縄 42.3% 0.0%
沖縄-宮古 50.8% 0.0%
沖縄-石垣 40.8% 0.0%
福岡-札幌 59.9% 63.2%
仙台-札幌 52.0% 41.0%
仙台-福岡 56.3% 47.7%
成田-米子 40.5% 0.0%
神戸-米子 38.8% 0.0%
--------------------
全路線 62.2% 62.9%


全体としての提供座席数は前年比109.3%、搭乗者数も109.3%でした。
また成田路線全体の搭乗率は47.0%、LCC競合路線では49.5%。
米子路線は44.2%の搭乗率でした。

昨年より若干悪いものの、前月よりはわずかに良化していますし、
搭乗者数も昨年より上回っているので、悪くはないといえばそうかもしれませんが、
好調だったゴールデンウィークを含めてもこの数字というのはやはりもの足りないです。

路線別に見ると、
羽田路線は大体前年通りですね。沖縄路線が悪いのは毎年のことですね。
特に今年は昨年より増便していますし。

神戸については、全体的に若干ですが良化していますね。
ゴールデンウィーク中に関空拠点のピーチに不祥事があり、
またパイロット不足による欠航も始まっており、その影響もあるのかもしれません。

成田については便数を減らした札幌路線が53.0%、沖縄と米子は40%台。
ゴールデンウィーク期間はおそらく高い搭乗率だったと思いますが、
それ以外は悪いのでしょうね。
A380就航まではこの程度の数字が続くものと思われます。

名古屋路線は閑散期としてはまあ順調、茨城についてもこの程度かな、
といったところ。
米子については、路線が定着していないこともあってかまだまだですね。
離島路線も、沖縄が低調だったこともあり余り奮わず。
仙台については昨年よりややよくなっていますね。
ここは路線の定着の効果なのかもしれません。

全体としては閑散期でもありあまりよくはないですが、
各路線大体昨年並み程度は確保できていたので、最低限といったところ。
6月はいよいよA330の運行が始まります。
まだ延期のアナウンスはないのでいよいよ開始と見ていいのでしょうか。
期待は当然ありますが搭乗率を見ていると座席数が増えることへの不安もあり、です。


国土交通省の航空輸送サービスの情報公開が発表されました。
LCCについてもデータが公表されていますので、LCCの経営状況について予測してみます。

便数 座席数 平均搭乗区間距離 経費(百万) 乗客数 搭乗率
ピーチ 3,920 705,667 896 5,058 593,772 84.1%
ジェットスター 5,856 1,054,120 1,027 8,661 845,428 80.2%
バニラ 898 161,610 1,452 1,877 113,618 70.3%


旅客収入(百万) 客単価(円) 旅客収入(円/人キロ) 収支(百万)
ピーチ 4,512 7,599 7.6 -546
ジェットスター 5,306 6,276 6.3 -3,355
バニラ 758 6,671 6.7 -1,119


便数は遅延便数/割合で計算、座席数は1便あたり180席で計算しています。
また経費については、座席キロを8円として計算しています。
ピーチやジェットスターはそれなりに便数が集まっていますので、
もう少し安くできているかもしれませんが、ただ円安、原油高という背景もあるので、
まだ8円で妥当かと思います。

4Qは2Qに次ぐ繁忙期なのである程度高搭乗率かとは思いましたが、
各社高い搭乗率になっていますね。
ただ単価が低いため各社やはり赤字。
ジェットスターはやはり30億円超の赤字となっているようです。
ピーチもこの収入ではまだ赤字、バニラは便数も少ないためスケールメリットが小さく、
経費(座席キロ)は8円以上かかっていると想定されるため、さらに赤字は大きいと思われます。

しかしジェットスターはひどいですね。年間100億の赤字と推測されます。
まさに毎年増資が必要な状態ですね。
この単価では黒字にしようという意図すらないのではないかと思ってしまいます。
もう少し適正な競争にしてもらいたいところですが。。。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。