上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スカイマークの2014年8月の輸送実績が発表されました。

2014年度 2013年度
羽田-福岡 83.5% 81.3%
羽田-神戸 86.1% 82.6%
羽田-札幌 91.5% 86.7%
羽田 -沖縄 86.3% 80.6%
羽田-米子 78.5% 0.0%
羽田-鹿児島 88.7% 76.8%
福岡-沖縄 86.9% 79.9%
神戸-沖縄 86.2% 68.4%
神戸-茨城 79.7% 75.3%
神戸-札幌 92.7% 93.8%
神戸-長崎 80.6% 79.2%
神戸-鹿児島 84.7% 65.6%
神戸-仙台 72.6% 0.0%
成田-札幌 81.5% 84.4%
成田-沖縄 81.6% 81.1%
名古屋-札幌 96.4% 87.7%
名古屋-沖縄 74.0% 85.1%
茨城-名古屋 40.6% 0.0%
茨城-札幌 82.2% 85.2%
茨城-福岡 56.0% 0.0%
米子-札幌 50.7% 0.0%
米子-沖縄 44.2% 0.0%
沖縄-宮古 66.9% 86.0%
沖縄-石垣 69.3% 65.6%
福岡-札幌 91.9% 89.7%
仙台-札幌 76.0% 73.1%
仙台-福岡 59.2% 81.3%
成田-米子 48.3% 0.0%
神戸-米子 41.9% 0.0%
--------------------
全路線 80.6% 80.2%

全路線の提供座席数は前年比112.0%、対して搭乗者数は111.4%。
成田路線の搭乗率は70.4%、米子路線は53.7%、という結果でした。

提供座席数は増加していますが、搭乗者数もそれに伴って増加しています。
増やした座席数が最も意味を持つのはこの繁忙期なので、ひとまずよかったといったところです。

各路線毎に見てみると、
羽田路線は前年比で軒並み伸びていますね。
A330で座席数を増やした福岡路線も前年比クリア。
ただ福岡路線は経費も上がっているため、単価も上がっていてほしいところ。

神戸路線も全体的に好調。昨年は8月でも70%前後の路線が多いですが、
今年は80%前後と10%程度上がっていますね。
成田路線は、このところ札幌、沖縄は調子がいいですね。
10/25で撤退することが決まっており、もったいない気もしますが・・・
ただ拠点費用や客単価を考えればこの判断は間違っていないと思います。

名古屋路線は相変わらず好調、
茨城路線は、札幌以外は8月でこの数字はちょっとイマイチですね。
茨城-名古屋はともかく、福岡はもう少し上がってほしいですが。

米子路線は、8月でも50%前後程度ではちょっと厳しい。
就航間もないというハンデはありますが、のんびりできる時間があるわけでもない。
もう少し上がってこないと撤退候補になってしまいますね。

離島路線は、8月なのでもう少し上がってほしいですが、
まあこんなものですかね。
撤退してしまうと各地から沖縄路線に影響が出そうですので、
この路線は撤退はしてほしくないですね。

8月はとりあえず提供座席数の増加とともに乗客藻増えたので、
まずはいい内容だったと思います。
ただA330で運行しているため経費もかかっていると想定されますが、
1Qの感じだと単価は下がっていそうで、
昨年以上の利益を上げられるかどうかは怪しいところですね。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。