上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スカイマークの2014年度2Q決算が発表されました。


売上高(百万) 前年比(%) 営業利益 前年比(%) 経常利益(百万) 前年比(%) 純利益(百万) 前年比(%)
27年3月期第2四半期 45,172 △0.7 △4,387 △3,983 △5,744
26年3月期第2四半期 45,505 △1.7 2,033 △69.5 3,361 △38.6 1,702 △42.5


1Qの赤字が55億だったので、2Q単体では11.4億の黒字ですが、
航空業界は利益の大半を2Qで稼ぐ構図なのでこの利益では厳しい。
昨年は2Q単体で45億の黒字がありましたが、昨年と今年を比べてみると、

        2013  2014
提供座席数 2,570,394 2,853,759
搭乗者数 1,935,379  2,122,749
搭乗率(%) 75.3%  74.4%
客単価(円) 13.965  12,709 (前年比91.0%)

搭乗者数が増えていますが、客単価が下がっているため売上は伸びず。
経営環境としては、円安が10%程度進んでいて経費が増加しており、
さらにA330導入で燃料消費量、機材レンタル費用や着陸料等も増加しています。
A330導入で客単価は上げていかないといけないのに、
これでは儲けが出るはずはないですね。

このような状況ですので、通期の業績は以下のように下方修正されました。

売上 88,295
営業利益 △12,428
経常利益 △11,582
純利益 △13,676

このままでは3Qも1Q程度かそれ以上の赤字が出るでしょうから、
この下方修正の値も大体妥当かなと思います。
来期黒字化に向けては、客単価の向上が最大の課題ですね。

しかも、A380の違約金が決まれば、これに対してさらに特別損失が上積みされることになります。
これが200億だと仮定したら、今期順損失は336億まで膨らみます。
そうなると純資産は110億しかなくなり、一株資産は120円程度。
この状況だと来期黒字のメドも立たず、この110億もいつまで持つことやら。。。

本当にどこかに買収されないと厳しいような気がしてきました。
幹線に絞って運行していけば堅実に稼げると思うのですが、
なぜこうなってしまったのか、という感じですね。
スポンサーサイト

2014年2Qの決算発表予定日一覧です。

<航空>
9202 ANA 10月30日
9204 スカイマーク 10月30日
9206 SFJ 10月31日
9201 JAL 10月31日

<不動産>
1925 大和ハウス 11月7日
3231 野村不HD 10月30日
3254 プレサンス 11月5日
3264 アスコット 10月30日
8801 三井不 11月6日
8802 菱地所 10月31日
8803 平和不 10月30日
8818 京阪神ビ 10月28日
8830 住友不 11月11日
8840 大 京 10月31日
8864 空港施設 10月30日
8869 明和地所 11月7日
8871 ゴールドクレ 10月30日
8877 エスリード 10月31日
8881 日神不動 11月4日
8889 アパマンショ 10月30日
8897 タカラレーベン 10月27日
8909 シノケンG 11月6日
8928 穴吹興産 11月11日
8935 FJ ネクスト 11月4日
8944 ランビジネス 11月10日
8946 陽光都市 11月10日
9706 空港ビル 11月5日

航空は10/30と31で2社ずつ。
スカイマークはエアバスとの交渉結果がどうなったかも発表されると思います。
今期は本業もかなり厳しく、2Qで黒字に浮上できているか微妙で、通期は赤字と思われます。
しかしそんな赤字が誤差に見えるほどの特別損失が計上されるでしょうが。
今期は大赤字になるのは目に見えているので、
他の特別損失も出し切って、来期はクリーンな形でいければ黒字にはなるのではないでしょうか。

あまり見ていませんが不動産も一応。
そろそろ前にやっていた、
低PBRで自己資本比率の高い安定した会社を探して投資しようかな。


スカイマークの2014年9月の輸送実績です。各路線の搭乗率は以下の通り。

2014年度 2013年度
羽田-福岡 74.2% 87.9%
羽田-神戸 78.3% 76.2%
羽田-札幌 88.4% 92.1%
羽田 -沖縄 84.2% 92.8%
羽田-米子 65.2% 0.0%
羽田-鹿児島 76.8% 75.5%
福岡-沖縄 79.8% 81.6%
神戸-沖縄 79.7% 66.5%
神戸-茨城 57.4% 55.6%
神戸-札幌 87.4% 96.1%
神戸-長崎 68.6% 66.5%
神戸-鹿児島 59.7% 46.3%
神戸-仙台 66.6% 0.0%
成田-札幌 71.7% 69.2%
成田-沖縄 75.2% 76.3%
名古屋-札幌 92.4% 89.1%
名古屋-沖縄 70.1% 77.9%
茨城-名古屋 18.9% 0.0%
茨城-札幌 68.9% 70.8%
茨城-福岡 45.9% 0.0%
米子-札幌 55.3% 0.0%
米子-沖縄 43.6% 0.0%
沖縄-宮古 57.8% 72.9%
沖縄-石垣 62.3% 49.4%
福岡-札幌 84.4% 88.3%
仙台-札幌 56.3% 63.7%
仙台-福岡 68.0% 71.5%
成田-米子 34.0% 0.0%
神戸-米子 44.9% 0.0%
--------------------
全路線 73.1% 77.0%

全体の提供座席数は114.5%、対して搭乗者数は107.8%。
成田路線の搭乗率は60.4%、米子路線は47.9%という結果でした。

搭乗率は5月以降前年より上がっていたのですが、今回は大幅にマイナス。
この要因としては、やはりA330導入による座席数増の影響が大きいですね。
羽田-福岡は座席数が34,000席増えていますが、搭乗者数の増加は約10,000人と、
思うように集客ができなかったようです。
まだA330のグリーンシートが十分周知されていない状態なので、やむを得ないとは思いますが。

路線別に見てみると、
羽田路線は、やはり大きく下げているのは福岡路線。
ここが前年並みになってくれば利益面でも大きいですが、もう少し様子見が必要そうです。

神戸路線は、概ね前年並みで順調といったところ。
札幌は1往復増便していますが搭乗率は高い値をキープしています。
成田は、沖縄、札幌はなかなかよい数字。
でも単価が低いので利益にはつながらないんでしょうね。
10/25で撤退ですが、やむを得ないでしょうね。

名古屋路線は、沖縄が昨年よりやや下げていますが、順調ですね。
茨城-名古屋はどうしょうもない数字ですが。。。
米子については、今後札幌が神戸経由になりますが、搭乗率55.3%。
運航開始して間がない9月でこの数字は微妙なところ。
粘れば採算に乗ってきそうですが、そんな余裕もないでしょうし。

他、離島は9月はまだ繁忙期だと思いますので、60%前後を確保。
これが10月以降も続けばいいですが。
福岡札幌はだいぶ定着してきましたね。増便も視野に入れてもいいくらいです。

エアバスの違約金問題は何とか解決しそうなので、
9月の実績がよければ再投資と思っていましたが、本業の回復はまだ途上ですね。
もう少しはっきり回復が感じられれば投資したいと思います。
10月は週末ごとに台風が襲うという、航空会社にとっては痛い展開ですね。

A380のキャンセルによる違約金の交渉をエアバスと行っているスカイマークですが、
違約金が前払い金で相殺できる規模になる見通しとの報道がありました。

現在前払い金は265億で、最悪でもこれが返ってこないだけで済む、ということになりそうです。
済む、といっても会社の損害が265億ですので大変な金額ですが、
当初報道されていた700億請求されるという危機は回避されたようです。

前払い金が無くなるだけなら、
運転資金は手元にありますし新たな借り入れは不要ですので、
今期以降黒字経営ができれば無借金経営は維持できます。
その黒字経営については、成田等不採算路線の撤退等で
なんとか達成はできるのではないかと思います。
今期から就航しているA330が成功すれば、という条件はありますが。
A330の成功=搭乗率を維持しつつ客単価を上げることですが、
これができているかどうかは2Q以降の決算で確認ですね。

スカイマーク株への投資についてですが、
仮に前払い金が全額違約金になった場合、一株資産は198円。
大体現在の株価と同じで、これから利益を上げていけると思えば買いなのですが、
利益が出せるかどうかは、A330次第といったところ。
円安もスカイマークにとっては悪材料です。
成田撤退して来期以降黒字化できるかどうかは微妙ですね。
ただ今回の騒動でもあったように、羽田発着枠を持っていることで、
買収したいと思う企業はあると思うので、その点の安心感はあります。

2Q決算でA330についてある程度黒字化の見通しが出れば、
200円近辺なら買ってもよさそうですね。その頃には違約金騒動も解決しているでしょうし。


A380のキャンセル問題で、エアバスから多額の違約金を請求される見込みのスカイマークですが、
エアバスとの違約金減額交渉を開始し、10月中に決着させることで合意したとのことです。

まず、エアバス側は当初交渉には応じないと話していましたが、
交渉に応じることになった点は好材料。
また、スカイマークの経営に影響がないようにする点も合意しているとのことで、
どうやら即座に倒産という事態は避けられそうです。

経営に影響がない額とはどの程度なのか。
これまでに265億を前払いしており、これは返ってこない可能性が大。
さらに700億を要求していると報道されていましたが、これがおそらく満額の場合の金額。
スカイマークがどの程度なら払えるのか、と考えると、
現状赤字ですし、円安で今期の黒字も正直厳しいです。
来期以降、成田等不採算路線の撤退で経費を削減しても、
黒字はせいぜい30億円程度かと思われます。
となると30億円×10年払い、ぐらいが限界ですかね。
これ以上になると払えないように思います。
そうなると期間を伸ばしてもらったり、銀行に借りたりするんですかね。

すぐに倒産という事態は避けられそうですが、厳しい経営には変わりないです。
まずは今月中に決定するという違約金の額に注目したいと思います。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。