上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年ゴールデンウィーク期間の各社予約状況が発表されました。
各社から発表された数字は以下の通りです。

2012 2011 前年比
座席数 予約数 予約率 座席数 予約数 予約率 予約数 予約率
ANA 1,862,090 1,003,737 53.9% 1,813,135 819,377 45.2% 122.5% 8.7%
JAL 1,340,992 815,528 60.8% 1,250,925 695,843 55.6% 117.2% 5.2%
SKY 282,138 151,966 53.9% 186,558 123,002 65.9% 123.5% -12.1%
SNA 57,522 37,304 64.9% 51,056 26,053 51.0% 143.2% 13.8%
SFJ 46,430 29,565 63.7% 26,994 16,343 60.5% 180.9% 3.1%
ADO 75,735 55,174 72.9% 67,895 43,285 63.8% 127.5% 9.1%
APJ 39,600 27,789 70.2%
合計 3,704,507 2,121,063 57.3% 3,396,564 1,723,903 50.8% 123.0% 6.5%

ピーチ(APJ)も発表されていましたので、今回は追加しています。
70%超えとなかなか好調なようですね。
他社も、昨年は震災直後ということもあり低調でしたが、
その反動もあり予約数、予約率とも大幅に改善しています。

しかし、肝心のスカイマークは予約率53.9%とイマイチ。
座席数が前年比151%と大幅に増やしているとはいえ、
ANAと同程度というのはちょっと残念ですね。
この予約状況では、実績でも70%程度までしか伸びないかもしれません。
この低迷の理由として考えられるのは、
まず地方路線の増加かと思いますが、那覇-宮古が20%程度の予約率と仮定して、
その他の路線で予約率を計算してみても、56.1%までしか上がりません。
成田が増えたことで首都圏の供給が増えていますが、
スカイマークに対する需要はそれほど伸びなかった、ということでしょうか。
この状況が続くとちょっと心配ですね。
LCCの就航はこれからですし、そうなると首都圏の座席供給はさらに増えます。

最近株価も下がっていますが、この予約状況もちょっと気になる内容ですね。
直前で伸びてくれればいいのですが。。。

コメント

今回の結果はよくわからないですね。というのは、スカイが予約率の段階でANA・JALを下回るというのはあり得ない。

スカイの価格決定方針を根本的に変えたのか、それとも相対的にスカイの需要が落ち込む要因が他にあったのか(例えば、LCCについて宣伝されることにより、相対的にLCCと考えられていたスカイのイメージが希薄化してしまったのか。

ピーチの就航により神戸線が影響を受けはじめたのか、よくわからないですね。
ああさん>
スカイの予約率、ちょっと低いですよね。
まだLCC就航前だというのにこの数字は不安です。

割引運賃を少なくしたか、値上げのため大手との価格差が少なくなったか、
運賃面の要因はおそらくあると思いますね。
皆さん比べて選んでいると思いますので。

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sky1192.blog8.fc2.com/tb.php/1006-925380a9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。