上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スカイマークが、10月28日以降の運賃体系として、
「フリー1,3,7」を発表しました。

従来のWeb割も搭乗日が遠い場合の割引運賃として残っており、
搭乗日が近い(7日以内)の場合が今回のフリー1,3,7に置き換わるようです。

従来のWeb割とどう変わるか、Wwb割7とフリー7で比較してみたいと思います。

・予約変更
 Web割7 7日前までであれば別日程同一区間のWeb割7(以下)に差額で変更可能。
 フリー7 前後10日の同一区間のフリー7(以下)に差額で変更可能。
・払戻手数料
 Web割7、フリー7とも 500円
・取消手数料
 Web割7 購入後出発予定時刻まで 3000円。出発後6000円 
 フリー7 7日前まで無料。6日前から搭乗予定時刻まで1000円。出発後3000円

Web割の方は、一度購入してしまうと取り消す場合は3000円+500円必要。
ただし日程変更は(購入後90日の範囲で)自由に可能。
フリーの方は、取り消す場合は7日前まで500円のみ。搭乗予定時刻直前でも1500円。
便変更は予約便の前後10日に限られる。遠い日の便に変更するにはキャンセルする必要あり。

もしキャンセルする可能性があるのならば、フリーの方がかなり有利ですね。
Web割よりフリーの方が当然単価は高いので、
Web割の購入層をフリーの方に誘導できれば、単価アップが可能です。
そのように上手く誘導できればよいですが。

また同時に10月28日以降の運賃も発表されていますが、
昨年より安く設定されているように見えます。
羽田路線で見てみると、
        2012       2011
羽田-福岡 16,800(18,800) 17,800(19,800)
羽田-札幌 15,800(17,800) 16,800(18,800)
羽田-神戸 11,800(12,800) 11,800(12,800)
羽田-長崎 14,800(16,800) 15,800(17,800)
羽田-熊本 15,800(17,800) 16,800(18,800)
羽田-鹿児島 15,800(17,800) 16,800(18,800)
羽田-那覇 17,800(19,800) 19,800(21,800)
※カッコ内は週末運賃

すべての路線で値下げしています。割引運賃も安くなっているようです。
燃料費増等のコストは運賃に反映させる、と言うのが社長の方針ですが、
昨年と比べて原油価格は下がっているとはいえず、ほぼ同じ価格ですね。
それでも下げてきたと言うことは・・・
やはり現在の羽田路線の搭乗率低下を意識して、ということでしょうね。
成田は普通運賃10,000円で定着してきたので、
今度は羽田の搭乗者を取り戻しにいこう、という作戦ですかね。

この運賃にしたのであれば、搭乗率は昨年並み程度には回復してほしいですね。
11月以降の実績はこの点も考慮する必要がありますね。




コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sky1192.blog8.fc2.com/tb.php/1039-c07c730b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。