上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

航空各社の2012年7月の輸送実績がまとまりました。

2012年7月 提供座席数 搭乗者数 搭乗率 シェア 前年比
ANA 5,263,193 3,266,711 62.1% 47.91% 105.0%
JAL 4,226,355 2,547,271 60.3% 37.36% 104.8%
SKY 898,098 593,891 66.1% 8.71% 113.4%
ADO 232,545 181,169 77.9% 2.66% 103.3%
SFJ 141,904 87,920 62.0% 1.29% 107.4%
SNA 0 0 0.00% 0.0%
IBEX 89,101 55,599 62.4% 0.82% 175.6%
ORC 22,142 13,396 60.5% 0.20% 99.0%
FDA 97,431 61,869 63.5% 0.91% 134.5%
AMX 11,497 5,461 47.5% 0.08% 133.9%
新中央 10,923 5,516 50.5% 0.08% 103.4%
合計 10,993,189 6,818,803 62.0% 100.00% 104.7%

SNAは四半期毎の発表なので未発表、また他にLCC3社もありますが、
月次実績は発表されていないため、表には記載していません。

全体としては、各社とも昨年の震災で搭乗者数が減少したため、
その減少の回復により前年比ではプラスとなっています。
ただ2010年7月は搭乗者数7,145,018人(SNA分含む)でしたので、
SNA分を考慮しても2%程度は減少していますかね。

スカイマークはシェアは伸びてきましたが搭乗率は大手にかなり近くなってきました。
成田路線や宮古路線の不振が大きく影響してこの数字ですが、
これに対しては対策が打たれたので大手との搭乗率差は8月以降は大きくなるはず。

さて、7月の那覇-宮古路線ですが、JAL(JTA)、ANA、SKYはそれぞれ以下の通りです。

JAL  75,434   57,082  75.7%
ANA  44,150   28,915  65.5%
SKY  53,808   15,279  28.4%
------------
合計  173,392  101,276  58.4%

JAL、ANAともに搭乗率を伸ばしましたが、スカイマークは6月(39.3%)以下の搭乗率。
7月でこの数字では通期で完全に赤字でしょうし、さすがにちょっとまずいですね。
運賃は7/12までは最安2,800円、13日以降は最安5,800円となっていました。
この値上げがまずかった、ということでしょうか。
しかし5,800円でも集客できないならば、減便もやむを得ないですね。
他社はツアーなどで集客していて、この区間はタダ同然なのかもしれません。
3便に減便して、搭乗率がどのようになるか注目ですね。

また2013年には石垣に就航予定であり、
今回と同じような争いが考えられます。
このままでは石垣も利益を出すのは難しそうです。
何か施策を考えないといけませんね。沖縄向けはツアーを充実させるとか。。。

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sky1192.blog8.fc2.com/tb.php/1043-7837772d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。