上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年3月の新石垣空港完成当初からの就航を表明していたスカイマークですが、
就航の延期を石垣空港ターミナル(株)に申し入れを行った、とのことです。
また、現時点で延期の期間は未定、とのこと。

理由としては、那覇空港のカウンタースペースの増築が遅れており、
これ以上の路線増加に対応できたいため、だそうです。

これまでの経緯は、
6月11日 スカイの新たなカウンタースペースを確保することで那覇空港と合意
7月 工事請負会社決定、完成は来年10月となる。
8月 石垣空港ターミナル(株)へ、就航延期を申し入れ
時系列としては上記のようになります。
これを見ると、石垣就航は来年10月とも推測されます。

ただ、那覇空港ビルとは、宮古島就航の際ももめた経緯があります。
この際もカウンターの増設が出来ないことを理由としており、
結局1階にカウンターを設置することで解決しています。
今回は2012年度末に完成予定だった国内線新ビルの建設が遅れ、
カウンター増設が出来ないことを要因としております。

ただ本件については、今のところ1階にカウンタースペースがあり、
実際成田便などで新規に就航もしているため、
石垣が増えても対応は可能なのでは、と思われます。
もし宮古便が好調であれば、多少無理をしてでも石垣に就航すると思いますが、
宮古便が不調であり、このままいくと石垣も苦戦が想定されるので、
あえて急いで就航しないこととしたのではないでしょうか。
機材繰りとしてもあまり余裕はなく、
他にも羽田の増枠分とか仙台とかで使用すると思われるため、
石垣に回す機材は無いように思いますし。

那覇空港ともめているのは今に始まった話ではないですが、
今回の場合新石垣空港側にも迷惑がかかるので、
就航する気があるのであればあまり遅らせない方がよいのではないですかね。

この就航延期によって、那覇-宮古便と那覇-石垣便の価格差の是正も延期となります。
石垣側は早期就航を要望しておりましたし、
石垣側から何らかのアクションがあるかもしれません。
那覇空港のカウンター問題が解決しても、
スカイマークの戦略的に早期の就航は難しいように見えますが・・・


コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sky1192.blog8.fc2.com/tb.php/1053-f624f667
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。