上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羽田空港の施設利用料が昨年4月より100円/人から170円/人に値上げされたことに対し、
スカイマークはこれに反対し乗客からの代理徴収を拒否していました。
施設利用料が納入されなくなった日本空港ビルデングは訴訟を起こしており、
その判決が出て、スカイマークは敗訴となり未納入分の約7億を支払うよう命じられました。

この訴訟については、負ける可能性が高かったと思います。
仮に勝ったとした場合、スカイマークの乗客は別途空港に利用料を払う、
となってもそれはそれで面倒で乗客にはうれしくないですし。
今回の訴訟は、スカイマークの駐機スポットが端っこばっかりだったりといった
不利益を大手に比べて受けているのに、
値上げは平等である事などに対して一石を投じることが目的だったと思います。
ただその目的は達成できたのかどうか・・・
面倒な会社という印象だけが残っただけかもしれません。
一般の顧客に対しても、わがまま言って支払わずに裁判している、
といった印象を与えているような気がします。
拒否権が無いに等しい状況での横暴な値上げに対する訴訟だ、
ということがわかってもらえてばいいのですが。

本件については、スカイマークは提訴はせず支払に応じたとのこと。
これにより純利益が4.23億減少するそうです。
通期予想は修正しないそうですが、この4.23億は盛り込まれていたんですかね。


コメント

今回の訴訟は、勝てないことが明らかで
、支払い金額の計算も単純。ここまで
結果が簡単に予想できる場合は理論的
には引当金を設定すべきというのが今
の会計基準。最低でもその金額的
重要性から有価証券報告書には、その
事実を注記事項として記載すべきという
ことになる。
それをしなかった=投資家に開示しなか
ったことが今回の一番の問題でしょう。
西久保氏は経営者として、独自路線を
進むのは自由、投資家も西久保氏の個性
を認識して投資判断をするべきもの。
しかし、開示すべき事項を隠蔽した今回
のことは、ぼぼ法律違反。
前々から噂になってましたが、春秋航空ジャパンが始動して、スタッフの募集が開始になっています。
http://www.china-sss.com/jp/jp_index
拠点は成田、来年秋までに国内線、14年に国際線を運航予定。
スカイマークは今の運賃体系(前日までの予約なら1万円)をキープすれば、全然問題ないでしょうね。
今後の情報に注目したいところです。
realrelianceさん>
たしかに、株主へはリスクとして通知しておくべき事項でしょうね。
普段からニュースを見ている我々としては、
やっぱりなという印象ですが、よく見ていない人にとっては寝耳に水でしょうし。

なんとかさん>
春秋の話は、初めて聞きました。
日本の資本と組む必要がありますが、どこと組むんですかね。
しかし成田は春秋であっても利益を出せるとは思えないですがね。
特に今のLCCと競合している状態では。



7月分までの支払い命令には応じた
が、8月以降はどうなるのでしょうか?
これからも顧客に請求しないとしたら、
今期に概算で4億円程度の更なる追加
支出が発生するものと思われます。
realrelianceさん>
まだ予約画面にある、
※羽田空港発着便につきましては、旅客施設使用料は含まれておりません。
この一文は消えていませんね。
裁判も終わっていることですし、実質代行徴収しているようなものだと思いますが。

下半期に実質代行徴収をすることになるでしょうから、下半期の売上高から約3億7千万円(=年間乗客440万人×170円×6ヶ月/12ヶ月)差し引かれ、上半期分で今回の支払い対象に含まれていない8&9月分の約1億2千万円は特別損失となるはずです。これらは、下半期の利益計画では明示されていません。
realrelianceさん>
結構大きな額になりますね。
これが要因の下方修正があってもおかしくない額です。
会社として態度を明確化しないといけませんね。
会計処理としては売上から代理徴収分を減少させることになると思いますが。

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sky1192.blog8.fc2.com/tb.php/1064-f0b81fd4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。