上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スカイマークが、2013年3月で関空路線より撤退すること、
および4月より那覇-石垣路線に就航することを発表しました。

関空路線は、これまで那覇3往復、札幌3往復、旭川1往復、羽田1往復を運行していましたが、
不振のため徐々に減便し、2013年3月ダイヤでは関西-那覇2往復、関西-札幌2往復。
直近ではこれらの路線でも50%を切る搭乗率となっており、撤退もやむを得ないですね。

元々スカイマークは関西では神戸を拠点としていましたが、
ピーチへの牽制の意味で関空に就航したものと思われます。
この目的は、ピーチの客単価が低く押さえられていることをも見ても、
まずは一定の成果はあったものと思います。
また今後はジェットスタージャパンが関空を拠点とする予定であり、
今後はピーチとジェットスターで価格競争となるため、
スカイが撤退してもピーチは単価を上げることは困難なので、
ピーチを牽制する目的は必要なくなった、とも考えられます。

ただ関空撤退後は、おそらく神戸に集約していくものと思いますが、
先日のソラシドとエアドゥの神戸就航により、発着枠問題が気になります。
おそらくANAが手放すと思いますが、
スカイの仙台は神戸からになるでしょうから、
手放してくれないと就航できなくなってしまいます。

また、4月(4/20)からは石垣就航。
これは関空撤退によって機材繰りができるようになったから、という理由がありそうです。
元々早い段階から就航を表明していたにもかかわらず延期となったのは、
那覇空港ビルともめているということを理由にしていましたが、
機材繰りのほうがメインだったんでしょうね。
空港ビルと条件面で折り合った、と言っていますが、ホンマかいなという感想です。

さて今回の関空撤退で、今後注意したいのは、
・神戸-札幌、那覇の搭乗率は改善するのか。
・仙台就航に際して神戸枠は確保できるのか。
・ジェットスタージャパンの関空拠点化(那覇、札幌就航)はいつ?
といった点に注目したいですね。


コメント

ソラシドやエアドゥの神戸就航自体は単純な移管でしょうから、影響はないでしょうが、
もし、関空撤退で浮いた機材をそのまま神戸便へスライドさせるのであれば、
ANA本体の増便やエアアジアの進出で発着枠を埋められることを恐れたのかもしれません。
また、神戸便において、これまで関空便への顧客流出が発生していたということは、
神戸便と関空便が相互に代替可能であることの証左にもなりますから、
スカイマークは神戸便でLCCの関空便を牽制し続けることは可能でしょう。
逆に言えば、LCCの原価割れ水準での消耗戦の煽りはまぬがれないかもしれませんが、
それは、致し方のないことですし、今は耐えるしかないものと考えています。
問題は神戸の発着枠に制限がある以上、ピーチでもジェットスターでも撤退することで、
競争環境が変化し、大規模な増便が必要になっても、対応しづらくなることかと思います。
なお、ジェットスターは関空の夜間駐機こそないものの、拠点化を進めており、
関空-千歳、那覇は共に就航済みで、客単価の底割れ、搭乗率の低迷の原因でしょう。
それから、石垣就航延期に関する、那覇空港カウンター処理能力の問題は、
3階にも自動チェックイン機を新設することで解決することが出来たようです。
昨年の宮古就航時に認められなかった当初案が実現したことになるのでしょうか。
スカイの羽田枠、仙台空港は、4月早々にはじめるのかもしれません。

結局ピーチはANA固有であり、エアアジアとは少し位置づけが違う。

そもそもLCC同士が同じ路線で競合するのも変なので、ある程度すみ分けが必要。

中部について、エアアジア就航も彼らは福岡路線を選択。

スカイの搭乗率4割のうち、2割ぐらいは神戸からの移動なのかもしれない。

本来関空など飛ばさずに神戸那覇、札幌の増便で対応すべきだったのだろう。これは枠の関係でやむをえないのだろう。

関空にちょっかいをかけている間に神戸にスカイネットやAirDoが来てしまうという状態。

成田に春秋が来るとき、どうなるか、LCC4社というのは救いようのない状態。
いつも勉強させていただいております。石垣は来年3月に新空港が開港するのも理由のひとつかなと思っています。
関空撤退は朗報ですね。また、マスコミに叩かれるかと思いましたが、意外と叩かれてはいない・・・。残ったジェットスターとピーチが勝ち組かといえば、むしろ関空は逃げたもん勝ちな気がします。利便性でもコスト面でも神戸の方が優れていますし、ただ時間と枠の制限が痛いだけ。伊丹=大手、神戸=スカイ、関空=LCCでひとまず落ち着いた感じでしょうか。

神戸-那覇、新千歳の搭乗率回復なるか?神戸枠はどうなるか?は自分も注目しています。あとは余った機材で何をやるかですね。2、3月の新機材だけでも羽田枠4往復と那覇-新石垣3往復はまかなえそうなので、関空4往復撤退分で新路線をやるのか、既存路線を増便するのか。経営資源の集中化を図っている流れから、四国はしばらく後回しで新拠点は新石垣・仙台だけとなりそう。成田-福岡を3往復から5往復に増便、成田-新石垣を1往復新設とかだと嬉しいですね(どちらかが無理なら茨城-福岡2往復新設も)。成田-福岡は増便による利便性向上と価格次第で新幹線、バス、羽田-福岡、羽田-北九州の客をまだ奪えそう(バスは15時間もかかって最安7500円ぐらいからなのに利用率高いですし)。
神戸-札幌、那覇の搭乗率回復するためには、撤退する関空と同じ普通運賃12000円にするしかないでしょうね。中途半端なサービスと価格設定になってしまっているんですよ、LCCが登場してからね。自己中心な分析ではなく、環境の変化が自分の立ち位置を大きく変えていることに気付くかどうか、西久保氏の経営センスは問い続けられています。
Shéhérazadeさん>
那覇空港については、本当に進展があったんですね。いつもの責任転嫁かと思っていました。
スカイマークの神戸は関西では浸透していると思いますし、
LCCとの比較で選択肢に入ってはくるでしょうね。
便利さで言うと神戸の方が上だと思いますし、神戸から牽制できればベストですが、
やってみないとわからない面もあります。

ああさん>
関空就航は判断ミスでしたかね。ただこれまでも失敗は数々している会社ですので、
これもフットワークの軽さと前向きに捉えておきたいと思います。
ADO、SNA就航でANAは減便すると思いますが、何枠空けてくれますか。

まーしゃるさん>
石垣就航は、当然新石垣空港の完成でB737-800が就航可能となったことが要因ですね。
スカイマークは相当前から新石垣には就航すると言っていたのに、
直前になって就航を延期と言ったりまた就航と言ったり、という状態です。

berurausuさん>
関空は私も逃げて正解だと思いますね。
ピーチは比較的上手くいっているようですが、単価を考えるとそれでも厳しいですし。
ジェットスターも今後本格的に入ってくるようですし、
神戸で差別化しておいたほうがいいでしょうね。

realrelianceさん>
たしかに現在のスカイマークはLCC以上大手未満に立ち位置になっていますね。
ただそれが悪いとは私は思わないですね。
LCCより若干高い程度で大手とさほど変わらないサービス、と考えれば悪くはないように思えます。
今後A380で国際線就航を控えているので、LCC側には立ち位置は移せないでしょうね。

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sky1192.blog8.fc2.com/tb.php/1076-d8893e3e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。