上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この数日で発表された、気になった記事をメモしておきます。

・自民税調、日本航空への税制優遇を見直し検討へ
JALが繰延欠損金を1兆円ほど持っていて、当面法人税を支払わなくてよいのは不公平だ、
ということで見直しを検討するそうです。
たしかに既存の航空会社に対して不公平であり、
これでJALが力を持ってしまうと今度はANAがJALと同じ末路をたどることになります。
アメリカのように航空会社が順番に倒産という事態にもなりかねません。
何とか是正した方がよいとは思いますが。。。現行の法律を変えないとダメでしょうね。
そうなると適用範囲がどの業界になるのか、など課題事項も多く、
実現できるかどうかは怪しいですね。

・羽田国内線増枠分、コードシェア上限規制を50%に
これまでは羽田発着便のコードシェア比率は最大25%でした。
しかし羽田発着枠が決まった直後に発表するかね。
実質ANAが下僕分の枠の50%を得たことになりますし、
そうなるとまた議論の行方も変わっていたのではないかと思いますね。

・ANA、エアドゥ、ソラシドとコードシェア拡大
エアドゥおよびソラシドエアが新規就航する路線でもANAはコードシェアを行うとのこと。
神戸-札幌(2往復)、神戸-那覇(2往復)も対象。
これに伴って、ANAは神戸-札幌を3往復から1往復へ、神戸-那覇の2往復は運休とのことです。
やはりコードシェアを含めてのANAとしてのトータルの便数は増やさないようですね。
となると神戸枠はまだ3枠ある、ということですので、
スカイマークが神戸-仙台を運行できる余地はあります。
どういう予定となっているのですかね。


コメント

スカイマークは2013年1月2日付けで、アメリカ運輸省(DOT)に成田/ニューヨーク・JFK線の定期便就航を申請。
申請によると、2014年後半の運航開始を計画、最低でも週5便での運航を行い、デイリー運航に増便。
運航スケジュールはA380で成田を午前10時発、JFKは正午発を希望していますが、
これはいずれも発着枠の状況により調整するとのこと。
http://flyteam.jp/news/article/18032

また、日本とアメリカ間はオープンスカイ協定が結ばれているため、スカイマークはこれを最大限に活用したい意向で
日本/アメリカ間のチャーター便の運航許可を得ているため、近く認可を得られれば、
737-800で日本/グアム間のチャーター便を運航を希望しているとのことで
更に、A330がA380より先に納入されたら、A330によるJFK以外に就航を検討しているようです。
http://flyteam.jp/news/article/18456
元JAS関連職員さん>
国際線については、着々と進めているようですね。
しかしビジネス需要の取り込みとはいえ、
いきなりスカイ単独で400席近くを埋めるのは困難だと思うので、
コードシェアは必須だと思いますけど、そちらは進めているんですかね。
そちらが決まればちょっと安心感も出るのですが。

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sky1192.blog8.fc2.com/tb.php/1080-aacf5169
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。