上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年11月の、航空各社の輸送実績です。

2012年11月 提供座席数 搭乗者数 搭乗率 シェア 前年比
ANA 5,183,186 3,438,985 66.3% 47.75% 107.0%
JAL 3,824,068 2,647,458 69.2% 36.76% 102.8%
SKY 782,871 543,725 69.5% 7.55% 104.9%
ADO 215,606 154,772 71.8% 2.15% 108.3%
SFJ 132,871 97,314 73.2% 1.35% 107.1%
SNA 0 0 0.00% 0.0%
IBEX 93,145 72,653 78.0% 1.01% 125.2%
ORC 24,628 14,974 60.8% 0.21% 103.6%
FDA 89,321 61,989 69.4% 0.86% 139.7%
AMX 11,292 5,883 52.1% 0.08% 106.0%
新中央 9,759 5,582 57.2% 0.08% 121.8%
APJ 0 0.0%
JJP* 180,720 117,287 64.9% 1.63% 0.0%
WAJ* 73,440 41,053 55.9% 0.57% 0.0%
合計 10,620,907 7,201,675 67.8% 100.00% 104.0%

ジェットスタージャパン、エアアジアジャパンについては、
搭乗率情報および運行便数等からの推計で記載しています。

全体として各社好調だったようです。
しかし全般的には大手の方が搭乗率は上昇していますね。
(ANA 65.0→66.3%、JAL 66.3→69.2%)
スカイマークは昨年76.3%でしたが、69.5%に下がっています。
LCCの影響、価格設定の影響等あるでしょうが。

LCCの2社も、他社の搭乗率とほとんど変わらないか、むしろ悪い数字。
薄利多売のビジネスモデルですが、この数字では厳しいでしょうね。

続いて、いつも見ている那覇-宮古路線について。
  座席数 搭乗者数 搭乗率
JAL 72,893  56,916  78.1%
ANA 40,079  26,536  66.2%
SKY 29,382  11,290  38.4%
-----
合計 142,354  94,742  66.6%

台風による欠航が多かったためか、提供座席数が1万席ほど10月より減っています。
そのためか搭乗率としてはJAL(JTA)はかなり高くなっています。ANAも通常よりは高め。
しかしSKYは相変わらずですね。
石垣に就航してもこんな感じだったんですかね。


コメント

スカイの宮古はもう撤退してもよいような気がします。奄美も撤退したし、石垣も就航していないし、ここに他社が入るならそれでもいいと思う。

エアアジア、スカイの成田線とほぼ五分ですね。単価はスカイの方が高いと思うので苦しそうですね。

ジェットスターの方がJALと近いイメージがあるし、エアアジアはANAとかけ離れている。はでな赤は日本人嫌いなんじゃないかな。
ああ>
宮古便の運休、発表されましたね。
離島路線があればツアーとしても売りやすいし、相乗効果があると思いましが、残念です。
JTAからしたらしてやったりなのかもしれませんが、住民から見たら本当にこれでいいの?と思いますね。

エアアジアはCEOも変わるし、中部進出も苦し紛れの印象。
撤退はまずここですかね。

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sky1192.blog8.fc2.com/tb.php/1084-e3b06497
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。