上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年3月末より羽田空港の発着枠が25枠増加し、各社に割り当てられました。
その枠を使って各社どの路線を増便するのか、まとめておきたいと思います。

ANA 8枠 :石垣(0→1)、札幌(17→18)、函館(2→3)、小松(5→6)、福岡(18→19)、神戸(2→3)、
       高知(4→5)、山口宇部(5→6)

JAL 3枠 :中部(0→1)、札幌(17→18)、那覇(13→14)

SKY 4枠 :福岡(10→11)、鹿児島(3→4)、那覇(3→5)

ADO 2枠 :釧路(0→2)

SNA 3枠 :熊本(4→5)、鹿児島(4→5)、大分(3→4)

SFJ 5枠 :福岡(5→10)、関空(4→5)※権益外便

多くは各社既存路線の増便ですね。新規路線はANAの石垣、JALの中部、ADOの釧路。
中部はスカイマークは散々の結果でしたが、JALは国際線への乗り継ぎ便として運航するようです。
それでも搭乗率を稼ぐのは難しいような気はしますが。
また福岡がSFJが5便増やすのを始め、SKY、ANA、JALも増便で計8便増。
スタフラは平日中心に安値で売っているようですし、
10便とスカイマークとほぼ並ぶ便数にもなりますし、スカイマークへの影響も出てきそうです。

スカイマークは、新規就航、新路線開設など色々憶測はありましたが、
搭乗率の高い幹線を順当に増便。
2014年にはA330も入ってくることですし、
そのタイミングで幹線を減便して新規拠点に就航ですかね。

コメント

L44q1Z08
まさにハーレムってこの事なんだろうな
ギャルゲ主人公になれる方法
http://D9337322.n3-game.me/D9337322/

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sky1192.blog8.fc2.com/tb.php/1088-ca4b32fc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。