上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

航空各社の2012年12月の輸送実績です。

2012年12月 提供座席数 搭乗者数 搭乗率 シェア 前年比
ANA 5,327,104 3,058,370 57.4% 48.93% 103.0%
JAL 3,955,196 2,307,411 58.3% 36.92% 99.4%
SKY 797,385 516,449 64.8% 8.26% 96.7%
ADO 214,790 139,452 64.9% 2.23% 104.3%
SFJ 144,529 91,115 63.0% 1.46% 103.1%
SNA 0 0 0.00% 0.0%
IBEX 1,055,541 64,388 6.1% 1.03% 158.1%
ORC 26,361 12,785 48.5% 0.20% 110.5%
FDA 87,344 50,048 57.3% 0.80% 113.4%
AMX 10,500 4,935 47.0% 0.08% 97.6%
新中央 10,461 5,283 50.5% 0.08% 98.9%
APJ (154,080) 0.0%
JJP (214,920) 0.0%
WAJ (64,800) 0.0%
合計 11,629,211 6,250,236 53.7% 100.00% 100.0%


LCC各社の提供座席数については、運航便数からの推測。
また搭乗率については発表はありませんでした。SNAについても発表なしです。

発表のあった各社の合計で前年比100.0%ですが、
発表の無い会社の合計で30万人ぐらいはありそうですので、
全体では前年比で103%といったところでしょうか。

各社で見てみると、大手はANAが前年比プラス、JALはほぼ横ばいでLCCの影響はほぼなし、
それに対してスカイマークは前年比でマイナスと、LCCの影響を受けていますね。
搭乗率も前年は73.2%から大きく下がっていますので、ここは正念場です。
LCCも苦しんでいるようですので。

続いて、いつも見ている那覇-宮古便

JAL  66,404  50,543  76.1%
ANA  41,146  24,479  59.5%
SKY  32,922  10,738  32.6%
----
合計 140,472  85,760  61.1%

いつもと同様、SKYの一人負けと言った様相。
3月末で一旦運休、6月から復活となりますが、これによってどう変わってきますか。
結局ANA/JALも対抗価格を出してきますし、しかもマイルも貯まるとなると、
なかなかSKYを使おうという気にならないと思うのですが。
それでもSKYの存続のためにSKYを使う、という人はなかなかいないですよね。
役所の職員はSKY強制、とかしないと難しいように思います。

コメント

なんだかんだ宮古島民は大手を使い続ける気がします。スカイも今回ばかりは60%切るようなら秋には完全撤退し、石垣に絞るのではないでしょうか。

さて、エア・ドゥが日航の運賃下げは不当だと国交省に変更命令の要望を出しましたね。奇跡的にこの要望が通れば、宮古再就航で大手が再度の値下げは行いにくいのでスカイ逆転の目も出るかもしれません。。。
おそらく6月以降も同じような状況になるでしょうね。
運賃が同じだとスカイを使う理由が無いですし。
石垣にも就航して運賃を下げられない状況を作れば何とかなるかもしれませんが。
今のところ勝算が見出せないですね。

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sky1192.blog8.fc2.com/tb.php/1094-e5d9dc88
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。