上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年1月の航空各社の輸送実績です。

2013年1月 提供座席数 搭乗者数 搭乗率 シェア 前年比
ANA 5,156,768 2,790,402 54.1% 47.67% 100.8%
JAL 3,905,654 2,210,690 56.6% 37.77% 99.9%
SKY 797,739 491,648 61.6% 8.40 92.2%
ADO 216,964 142,053 65.5% 2.43% 101.5%
SFJ 142,177 83,705 58.9% 1.43% 98.1%
SNA 0 0 0.00% 0.0%
IBEX 96,066 59,849 62.3% 1.02% 132.9%
ORC 27,572 14,558 52.8% 0.25% 96.7%
FDA 89,701 49,425 55.1% 0.84% 117.2%
AMX 11,907 5,894 49.5% 0.10% 113.5%
新中央 10,968 5,440 49.6% 0.09% 109.7%
APJ 0 0.0%
JJP 0 0.0%
WAJ 0 0.0%
合計 10,455,515 5,853,664 56.0% 100.00% 100.0%


全体としては前年とほぼ同じ。
航空需要としてはこれにLCC分が加わるため、2%程度は増えていると思われます。

個別では、大手は前年並みですがスカイマークが前年を大きく下回っています。
これを見るとLCCの影響を受けたのはスカイマーク、ということになりますね。
羽田の単価を上げて自社の成田便に誘導したはずが、
同じ成田のLCCに流れてしまった、ということですかね。
ただLCCもそろそろ採算を考えた価格設定を始めたからなのか、
スカイのフリー10000円が定着したからなのか、
2月はスカイの搭乗率に回復の兆しが見えてきています。
スカイの回復が大手から乗客を奪ったのか、
LCCからなのかは2月以降の実績で見てみたいですね。

続いていつも見ている那覇-宮古便について。

JAL  65,582  48,799  74.4%
ANA  40,942  23,875  58.3%
SKY  32,214  10,646  33.0%
---
合計 138,738  83,320  60.1%

やはりスカイは大敗という結果。この傾向は全く変わらずです。
3月で一旦運休ですが、それまではこのままですかね。
6月に復活しても変わる要素はさほど無いですが。

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sky1192.blog8.fc2.com/tb.php/1098-b5a53080
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。