上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年ゴールデンウィーク期間の航空各社の予約状況をまとめました。

2013 2012 前年比
0 座席数 予約数 予約率 座席数 予約数 予約率 予約数 予約率
ANA 2,067,482 1,064,842 51.5% 2,036,928 1,055,344 51.8% 100.9% -0.3%
JAL 1,534,901 876,711 57.1% 1,475,866 863,755 58.5% 101.5% -1.4%
SKY 297,183 151,637 51.0% 253,995 137,261 54.0% 110.5% -3.0%
SNA 70,258 44,419 63.2% 60,475 39,251 64.9% 113.2% -1.7%
SFJ 70,290 44,225 62.9% 46,365 28,422 61.3% 155.6% 1.6%
ADO 86,886 54,013 62.2% 83,051 57,996 69.8% 93.1% -7.7%
APJ 75,240 55,077 73.2% 39,600 27,789 70.2% 198.2% 3.0%
JJP 95,040 54,177 57.0% 0 0 0.0% 0.0% 0.0%
WAJ 35,640 20,604 57.8% 0 0 0.0% 0.0% 0.0%
合計 4,332,920 2,365,705 54.6% 3,996,281 2,209,818 55.3% 107.1% -0.7%

全体としては、LCC分が加わることもあり予約数は増えていますね。
国内旅行が好調との報道もあり、その通りの内容となっています。
ただ予約率で見ると、やや下がっています。
大手を含め各社とも羽田枠の拡張などもあり便数は増やしていますので、
当然といえば当然ですが。

大手は両社とも提供座席数、予約数とも増加。ただ予約率は下がっています。
スカイマークも同じ状況ですね。ただスカイマークは予約数は10.5%増。
予約率はANAにも負けていますが、
直前でも安いというビジネスモデルをこれまでより前面に出してきているので、
どこまで伸びますか。例年であれば65%程度の着地になると思われますが。

LCCは、ピーチは好調そうですね。最終的には90%近く行きそうです。
スカイマークが抜けてジェットスターが入ってきていますが、
ジェットスターには完勝のように見えます。
ジェットスターとエアアジアは、LCCとしては低い予約率。
ここで単価の高い乗客を得ないと黒字は難しいと思いますが、
うまく行っていないように思えます。


コメント

個人的に思うのは、LCCというのは成田に3つもいらないと思うし、関西にも2つあればいいと思う。

神戸にスカイと関西にピーチがあれば、ジェットスターはいらないし、成田もスカイとジェットスターでいいのではと思う。

結局、経済的にみれば、各社に分散して搭乗率が悪くなるより、1社が多便化した方がいいと思う。

これは、私は成田空港の枠があるのかどうか知らないけれど、成田に3つのLCCに与えたのは間違いで、スカイとジェットもしくはスカイとエアアジアにしておけばよかったと思う。

儲からない航空会社をたくさんつくっても意味がない。スカイはピーチに消耗戦を挑むことはできたが関西を手を引いたのは正しい。

ANAの経営者はエアアジアをピーチに集約してもよいと思う。
ピーチが好調と見るのか、高い搭乗率の為に単価の低いチケットで席を埋めてしまったのか。それでも、報道ではピーチ好調!と宣伝してくれるので、少しくらい単価が低くても良いのかもしれません。

スカイが拠点を撤退した今、ジェットスターが拠点化するまではピーチの好調が続きそうですね。

まもなく決算発表の時期となり、LCC各社の状況が少しずつ明らかになってくるのが楽しみです。
ああさん>
LCCが3社は多いですよね。スカイに対抗するLCCが1社出来た、なら上手くいっていたかもしれません。
LCC同士が集約されるか、大手に吸収され下僕になるかどちらかでしょうね。

とらさん>
ピーチも他も低単価であることには変わりませんが、搭乗率はピーチがいいですね。
儲かっているとは思えませんが、関空でよくやっていると思います。
決算発表でLCCの収益を細かく出してくれればいいのですが。

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sky1192.blog8.fc2.com/tb.php/1103-8fc4ce1d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。