上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スカイマークの2013年3月期決算が発表されました。


売上高(百万) 前年比(%) 営業利益 前年比(%) 経常利益(百万) 前年比(%) 純利益(百万) 前年比(%)
25年3月期 85,943 7 4,674 △69.4 8,091 △48.6 3,778 △51.0
24年3月期 80,255 38 15,283 37 15,747 44 7,705 22


私の予想は以前本ブログに記載していますが、それより売上は6.6億ほど下回り、
それも影響して利益も13億ほど下回る結果となりました。
売り上げについては、単価を思うように上げられなかったことが要因ですが、
経費についても予想より多くかかってしまっています。
各経費の内訳については決算説明資料の方が細かく発表されるので
そちらで別途検証しようと思いますが、決算短信で見れる内容での予想からのずれは、
      予想  結果  差異
燃料費用 24,563 23,907 -656
機材費用 12,252 11,784 -468
着陸料 9,075 8,763    -312
賃借料 2,453 3,690    +1,237
整備引当金 4,920 4,362  -558
人件費 14,300 12,625   -1,675

実は私の予想の方が多くの項目で費用を多く見積もっていたという結果でした。
それなら営業利益は私の予想を上回ってくれてもいいのですが。
ただ上記は通期での差異なので、4Qだけを見た場合は為替の影響が大きいのかもしれません。
(私は月単位で計算していましたが、円高の影響を受けるのが想定以上に早い?)
為替については、為替差益を30億計上していますので、
いずれにしてもそちらで吸収されますね。

来期予想について、現在の為替と原油価格の水準ではかなり厳しいのでは、
と思っていましたが、営業利益は58億と今期の46.7億より伸びる予想となっています。
経費の増加を価格に転嫁していく必要があると思いますが、
その点はうまく行くと会社は見ているようです。
A330で単価の高い幹線の座席数が増えることなどは期待できますが、
私にはやや強気な予想に思えますね。

そして、配当は4円となりました。
ただでさえA380導入を決めた際に想定していた利益には届いていないので、
内部留保に回したいというのが本音だとは思いますが。。。
あまり株価が低いと一部上場に伴って行うと考えられる増資にて、
資金が集められないという点を懸念していると思われます。

今回の決算についての私の感想は、
数字は想定からするとイマイチ、ただ来期予想はなかなかよい数字、
復配は好材料だが逆に増資懸念が生まれるのでは?といった感じですかね。
株価は安値で放置されているのでこの水準なら買っていいと思いますが、
積極的に買い進めるかというと疑問ですね。
PBR1倍ぐらいまでは買われていいと思いますが。


コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sky1192.blog8.fc2.com/tb.php/1110-50cf587e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。