上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと遅くなりましたが、2013年3月の各社実績です。

2013年3月 提供座席数 搭乗者数 搭乗率 シェア 前年比
ANA 5,168,742 3,286,124 63.6% 47.11% 99.8%
JAL 4,013,413 2,610,549 65.0% 37.42% 100.1%
SKY 824,466 642,374 77.9% 9.21% 103.5%
ADO 223,751 167,380 74.8% 2.40% 104.8%
SFJ 146,633 100,836 68.8% 1.45% 102.7%
SNA 0 0 0.00%
IBEX 101,074 70,853 70.1% 1.02% 123.7%
ORC 25,442 14,451 56.8% 0.21% 91.1%
FDA 96,076 71,192 74.1% 1.02% 120.7%
AMX 11,567 6,246 54.0% 0.09% 106.8%
新中央 10,363 5,596 54.0% 0.08% 110.3%
APJ 0 0.0%
JJP 0 0.0%
WAJ 0 0.0%
合計 10,621,526 6,975,601 65.7% 100.00% 100.8%


LCCについては特に情報なし。またSNAも発表なしです。
LCCを加えない時点で前年比100.8%ですので、
航空需要としてはLCCを加えたら3%程度前年より増加していると思われます。

大手は昨年並みで、新興は前年比で各社伸ばしていますね。
3月はレジャー需要による増加がメインですので、
大手からしたらレジャー需要はLCC側で取り込めばよい、ということでしょうかね。
3月はスカイマークも好調で搭乗率は久々に高い数字になっています。

また、4月よりスカイが運休となる那覇-宮古便は下記の通りです。

JAL  65,829  54,954  83.5%
ANA  46,046  31,172  67.7%
SKY  32,922  15,820  48.1%
---
合計 144,797 101,946  70.4%

春休みということもあり高い搭乗率となっています。
JAL(JTA)などは80%を大きく上回っています。
小型機材で多頻度運行なのがよいのだとは思いますが。
スカイマークの48.1%も最近では高い数字ではあります。
駆け込み需要もあったのかと思いますが、
それでも採算ラインにはまだ到達してないでしょうね。
6月に運行が再開されますが、どういう結果となるか注目ですね。

6月1日(土曜なので3日になるのかな?)には国交省より航空関連の情報公開があり、
そこでLCCの実績も判明することになります。
そちらは早く見てみたいですね。


コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sky1192.blog8.fc2.com/tb.php/1112-80146afe
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。