上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国交省より航空業界に関する情報公開が発表されました。
普段売上等は発表されないLCCですが、この情報公開では売上や輸送人員が発表されます。

発表された内容から、利益等の数字はは以下のように推測されます。

まず便数はLCCのフライト統計のページより引用。
座席数はその便数に座席数180を掛けたものです。
これに国交省発表の平均搭乗区間距離をかければ、提供座席キロが出せます。
(厳密には各路線により搭乗率は異なるので、誤差は出てきますが。)
提供座席キロにユニットコストをかけて、経費を出しています。
また乗客数も発表されているため、座席数で割ることで搭乗率も計算しています。

便数 座席数 平均搭乗区間距離 経費(百万) 乗客数 搭乗率
ピーチ 2,953 531,540 915 3,891 441,832 83.1%
ジェットスター 3,471 624,780 1,128 5,638 470,647 75.3%
エアアジア 1,059 190,620 1,120 1,708 129,284 67.8%

ここでユニットコストはスカイマーク並みの8円を想定。
ただ4Qは原油も為替も上がっていたので、8円の実現は難しいかもしれません。
搭乗率はなかなかの数字ですが、薄利多売のビジネスを行う必要のあるLCCなので
もっと高い数字を出したかったのではないでしょうかね。

旅客収入(百万) 客単価(円) 旅客収入(円/人キロ) 収支(百万)
ピーチ 2,571 5,856 6.4 -1,320
ジェットスター 2,535 5,414 4.8 -3,103
エアアジア 1,135 8,736 7.8 -573

次に収入と利益について。
旅客収入は国交省より発表されている数字。
それを乗客数で割ると客単価が出ます。相変わらず客単価は上がっていませんね。
むしろ3Qより下がっています。
2Q以降の客単価(千円)は、以下のようになっています。
      2Q 3Q 4Q
ピーチ   8.5 6.1 5.8
ジェット  8.8 6.2 5.4
エアアジア 8.9 7.3 8.8

2Qは繁忙期なので客単価が高いのは当然としても、
4Qが3Qより安売りしているというのはどうなのかと。
エアアジアは客単価を維持しており、まだまともな経営のように見えます。

売上から経費を引いて、最終的な利益を計算しています。
ジェットスターは30億超の赤字という見積もり。
好調といわれているピーチでも13億程度の赤字となっていそうです。
ジェットスタージャパンは48億程度の赤字か、
という記事もありましたが、それ以上の赤字になっていそうに思います。
ユニットコスト8円という見積もりも甘めですし。
一気に便数を増やしていますが、
そのうち身動き取れなくなって最終的には撤退なのかJALに吸収なのか。。。
この消耗戦はいつまで続くのでしょうか。

コメント

このまま順当にいけばジェットスター撤退でしょうか?ただ、エアアジアもいざとなれば、国際線特化にして、ピーチに国内線を売ってしまうというのも手でしょう。

LCCは利益なき繁忙というか、その事業性自体に大きな意味がなさそうな気がします。

個人的にはLCCが意味をもつのは、特定の空港について格安で独占状態を築きあげているときで、成田のようにスカイ入れて3社というのは意味がない。

ただ、ジェットスターが関西を撤退すれば、ピーチがますます有利になるので、スカイは今のところ、自分は成田を最小限にオペレーションして、共倒れしてくれればいいと思っているでしょう。
ああさん>
ジェットスターは機材数が揃ってきているのでユニットコスト8円が達成できるかもしれませんが、
それでも単価を今の倍にしないと利益が出ない計算になります。
ピーチにしても搭乗率は高いですが結局安売りしてただけのようですし。
今後のシナリオは難しいですが、徐々に国内線はフェードアウトして国際線に力を入れていくのですかね。
いずれにしても国内線の今の本数は供給過剰でしょうし、調整が入るでしょう。
いつも、まとめて頂いてありがとうございます。

ジェットスターは通期だと資本金の半分を食ってしまうほどの赤字になりそうですね。確か、当初の資本金は 100億円程度と記憶しております。

さきほど日経にANAとエアアジアが提携解消とのニュースが流れました。今後は、新生エアアジアとピーチ(旧エアアジア含む)とジェットスター、春秋と激しい消耗戦が繰り広げられれそうですので、関空から撤退するなどLCCとの直接対決を避けたスカイには先見の明があったようですね。
とらさん>
エアアジアは、ANAと提携解消して他と組むと言っていますが、提携相手見つかりますかね。
新エアアジアが出来る可能性は低いのではないでしょうか。
春秋も本当に運航開始するのかどうかわからない面もあります。
ちょっと希望的観測ですが。。。

あまりLCCは乱立せずに、今の全社赤字状態から、早く正当な価格競争に戻ってもらいたいですね。

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sky1192.blog8.fc2.com/tb.php/1114-6a10a361
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。