上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スカイマークの2013年5月の輸送実績です。

2013年度 2012年度
羽田-福岡 83.2% 79.5%
羽田-神戸 73.0% 80.2%
羽田-札幌 76.1% 79.0%
羽田 -沖縄 59.0% 63.7%
羽田-熊本 68.9% 72.4%
羽田-鹿児島 68.1% 77.9%
福岡-沖縄 68.0% 61.0%
神戸-沖縄 58.5% 51.6%
神戸-茨城 52.9% 51.3%
神戸-札幌 67.6% 45.4%
神戸-長崎 60.7% 60.9%
神戸-鹿児島 48.2% 55.9%
成田-札幌 34.4% 45.0%
成田-旭川 42.7% 33.0%
成田-福岡 41.2% 50.2%
成田-沖縄 48.7% 34.9%
名古屋-札幌 61.7% 61.7%
名古屋-沖縄 56.8% 55.8%
茨城-札幌 55.6% 54.1%
那覇-宮古 0.0% 31.6%
福岡-札幌 63.2%
仙台-札幌 41.0%
仙台-福岡 47.7%
--------------------
全路線 62.9% 61.3%

全体の提供座席数は前年比94.1%、対して搭乗者数は97.2%。その結果搭乗率は上がっています。
成田路線は搭乗率40.4%、LCC競合路線は40.1%となりました。

搭乗率は上がっていますが、那覇-宮古が運休している影響も大きいかと思います。
昨年でも那覇-宮古分を差し引くと搭乗率は63.2%となります。

羽田路線は、沖縄、鹿児島は増便の影響もあり搭乗率は低下。
他はまあ昨年並みですかね。

神戸は、昨年よりは好調に見えます。
関空撤退で顧客が神戸に戻ってきているためと思われます。
60%前後というのはややもの足りないですが。

成田は相変わらずですね。
なかなか採算ラインには乗ってこなさそうです。
LCCは搭乗率はやや良いとはいえ、
単価はスカイマークよりさらに低いので当然採算には乗らないです。
スカイマークとしては、
このままLCCを牽制しながら便数は増やさず維持するのがいいでしょうね。

名古屋は、LCC参入の影響は搭乗率の面ではとりあえずなし。

新路線については、仙台はイマイチですね。
まだまだ仙台に浸透していないのが最大の要因だと思いますので、
長い目で見ていく必要はあるでしょうね。
仙台-札幌などは浸透すればそれなりの実績は残せるようになると思います。
福岡-仙台のほうは需要がどうかという問題がありますので、
これからどれくらい伸ばせるかは未知数ですかね。

今回は搭乗率は昨年より良くなっていますが、
実質昨年並みという内容と思います。
国交省の発表を見てみると、LCCは特に単価を上げていなさそうなので、
昨年並みはやむを得ないのかと。
LCCが単価を上げてきたらスカイに流れてくるのではないかと思います。
いずれは上げざるを得ないですしね。

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sky1192.blog8.fc2.com/tb.php/1115-bb378cd5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。