上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7/31にスカイマークの1Q決算が発表されますが、
こちらでも予想してみたいと思います。

まず費用について。
昨年と比べて為替が大きく円安になっているため、費用は増加していると思いますが。
各種費用について、以下のように推測しています。

   2012-1Q 2013-1Q
人件費 3,400 3,700
燃料費 5,723 6,505
機材費 2,865 3,540
着陸料 2,215 2,283
賃借料 590 600
引当金 1,200 1,320
その他 1,900 1,900
上記以外 1,100 1,100 ※販売管理費等
----
合計  19,100 20,880

18億円近く費用は増加していると思われます。
燃料費や機材レンタル費などで為替の影響が大きいですね。

続いて売り上げについて。
昨年1Qの客単価が12,411円。
それに対し、今年度は単価の低い関空路線や那覇-宮古が減少していることから、
全体としての客単価は上がっていると考えられます。
既存路線は5%程度上がっていると想定し、
また新規路線については、今回は長距離路線が多く単価は既存路線と同じ程度と想定し計算すると、
売り上げは19,958百万となります。

以上より、1Q決算は以下の通りと予想します。

売上 19,958
営業利益 △922

既存路線の客単価が前年比10%アップとなっていればトントンまでもってこれますが、
そこまでは厳しいかと考えています。
昨年の1Qは営業利益はギリギリ黒字でしたが、為替差損を計上して10億の赤字でした。
今年も同じ程度の赤字と思われます。
ただこの程度の赤字であれば、2Q以降は黒字になるでしょうし、
通期予想58億に対しては妥当な数字かと思います。
これ以上悪化しているとするとちょっと心配ですが。

為替が昨年の水準まで下がることは期待できませんので、
客単価をコントロールして上手く利益を出していくしかないですね。
その客単価コントロールが上手くできているかどうかが、1Qの注目ポイントです。


コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sky1192.blog8.fc2.com/tb.php/1124-953f53c7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。