上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ANAとエアアジアの提携解消が発表されているエアアジアジャパンですが、
9月以降提携解消までの10月末までの間に、604便が運休するとのことです。

運休の理由は、エアアジア側が9月に機材の返却を求めているためです。
9/1から10/26までの間に、1日14便が欠航することになっています。
具体的には、9/1から中部発着が4往復8便、
10/1からはさらに成田-札幌が2往復4便、成田-沖縄が1往復2便が欠航になります。

14,000人に影響がある、との事ですので、現時点での予約は1便当り23人程度ですか。
この程度であればANA便への振り替えは可能なのかもしれませんね。
スカイマークと競合する路線も多いですし、
この欠航による減便でスカイ側に顧客が流れてくることも考えられます。
まずはジェットスターの方に流れると思いますが、
その結果ジェットスターの運賃が上がってくると思いますので、
そうすると自然とスカイの方が安い場合も出てきてスカイにも流れてくるでしょうね。
適正な競争に少し近づくと思います。

また、10月末に提携解消後、
11月には別会社で運行再開する計画だそうですが、果たして出来ますか。
まず機材もエアアジア側のものだったということは、
ANAには別会社用の機材は無いでしょうし。
わざわざANAの機材をLCCにレンタルするとも考えづらいですし、
機材を出してくれるところと提携をする必要があると思われます。
春秋ぐらいしか思いつかないですが、まずないでしょうしね。
運行再開はないか、あってもピーチに吸収ぐらいではないですかね。



コメント

まずはLCCチキンレースからエアアジアが撤退しましたね。

成田⇄新千歳、成田⇄那覇のような路線は明らかに供給過多に陥っており、各社が何十億もの赤字を垂れ流しながら不毛な戦いを続けているだけなので、早くに適切な競争環境に戻って欲しいです。

規模の大きいジェットスターは赤字も大きいでしょうから、そろそろ増資をしないと運転資金が苦しいでしょう。ダイヤモンドの記事がどこまで信ぴょう性があるかは分かりませんが…。
エアアジアもANAも結局、成田国内線は何の魅力もないと気づいたでしょう。ジェットスターとスカイマークの2社でも駄目でしょう。スカイはジェットスターの撤退を狙うために、持久戦という感じだろう。
とらさん>
ジェットスターの方はどうするんでしょうね。おそらく赤字は50億はあると思います。
成田がダメだから拠点を増やそうとしていますが、赤字が膨らむだけでしょうし。

ああさん>
ジェットスターもかなり厳しいでしょうね。
エアアジア撤退で多少は需給が改善されそうですが、LCCの目指す姿には程遠いと思います。
スカイは国際線乗り継ぎ用に細々と路線を維持しておけばよいと思います。

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sky1192.blog8.fc2.com/tb.php/1125-20e46da1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。