上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年お盆期間の航空各社実績です。

2013 2012 前年比
座席数 搭乗者数 搭乗率 座席数 搭乗者数 搭乗率 搭乗者数 搭乗率
ANA 2,060,732 1,543,340 74.9% 2,006,555 1,464,269 73.0% 105.4% 1.9%
JAL 1,452,050 1,104,185 76.0% 1,419,404 1,056,636 74.4% 104.5% 1.6%
SKY 286,032 242,792 84.9% 253,464 202,152 79.8% 120.1% 5.1%
SNA 68,033 55,200 81.1% 56,652 41,095 72.5% 134.3% 8.6%
SFJ 64,092 53,834 84.0% 46,545 34,137 73.3% 157.7% 10.7%
ADO 78,222 65,693 84.0% 73,475 62,652 85.3% 104.9% -1.3%
APJ 0 0 0.0% 0 0 0.0% 0.0% 0.0%
JJP 126,000 108,657 86.2% 28,800 25,790 89.5% 421.3% -3.3%
WAJ 0 0 0.0% 0 0 0.0% 0.0% 0.0%
- - - - - - - - -
合計 4,135,161 3,173,701 76.7% 3,884,894 2,886,732 74.3% 109.9% 2.4%

ピーチとエアアジアジャパンについては発表が見つかりませんでした。
ただ両社とも予約時点で80%前後はありましたので、最終搭乗率は90%超えているかもしれません。

個別に見ても、各社とも好調だったようです。
景気回復なのか、長距離バスの規制強化による減便の影響なのか・・・
新興やLCCの方が好調だったところを見ると、
バスが減便となった影響の方が大きいように思います。
鉄道の方も乗客好調だったようですし。

スカイマークも搭乗率84.9%と好調。
単価は下がっている可能性はありますが、搭乗者数が20%伸びており、
売り上げ、利益とも上がっていると思われます。
この調子を継続して、昨年の2Q単独営業利益66.2億は大きく超えてもらいたいところです。

コメント

下記にピーチ、エアアジアの輸送実績も載っています。

http://www.aviationwire.jp/archives/24909

各社とも座席数を大幅に増やしたのに好調ですね。スカイマークも単価が高い稼ぎ時で盛り返せて一安心です。

あとは赤字路線の神戸-鹿児島をそろそろ撤退し、神戸-仙台を早期開設してはと思うのですが・・・。
搭乗率が、80%越えが多発している中で、また燃料費高騰の中で、昨年より単価を下げる必然性はないように思います。少なくとも登場率が上がること自体、高い料金単価で乗る人が増えるわけだから、もはや心配しなくてもいいと思うのですが。
berurausuさん>
情報ありがとうございます。ピーチは93.6%ですか。今期は黒字化してくるのですかね。
仙台は各路線なかなか好調ですので、神戸便はぜひ欲しいですね。

A300さん>
単価については、1Qで下がっていたのが気になっています。2Qも下げていなければいいのですが。ただこの時期はどの路線も高搭乗率ですし、単価はむしろ上がっていると思いますね。

スカイが羽田福岡1万円で閑散期に出している中、ジェットスターは成田福岡7000円だと厳しくなってきている。スカイはA330プレエコ戦略をとり、席が増えれば1万円の席を格段に増やせる。

LCCはほぼ絶滅する可能性が出てくる。ジェットスターなど夏場はいいけれど、閑散期は来年以降大変になるだろう。単価は上がる要素がない。

スカイにとって、スタフラ乗り換えの客が大分増えてきているので今年まさに正念場。

スカイのマイレージは昨年度に導入すべきだったと思う。
福岡線はスタフラに取られているようですね。
さすがに10往復まで増やされると影響を受けてしまいますね。
A330のPYを10,000円で売って採算が取れるかというと、ちょっと難しいのではないでしょうか。
スタフラよりちょっと安くて、ちょっと座席が広いという位置付けでスタフラに対抗ですかね。
羽田-福岡ですが4-6月で見るとスターフライヤーは5往復増便の影響もあり搭乗率は前年68.8%→今年56.2%と大きく低下。一方のスカイマークは1往復増便かつスタフラ5往復増便の中で82.4%→82.4%と同水準をキープ。スターフライヤーは正直邪魔ですが、スカイマークは健闘しているとみえます。

スターフライヤーは1Qの経常利益で昨年-1.7億から今年-10.5億と赤字拡大しています。昨年2Qが3.7億しか黒字が出ておらず1Qでこれだけ赤字が出たら通期の赤字もほぼ決定。福岡5往復増便は福岡路線の赤字化を招くとともに、北九州路線の自社客を奪っており、結果的に全体の収支悪化につながっているように思われます。遠からず、羽田-福岡は6~7往復程度に減らし、羽田からの新路線を3~4往復程度ではじめる予感がします。

そもそもスターフライヤーは日系航空会社で最もクオリティーの高いサービスをしており、奪うべきはJAL・ANAの客のはず。だけど、実際はANAの傘下に入るわ、スカイマークに対して価格競争しかけるわで迷走状態。路線網も一極集中ではなく、羽田から3往復程度で手広くやった方が高品質を求める客が食いつくはず。羽田-福岡・北九州の狭い範囲では高品質サービスを求める層に対して供給過剰になりすぎている気がします。
スターフライヤーは羽田の発着枠を得たものの八方塞がりで苦しそうですね。

採算の見込める北海道路線と九州路線は既に同じANA傘下のAIRDOとソラシドが就航しているので競合は出来ないですし、福岡関空でピーチやジェットスターと戦っても不毛なだけ。福岡線や北九州線を減便したくても既に張れる路線はないと思います。

福岡線の赤字が続けばANAとCSするしか解決策はなく、結局ANAが一番を特をする。そんな展開ではないでしょう。

日本の航空会社で、JAL傘下でもANA傘下でもないSKYはよく頑張っていると思います。

最近のSKYの搭乗率はそこそこ健闘していますが、これだけ他社の座席供給が多い中では単価は下げざるをえないでしょうね。

>>とらさん
SNA,ADOが就航していない路線で,新幹線との競合をせず,収入が見込めそうな羽田―西日本路線と言えば…

松山・高松(ただしジェットスターが成田便就航)
高知・徳島(人口が厳しいか…)
出雲(ANAが就航していないので比較的良いか。ただ今年就航していた方が出雲大社絡みで絶対搭乗率が見込めたはず)
鳥取・米子・佐賀(ANAに押し付けられるかも…)
沖縄(シートの良さを生かし、ある程度搭乗率を取れるのでは)
>>WAYさん
コメントありがとうございます。
やはりスタフラには四国が有望そうですね。
松山、高松にはジェットスターがありますが成田発なので優位性がありそう。
高松は春秋JAPANも就航予定ですね。
そういえばSKYも何年か前に高松就航を表明してたような…。四国に就航するなら、松山か高松が熱そうです。

羽田⇔那覇は広い座席を活かしてぜひ就航したいところでしょうが、ANA傘下先輩のソラシドでさえ譲って貰えない路線なので新参者のスタフラには厳しそう。

こういう供給過多な状況が続くとSKYも苦しいですね。

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sky1192.blog8.fc2.com/tb.php/1129-05aa431b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。