上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと遅くなりましたが、2013年7月の航空各社の輸送実績です。

2013年7月 提供座席数 搭乗者数 搭乗率 シェア 前年比
ANA 5,798,234 3,262,675 56.3% 47.24% 99.9%
JAL 4,310,044 2,573,440 59.7% 37.26% 101.0%
SKY 862,875 608,097 70.5% 8.80% 102.4%
ADO 243,400 175,339 72.0% 2.54% 96.8%
SFJ 194,556 121,230 62.3% 1.76% 137.9%
SNA 0 0 0.00%
IBEX 103,400 63,901 61.8% 0.93% 114.9%
ORC 26,262 15,232 58.0% 0.22% 113.7%
FDA 112,264 76,564 68.2% 1.11% 123.8%
AMX 7,143 4,257 59.6% 0.06% 78.0%
新中央 10,610 6,101 57.5% 0.09% 110.6%
APJ 0 0.0%
JJP 0 0.0%
WAJ 0 0.0%
合計 11,668,788 6,906,836 59.2% 100.00% 101.3%

7月もSNAとLCCの情報はなしです。
大手は前年並み、新興、コミューター各社は増加という傾向。
全体では前年比101.3%と増加しています。
しかし搭乗率は前年は62%となっていました。
羽田増等で座席数は増えていますので、搭乗率が低下したということだと思います。

続いて、いつも見ている那覇-宮古と那覇-石垣について。

那覇-宮古
   座席数 乗客数 搭乗率
JAL 71,985  48,774  67.8%
ANA 40,036  26,372  65.9%
SKY 24,426  13,614  55.7%
---
total 136,447  88,760  65.1%

スカイマークは4,5月を運休し、6月より3往復で再開。
7月は7/9まで3往復でしたが、10日から2往復に減便。
スカイマークの搭乗率は55.7%と、以前に比べればまずまず。
繁忙期に入るということもあるでしょうが。
JAL(JTA)、ANAと比較してもそれほど見劣りはしないので、いい傾向かと思います。

那覇-石垣
   座席数 乗客数 搭乗率
JAL 82,510  52,652  63.8%
ANA 62,439  43,529  69.7%
SKY 29,028  16,335  56.3%
---
total 173,977 112,516 64.7%

こちらはスカイマークは7/10から4往復で就航。
こちらも宮古と同じような傾向ですね。
大手からそれほど見劣りはしないので、健闘しているといえると思います。

ただ、両路線とも夏場でこの数字で採算が取れているかというと、
ちょっと厳しいのかなという印象です。
しかし離島路線があれば各地から那覇への便の利用者が増加するので、
そちらの方で利益が確保できればよいと思います。
LCCとの差別化ポイントにもなりますし。(ピーチの石垣便は申し訳程度にありますが。)

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sky1192.blog8.fc2.com/tb.php/1134-4283617d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。