上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スカイマークが2013年度の業績下方修正を発表しました。

具体的な数字は以下の通りです。

売上 95,100→91,100
営業利益 5,800→2,300
経常利益 6,000→3,700
純利益 3,300→2,000 (以上、単位百万)
一株利益 36.26→21.99 (円/株)

売上げの減少がほぼそのまま営業利益の減少に反映されています。
また経常利益が営業利益+1,400となっていますが、これは為替差益の影響。
いわば過去にドル資産を多く持っていたため(A380のための投資)であり、
それがなければ実質の純利益はさらに減っているはず。
一株利益は実質15円程度と考えるべきかと思います。

1Q決算で、客単価が昨年より下がっていることは確認できましたが、
2Qでもおそらく下がっているものと思われます。
とすると私の試算では営業利益は2Q時点で24億程度であり、
下期はトントンと予想して今回の営業利益が算出されていると思われます。
昨年の下期も約7億の赤字だったので、この予想はやむを得ないですかね。
エアアジアが撤退したりした件もあり、昨年よりは競争環境は改善されると考えられるので、
下期トントンは何とか達成できるかなと思います。

さて、今回の発表で株価はどう動くか。
一株資産が約500円あるので、大きく売り込まれることはないと思いますが、
やはりある程度は売られるのかな、と思います。
ただLCC台頭、円安原油高のこの環境下で黒字を確保できた、
という安心感からその後ある程度戻すと想定します。
明日安く始まれば追加投資もありかと考えています。
本当の勝負はA380での国際線開始、A330本格稼動の来期だと思いますので。
私の2Q業績試算についても後ほどアップしたいと思います。


コメント

LCCが活躍しているというよりは、JAL・ANA、それぞれ、低価格にして削り取っているというイメージがあります。LCCは所詮、成田と神戸です。原油高、円安の影響が一番大きい。

1株15円とすると15倍で225円となり、キャッシュの価値が200円ないし300円とすると、400円から500円が妥当値なのかもしれない。随分、昔と異なります。
去年は2Q営業利益66億
本決算では営業利益46億

下期は約7億赤字ではなく、約20億では?
通期で黒字が確保出来れば、御の字でしょう。

20億の黒字というのは、だいぶ強気な予想に思えます。

LCCは大赤字、スタフラあたりの新興系も赤字、もしかしたらANAも赤字?の中、スカイが黒字を確保できれば大きいと思います。

それにしても、スタフラは地元からの補助金があるし、ピーチは関空から特別待遇受けてるし、ジェットスターはJALに追加増資をお願いしてるし、そもそもJALは公金を投入された挙句に法人税は支払わないし、そんな中 孤立無援のスカイに頑張って欲しいです。航空業界に倍返しだ!笑
ああさん>
LCCの影響は確かに一部かもしれませんね。競合という意味では福岡で競合するスタフラの影響も大きそうです。
スタフラが儲かっているようだとまずいですが、おそらく2Qで黒字化できているかどうかレベルでしょうね。

ううさん>
ご指摘ありがとうございます。その通り下期20億の赤字でしたね。
となると2Qまでで営業利益30億程度はほしいところですが、そこまでは届いていないのでは、というのが私の予想です。

とらさん>
昨年の秋から円安が進んで、環境が大きく変わっていますから、各社業績は厳しいでしょうね。
たしかにANAの黒字も怪しいところです。
相対的に見ればスカイは黒字を確保できれば上出来なのかもしれませんが、
A380資金が必要な今その業績なのはちょっと心配になってきます。

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sky1192.blog8.fc2.com/tb.php/1137-35c87cbb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。