上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スカイマークの2013年2Q決算が発表されました。


売上高(百万) 前年比(%) 営業利益 前年比(%) 経常利益(百万) 前年比(%) 純利益(百万) 前年比(%)
26年3月期第2四半期 45,505 △1.7 2,033 △69.5 3,361 △38.6 1,702 △42.5
25年3月期第2四半期 46,281 16 6,676 △26.8 5,472 △31.4 2,960 △33.7

私が以前に試算した数字より、売り上げが悪いですね。
客単価は前年比96.7%の13,965円。1Qも前年比97%の客単価でした。
本来であれば円安や原油高の費用増を運賃に転嫁するべきなのですが、
LCCや大手も運賃を下げてきているため、
搭乗率確保のために運賃を上げるわけにはいかなかったということでしょうか。

売り上げが伸びなかったため、営業利益も20億に留まってしまいました。
通期23億の営業利益予想なので、下期を3億の黒字とする必要があります。
しかしながら前期は20億の赤字でしたので、3億の黒字も簡単ではありません。
昨年の3Q時点では、ドル円はまだ80円前後でしたので、費用面でも今年のほうが不利です。
好材料としては、エアアジアの撤退でLCCの価格競争は
やや緩和される可能性がある点ぐらいでしょうか。
この決算と事業環境を考えると、下期黒字化は難しいと言わざるを得ません。
下手をすると今期赤字となる可能性もあると思います。

来期はA330の導入やA380の運行開始など、一気に事業が変わります。
これら、特に国際線については失敗する可能性もあります。
A380導入を決めた時期は営業利益は150億ありました。
これだけあれば国際線が少々赤字になっても国内線の利益で補填できる、
という状況もあってA380導入を決めたものと思われますが、
今や黒字も怪しい状態になってしまいました。
A380は今や非常に重荷ですし、なんとしても成功させなければならなくなってきましたね。


コメント

A380は償却負担も大きいから当面、会計上は赤字になるでしょう。赤字でもキャッシュフローは黒字の気がします。赤字続きの会社をどうみるかは難しいところです。赤字でも規模は段々上がっていくでしょう。ただ、自己資本の棄損は進む可能性があります。航空業界は我慢比べの世界で、儲からないということがわかります。ジェットスターなどはどうかと思います。
JAL、ANA、スタフラと決算が発表になりましたが、JAL以外は苦しいですね。特に、スタフラは通期で20億円の営業赤字に下方修正しました。

ああさんのおっしゃる通り航空業界は儲かりませんね。
多くの企業が赤字を出しながら、勝者なき戦いを続けています。

これで、国際線がこけたら…
スカイの株価やばいなぁ。
A380の一部はリースではなくキャッシュで購入しているので、最悪売り払うことが出来ますが。
未だ無借金で経営を続けていることが、せめてもの救いです。

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sky1192.blog8.fc2.com/tb.php/1141-011a6b4b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。