上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年9月の航空各社の輸送実績をまとめました。

2013年9月 提供座席数 搭乗者数 搭乗率 シェア 前年比
ANA 5,486,334 3,557,718 64.8% 47.58% 104.3%
JAL 4,058,969 2,805,945 69.1% 37.52% 105.0%
SKY 825,174 623,250 75.5% 8.33% 100.2%
ADO 232,131 189,616 81.7% 2.54% 104.0%
SFJ 185,356 129,230 69.7% 1.73% 144.5%
SNA 0 0 0.00%
IBEX 97,115 66,621 68.6% 0.89% 102.9%
ORC 25,096 13,652 54.4% 0.18% 106.3%
FDA 108,729 79,155 72.8% 1.06% 129.0%
AMX 10,088 6,658 66.0% 0.09% 139.8%
新中央 9,943 5,787 58.2% 0.08% 102.0%
APJ 0 0.0%
JJP 0 0.0%
WAJ 0 0.0%
合計 11,038,935 7,477,632 67.7% 100.00% 102.8%


全体として搭乗者数が前年比102.8%なので、航空需要は好調のようです。
これに、発表されてない、SNAやLCCの搭乗者数が加わりますので、
実際の搭乗者数は前年よりさらに増えていると考えられます。

今回は大手が搭乗者数を伸ばしていますね。安売りをしている影響でしょうか。
スカイマークも前年比ほぼ変わらずで、搭乗率もまずまずの数字。
ただ決算発表資料によると客単価は下がっていますが。

続いて、離島路線は以下の通り。

那覇-宮古
JAL 63,770  49,757  78.0%
ANA 40,264  30,195  75.0%
SKY 20,886  15,217  72.9%
---
合計 124,920  95,169  76.2%

那覇-石垣
JAL 82,198   51,059  62.1%
ANA 62,319   44,484  71.4%
SKY 42,126   20,805   49.4%
---
合計 186,643   116,348   62.3%

宮古は大手と張り合う搭乗率。
2往復しかしていませんが、これくらいが需要に見合っているということでしょうか。
対して石垣は苦戦。座席数が増えたことから、全体としても搭乗率はいまいち。
SKYは10月にはさらに厳しい値になりますが、こちらも2往復程度がいいのかも。
あまり減らしすぎると利便性が大手に劣ってしまいますが。
少なくとも冬場は減便でよさそうですね。


コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sky1192.blog8.fc2.com/tb.php/1147-3891d1d4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。