上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新興航空会社である、エアドゥおよびソラシドエアの中間決算が発表されておりました。
具体的な数字は以下の通りです。

エアドゥ

売上高(百万) 前年比(%) 営業利益 前年比(%) 経常利益(百万) 前年比(%) 純利益(百万) 前年比(%)
26年3月期第2四半期 26,024 7.4 1,773 △37.4 1,632 △42.6 1,063 △38.5
25年3月期第2四半期 24,223 6.7 2,833 △9.4 2,844 △9.6 1,729 △31.4

ソラシドエア

売上高(百万) 前年比(%) 営業利益 前年比(%) 経常利益(百万) 前年比(%) 純利益(百万) 前年比(%)
26年3月期第2四半期 17,720 16.7 1,173 3.4 1,308 50.2 704 △16.4
25年3月期第2四半期 15,181 1,134 871 842


スタフラが赤字、スカイマークも大幅減益の中、両社も苦戦が予想されましたが、
意外と踏ん張っているという印象ですね。
エアドゥは減益となったものの、利益率はスカイマークよりいいですし、
会社予想もギリギリ通期黒字(営業利益300百万)ですが、何とか通期黒字は確保できそうです。
路線別に見ると、スカイマークが就航した札幌-仙台は、
前年82.9%から今年45.2%と大幅に搭乗率が下がっています。
スカイマークがそれほどいいわけではないですが、ここはシェアを奪えていそうです。
他で気になるのは札幌-神戸が75.6%となかなかの数字。
スカイマークは1往復しかしていませんが、かなり高い搭乗率を記録しているので、
増便してもよさそうに思います。

ソラシドに関しては、この環境下で純利益は減益ですが増収増益はかなり優秀。
原油調達価格は上がっているはずなのになぜ、と中身を見てみたところ、
搭乗率が65.6%から68.0%に改善していたり、欠航便数が144から61に減少していたり。
各路線の搭乗率も、スカイマークと被る路線も搭乗率が上がっていますね。
ソラシドが好調なのは、LCCと被る路線が少ないからでしょうかね。
LCCと競合する大分路線は、提供座席数を増やしたのもあるでしょうが
搭乗率が下がっています(66.5→58.9%)。
LCCがどう競合路線を開設してくるか、にかかってきそうです。

ANAに守られて、幹線の便数は制限されながらも
コードシェアである程度の売上は保証してもらっていた2社と、
ANAとコードシェアせずに幹線に踏み出したスタフラで、明暗が出た決算かと思います。
で、結局スタフラもANAに従うと。。。
残念な結果ですね。

コメント

コメントします。

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sky1192.blog8.fc2.com/tb.php/1148-b48e8c0c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。