上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国交省の2013年度3Q分の航空輸送サービスに係る情報公開が発表されました。
早速、LCCの経営状況の推測をしてみたいと思います。

※いつもは第一営業日なのですが、なぜか遅れていました。

便数 座席数 平均搭乗区間距離 経費(百万) 乗客数 搭乗率
ピーチ 3,620 651,663 916 4,775 522,699 80.2%
ジェットスター 5,544 997,992 1,033 8,247 779,208 78.1%
バニラエア 192 34,563 1,224 338 26,067 75.4%

旅客収入(百万) 客単価(円) 旅客収入(円/人キロ) 収支(百万)
ピーチ 3,889 6,870 7.5 -886
ジェットスター 5,346 7,128 6.9 -2,901
バニラエア 181 8,446 6.9 -157


エアアジアは今回からバニラエアとなっています。
また今回も提供座席キロは8円/席キロで計算しています。

各社搭乗率はまずまずなのですが、単価が低すぎです。
旅客キロは7円前後と、これでは満席でもプラスにならないです。

便数の多いジェットスターが大幅な赤字となっていると思われます。
通期で100億程度の赤字になっているのではないでしょうか。
100億増資されていますが、それでも1年持つかどうかなのではないかと。
いつまでこんな消耗戦をやるつもりなのですかね。

ピーチは9億弱の赤字予想ですが、
4Qは繁忙期なのでプラスになる可能性もあり、となると通期で黒字もあるかもしれません。
関空は空港費用が安いので座席キロも8円より安い可能性もありますし。

また新LCCとしては、JTBも出資を発表していますし春秋が本当に国内線に就航しそうな感じです。
6/27から、路線は成田から高松、広島、佐賀なので直接被りはしないですが、
佐賀などは福岡便が影響を受けるかもしれません。


コメント

ジェットスターの赤字額を見てると、黒字化するつもりなんて全くないような気がしてしまいますね…。笑

成田発着のLCCは、スカイやソラシドのような羽田発着の会社にそこそこ安い運賃で座席が提供されてしまうと、成田が不便な分だけ単価を上げるのは容易ではないのでしょう。
ピーチの客単価7000円切っているのはまだまだということでしょう。この2年ほどスカイの業績は低迷していますが、ピーチが客単価をあげれば、自然にスカイにも流れてきますし、現に次第に神戸の搭乗率は、改善の兆しがあるように思います。

成田は春秋がどういう規模まで拡大するかは不明ですが、基本的には競合しない路線を目指すと思います。

スカイは均衡点を待つしかないという姿勢でしょう。

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sky1192.blog8.fc2.com/tb.php/1164-01ad3a4d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。