上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

航空各社がゴールデンウィーク期間の予約状況を発表しました。

2014 2013 前年比
座席数 予約数 予約率 座席数 予約数 予約率 予約数 予約率
ANA 2,286,671 1,149,024 50.2% 2,257,326 1,118,816 49.6% 102.7% 0.7%
JAL 1,621,010 909,683 56.1% 1,672,869 927,302 55.4% 98.1% 0.7%
SKY 352,584 211,258 59.9% 293,997 142,822 48.6% 147.9% 11.3%
SNA 86,013 47,695 55.5% 76,562 47,672 62.3% 100.0% -6.8%
SFJ 74,530 34,804 46.7% 70,311 44,224 62.9% 78.7% -16.2%
ADO 95,940 47,138 49.1% 94,362 56,465 59.8% 83.5% -10.7%
APJ 114,840 80,372 70.0% 75,240 55,077 73.2% 145.9% -3.2%
JJP 164,880 86,532 52.5% 95,032 54,184 57.0% 159.7% -4.5%
WAJ 31,812 13,585 42.7% - - - - -
- - - - - - - - -
合計 4,828,280 2,580,091 53.4% 4,635,699 2,446,561 52.8% 105.5% 0.7%


今年は連休の並びが悪く苦戦かと思っていましたが、全体としては予約数は増加しています。
航空業界は好調と見てよさそうです。

個別に見てみると、やはり目立つのはスカイマークの好調さですね。
昨年が悪すぎたというのはありますが、予約率は11.3%改善、
予約数も47.9%増とかなりいい数字。
実績は大体予約率+15%程度になることが多いので、
最終的な搭乗率は70%台中盤まで伸びると思います。

このあおりを受けたのがスターフライヤーとエアドゥですね。
スカイマークとそれぞれ福岡、札幌で競合しますので、
おそらくスカイマークに顧客を奪われていると思われます。
スタフラは経営難で値下げ出来なかったり、
エアドゥにしてもこのところ値上げしていますので、
スカイマークとの価格差が徐々に大きくなっているのではないでしょうか。

ミニスカ制服で話題になったことも要因のひとつにはあるではないかと思います。
知名度がまだまだない会社なので、知名度上昇には役立ったと思います。
社長としてはしてやったりでしょうね。
ここで、批判が多かったのでやっぱりやめる、
と言っても十分マスコミを利用できたしいいのかもしれません。

LCCは、ピーチは好調のようですがジェットスタートバニラはまだまだダメそうですね。
ゴールデンウィークは稼ぎ時なのでここぞとばかりに値上げしていると思いますが、
お客さんはシビアです。大手よりちょっと安いくらいでは乗ってくれませんね。

ひとまずスカイマークとしては好調そうでよかったです。
A330が運行を始められていれば、と悔やまれます。

コメント

スタフラ、ADO、SNAをANAは傘下にもっているわけですが、LCCをプロモーションすると、今度は、それら子飼いのグループの業績が悪くなり、LCCと中堅航空共倒れという図式ですね。

結局、ジェットエアの搭乗率も下がっているので、苦しい図式ですね。

昨年は、LCCをお試ししてみたヒトが多いと思いますが、幹線にスカイがA330を投入した場合、次第にスカイにレガシー、中堅航空、LCCから満遍なく、顧客を奪っていくという図式がみえてきましたね。

特に羽田で集客した場合、成田LCCを選ぶ理由は、ほぼない。

レガシーを選ぶ理由もマイレージしかない。

中堅航空は選ぶ理由は全くなくなる。

LCCはマスコミに取り上げられてきたけれど、賞味期限切れといえるでしょう。

ANAは中堅航空を自社に取り込みリストラするしかないでしょう。
スカイマークのホームページを見ていると、相次いで値下げのニュース、プレスリリースが出ているので、単価を下げて搭乗率を上げる作戦に出たのかもしれません。

ピーチ以外のLCC、他の新興系が苦戦する中この予約率は頑張っていますね!
GWの実績がどうなるか楽しみです。

GWが開けたら、2013年度の決算発表、どうなりますか。
ああさん>
最近はLCCの報道もあまりないですね。
マスコミもLCCを報道しようにも、一通り報道してしまいましたしネタ切れ感はありますね。
まだスカイのミニスカの方が報道されています。

とらさん>
前期決算は、3月で多少盛り返したかもしれませんが、それまでが悪すぎでしたので、あまりいい数字は出ないでしょう。
それよりも今期、まずは出だしのGW、4月搭乗率が気になります。
A330で座席数大幅増になりますし。
4月の搭乗率&GWの搭乗率は去年よりは良さそうですね。去年の1Qが悪過ぎましたが…。

ピーチが2000便以上の大量欠航を発表しましたが、不採算な便から欠航に当てはめていけば逆に収支は改善するのかもしれません。イメージの低下は避けられないでしょうが、もともと安かろう悪かろうで乗ってる人が多いのであまり影響ない気もしますが。

ここにきてピーチにもほころびが見えてきたのはスカイにとっては朗報ですね。
とらさん>
ピーチの欠航は、結構な規模のようですね。
必要な機長が62人で実際確保できたのは50人、とのことですので、不足は大きいです。
LCC勢はA320ですので、他社も同様の問題が起きる可能性はありますが、どうなのでしょうか。

ピーチは比較的上手くいっていただけに、イメージ的にも悪いですね。
スカイにとっては朗報なので、まあいいですが。

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sky1192.blog8.fc2.com/tb.php/1166-c6ba918f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。