上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年ゴールデンウィーク期間の航空各社輸送実績をまとめました。

2014 2013 前年比
座席数 搭乗者数 搭乗率 座席数 搭乗者数 搭乗率 搭乗者数 搭乗率
ANA 2,277,007 1,442,011 63.3% 2,247,786 1,430,566 63.6% 100.8% -0.3%
JAL 1,619,232 1,099,695 67.9% 1,667,592 1,115,309 66.9% 98.6% 1.0%
SKY 352,584 264,484 75.0% 293,997 193,849 65.9% 136.4% 9.1%
SNA 84,825 56,055 66.1% 76,508 55,263 72.2% 101.4% -6.1%
SFJ 72,491 50,027 69.0% 87,868 69,579 79.2% 71.9% -10.2%
ADO 95,256 59,843 62.8% 92,652 69,070 74.5% 86.6% -11.7%
APJ 114,120 98,314 86.1% 75,600 69,037 91.3% 142.4% -5.2%
JJP 164,880 124,761 75.7% 95,040 74,916 78.8% 166.5% -3.2%
WAJ 17,280 13,970 80.8% - - - - -
- - - - - - - - -
合計 4,797,675 3,209,160 66.9% 4,637,043 3,077,589 66.4% 104.3% 0.5%


ANAは座席数を増やして搭乗者数も微増。
JALは座席数を絞って搭乗者数は減少するも、搭乗率は1%良化しています。

好調だったのはスカイマークで、
座席数を増やしたにもかかわらず昨年より10%搭乗率が良化しています。
反面不調なのは他の新興各社。
SNAは座席数を増やすも搭乗者数は微増にとどまっています。
SFJは福岡をANAとコードシェアにしたため、座席数が減少。
ただ搭乗率はそれ以上に悪化してしまいました。
ADOは座席数を増やしたにもかかわらず搭乗者数は減少という最悪のケース。
ADO、SFJあたりはスカイマークに顧客を取られたことが主な原因と思われます。

LCCは80%前後の高い搭乗率を示していますが、
LCCは薄利多売なので常時この程度は確保しないと成り立たないと思われます。
GW期間中には、最も高い搭乗率のピーチも不祥事が出てしまいました。
これは今回の搭乗率には影響は軽微だと思いますが、
今後の搭乗率に影響が出てしまいそうです。

ひとまずスカイマークが予約率同様高い数字となったことは一安心ですね。
次は4月の搭乗率ですが、この調子なら70%前後の数字も期待できそうです。
昨年4月が65.1%なので、5%良化ならかなり経営も良化してくれそうです。

コメント

結局、スカイは昨年の単価が高すぎて、業績が落ちただけにみえます。スカイは安くないとユーザーには魅力でないように思えます。LCCも同じです。

スカイはJALの24%に達しているのですね。これからA330で一気に座席数が増加するわけで、スカイが今後、この搭乗率を維持してくれれば。
ああさんのおっしゃる通り、消費者は価格の低いスカイを求めてるのであって昨年までの単価上昇戦略はニーズにあっていなかったのでしょう。

マイルもない、ドリンクもない、機内サービスも最低限、下手したら笑顔もない(笑)では、同じ値段なら大手に乗りたくなるのが人情です。

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sky1192.blog8.fc2.com/tb.php/1169-ca5a5b83
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。