上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スカイマークの2014年3月期の決算が発表されました。


売上高(百万) 前年比(%) 営業利益 前年比(%) 経常利益(百万) 前年比(%) 純利益(百万) 前年比(%)
26年3月期第2四半期 85,975 0.0 △2,506 - △403 - △1,845 -
25年3月期第2四半期 85,943 7.1 4,674 △69.4 8,091 △48.6 3,778 △51.0

私の予想よりも経費がかかっていて、その割に客単価が思うように上がっていなかったため、
営業利益はマイナス25億と予想より悪い結果となってしまいました。
会社予想のマイナス20.36億に対してもマイナスといいところの無い数字ですね。

客単価は前年比102%。
3Qは105%だったのでその程度には上がっていると思いましたが、もう一息。
3月が好調だったのも客単価を下げた結果ということでしょうか。
経費が想定より7億ほどかかっているのは、A330のレンタルが始まっている点に対する費用発生や、
2月の大雪による欠航での追加費用が想定よりかかった、等ですかね。
4Q単独では23.25億のマイナス。前期も16億のマイナスでしたが、
4Qも利益が上がらない四半期になってしまったのでしょうか。。。

来期予想については、
売上 104,440 (+21.5%)
営業利益 312
経常利益 644
純利益 354 (百万)
となっています。

ただこれは不確定要素が多く、希望的観測だと思います。
A330で座席が増えますが、それ相応の集客が実現できるのか、
また国際線も就航される予定ですが、どの程度の利益になるのか。
国際線は就航直後は宣伝もかねて安く販売するでしょうから今期は赤字でしょうし、
A330についても、現状の搭乗率を見ていると
座席数に見合う集客ができるかどうかかなり疑問です。
4月の搭乗率もあまりよくなかったですし、赤字の拡大も十分想定されます。
440億資産があるので、今期程度の赤字なら問題はないでしょうが。。。

また配当は無配に。赤字ですしこれは仕方ないでしょうね。
配当して自己資本を切り崩されても、株主としては不安だと思いますし。

今回の決算は、下方修正になっているとおり残念な内容ですね。
株価は下がっているのでどの程度織り込まれているのかどうか。。。
PBR的には0.6倍と割安感はあるので大きくは売り込まれないと思いますが、
今は買いではないと思いますね。

コメント

同感です。ちょっと浮き足だっている。きちんと国内線立て直さないといけない。熊本と旭川撤退したけれど、その代わり米子。

米子は羽田ではなく成田2便でよかったと思う。旭川も成田2便でよく、熊本は羽田2便ぐらいにして北九州でも羽田2便おけばよかったと思う。

石垣も宮古なみに縮小すればいい。幹線集中しても儲からなくなってきているのだろう。
同社、今年目玉のA330の就航ですがまた延期となったようです。
(今回の延期で当初予定より約3ヶ月の延期)
http://www.skymark.co.jp/ja/company/press/140516_press.pdf
もうここまでなるとミニスカで釣られた客もあきれると思います。
A330の一号機JA330Aも
先日の訓練でエンジンオイル漏れしているみたいで
それでいて今回の就航延期。
本当にこの会社A330の営業運航出来るのか怪しくさえなってきます。
内部からの情報だと整備士の資格問題のようです。
http://www.aviationwire.jp/archives/36833
A330については羽田空港にしか有資格の整備士がいないとのことですが
就航開始までには就航地への有資格者を常駐できるような体制になるのでしょうか?

このような体制だとA380が8月受領で年内就航の計画ですが
国際線は国内線と違って振替もおいそれと出来ないし
例えばニューヨークで整備上のトラブル起こして
運航出来なくなった場合とかはどうするのでしょうか?

3月期決算の5期ぶりの赤字と決算発表前日のシステムトラブルによる遅延欠航など
LCCがパイロット不足で足踏みしているのにSKYが一緒につきあったら
レガシーの一人勝ちにならないでしょうか?
正直今回のA330の就航延期は呆れますね。
A380は以前インタビューで10月頃受領で、クリスマスまでに就航といっていましたが果たしてスケジュール通りに行くのでしょうか…

この記事の3ページ目に書かれている。
http://sankei.jp.msn.com/life/news/140601/trd14060118000003-n1.htm
『まず運航開始日ありき』の印象が否めない」と指摘する。
「運航開始を急いでいるのはわかるが、
開始日を先に決めて認可が下りるのを待つのは、
航空局への“圧力”ととられかねず、
あまり得策ではない」と話す。
一方の航空局は「運航開始日を決めていても、
認可基準をクリアしない限り、延期は何度でもありうる」
が事実だとすると「A380」でも同じことをするのでは
と考えるのは早計でしょうか?
(A380の場合、国交省だけでなくFAAの認可も必要だと思います。
長距離国際線の経験もほとんど無く、
代替着陸空港の手配などの経験も少ない同社だと
申請から認可まで機材到着から少なくとも半年ぐらいは
慣熟訓練飛行などの準備期間は必要じゃないでしょうか
大手でも新機種で新規就航だと事前の準備期間は充分とっていると思います。
どんなスケジュールでA380の就航計画を組んでいるのか見て見たい気もします。
何か起きてからは遅いのです。何か起きる前に充分準備してほしいのですが
同社からはその精神があまり感じられません。)

何とか運航出来たとしても
よほど日米の景気状況が良くないと
今後の国際情勢によっては収益も
採算とれるかが不透明な機材です。
これら機材を手放したり見直したりしない限り
A330はまだしもA380保有は
同社の売り材料にしかならないと思います。
スカイマークA380導入は最大半年先送り、機内部品供給遅れで
http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPKBN0EO10E20140613
やっぱりA380も遅れるようです。機内部品の供給遅延とのことですが
A380自体、ローンチカスタマーのシンガポール航空への納入が
機内サービスの配線作業で一年近く遅延が出たこともあり
A380は従来機よりも巨大で機体設備の部品数も従来機の倍近くはあるので
遅延は従来機よりは大きくなると思います。
今回の遅延は最悪半年の遅延が見込まれていますが
それまでに社内ソフト面の準備は整えて受領次第、
最短訓練で路線就航できるように体制を整えてほしいです。
(今回の遅延は逆手にとれば就航まで執行猶予が付いたと考えれば
良いように転がる可能性もあります。)

A330に関しては予定通り運航は出来るようですが
今度はついてないというか訓練中に1機落雷被害に遭ったようです。
スカイマーク、ミニスカ機材がまた受難
6月14日就航予定の新機材「A330」が雷で損傷
http://toyokeizai.net/articles/-/40019
運航を開始しても完全ではなく応急で運航する体制のようです。
http://www.skymark.co.jp/ja/news/pdf/140318_schedules0614.pdf
http://www.skymark.co.jp/ja/news/news_140612.html
6/16~6/20は時刻表から1機による運航(もう1機は期間中整備・点検)?
いずれにしても安全運航に徹してほしいです。
http://www.aviationwire.jp/archives/38335
>那覇線については、季節による需要の増減があるため、投入時期を検討する。
>幹線に投入しない時期には、バリ島など海外へのチャーター便の運航も視野に入れている。

当初、A330は国際線で運用しないと言っていたが
度重なる遅延で国内線の品質対決にJALの「SKY NEXT」に先を越され
先手を打ったつもりが守勢に回され、
A380の就航延期によって状況によっては2015年前期に新たな収入源として
国際線チャーターが必要になる財務状況なのかもしれません。
A330はひとまず運行開始できてよかったですね。
被雷の件は気になりますが。早く目指す姿(幹線はすべてA330)まで持っていってもらって、どういう状態になるか見てみたいです。
A380については、やっぱりという感じですね。
やると言っていたマイレージについても何も発表はないですし、アライアンスとかも何も決まっていませんし。
そもそもニューヨークの枠あるの?というところから疑問です。
がんばってほしいですが、やはり国際線は難易度が違う印象がありますね。

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sky1192.blog8.fc2.com/tb.php/1171-3dde2b6b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。