上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この数日の気になったニュースをまとめておきたいと思います。

スカイマーク A330運行開始
スカイマークが6/14、ようやくA330の運行を開始しました。
当初予定から3ヶ月程度遅れ、また延期かもと思われましたが、ひとまず運行開始できてよかったです。
メディアでもかなり取り上げられていて、今日のテレビニュースでも何回も見ました。
エアバスの日本でのシェア拡大が始まるかも、という点と、
ミニスカ制服を使っていて、当初よりスカートを長くした、という内容でした。
座席についても少し触れていましたが、視聴者の頭に残ったかは不明。
いずれにしてもまだまだ知名度の低い会社なので、アピールにはなったかと。
予約状況を見てみると、座席数が少ないためかA737の便の方が残席が少ないように見えますね。
これがそのうち逆転してくればいいのですが。

A380は最大半年就航延期
A330がこんな状況なので大体の人は予想はしていたでしょうが、
A380の就航はやはり延期になるようです。
7月上旬には計画が固まるとのことなので、株主総会ではまだ未定となりそうです。
機材の費用は当然かかってくるので、やるからには早く運行開始してもらいたいところ。
成功できるようなイメージもイマイチわきませんが。

スターフライヤー 福岡便を減便して山口宇部就航か
スターフライヤーが羽田福岡便を2-3便減便し、山口宇部に振り替える計画があるそうです。
羽田山口便はANAとコードシェア。
ANAの羽田山口宇部便はというと、4月は搭乗率50.3%。
5往復の運行で、機材はB767が4往復と、B787が1往復。意外と大型機材です。
搭乗率も低迷しているので、これを小型化したいANAの思惑があって、
スタフラに声がかかったということでしょうね。
スタフラもスカイマークが広い座席でかつ提供座席数を増やしており、
さらなる苦戦が予想されますし。
スカイマークとしてはライバルが減ってくれるので、いい材料ではあります。


コメント

A330就航やスタフラ減便など、少しずつ追い風に変わってきてますね。
ただ、LCCや新興系との戦いは厳しいですし、地方路線もなかなか搭乗率が上がってきませんので、今期の黒字化は難しいように思います。
レガシーもスカイもこれ以上は競争してはならないように思いますね。スタフラが福岡線を縮小をするのをみると、幹線に飛ばせばいいという時代ではないのでしょう。スカイが羽田米子に入れたのもこういう理由なのでしょうね。

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sky1192.blog8.fc2.com/tb.php/1174-2551ae58
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。