上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピーチの決算が発表され、今期は初の黒字決算となったようです。

決算数字は、
売上 30,595
営業利益 2,007
経常利益 1,710
純利益 1,046 (百万)
となっています。
黒字化も難しいと思っていましたが、20億もの営業利益を稼いでいた、というのは意外。
ただ、これまでの国交省の発表とはかなりズレがあります。(旅客収入17,097百万)
この差分はおそらく国際線の売上だと思うのですが、こちらでかなり稼いでいたのですかね。

国内線の座席キロも8円で計算していましたが、
機材数が揃ってきたことや関空の着陸料が安いこと等から、もっと低い数字を達成しているのかもしれません。
ここを7円/席キロで計算しなおしてみると、

便数 14,268、座席数 2,568,237、平均距離 930、経費 16,715
乗客数 2,148,972、搭乗率 83.7%、旅客収入 17,097、客単価 7,956、営業利益 382

こんな感じで、国内線も3.82億の黒字となります。
それ以外の売上、利益、乗客数が国際線だとすると、
乗客数 300,0000 - 2,148,972 = 851,028
売上 30,595 - 17,097 = 13,498
客単価 15,861
営業利益 1,625

ちょっと国際線が儲かりすぎのような気もしますが、
さすがに国際線赤字ということはないと思われます。
ライバルは多いと思われますが、意外と上手くやっているのでしょうか。

ピーチについては経営は私が思った以上に上手くいっているようですね。
しかし今期は大量欠航や不祥事もあったので、黒字を確保できるかどうか。
ジェットスターの方はどうなのでしょうね。

コメント

スカイと比較して、関空のみがベースなので、効率的だとは思いますが、例えば札幌とか福岡とかは別に拠点があるわけですから、拠点コストがそれぞれかかっているはずだし、その部分は効率的ではないはず。

だからスカイが赤字で、ピーチが黒字というのはちょっと違和感はあります。

ただANAにとって、ピーチの発展がよいことなのでしょうか?何故なら、結局ピーチは30%しかもっていないので、他の株主に配分を必要とするからです。

ジェットスターは関空に出たがっていたと思うけれど、いまだ出ていない。ジェットスターは成田ベースですが、成田幹線は、羽田のスカイがある以上、相当無理があると思います。


ピーチは国内線だけだとユニットコスト7円でもほとんど利益はないのですが、
国際線が思った以上に好調であるため、利益を出せているものと思います。
海外のLCCとの対決は意外と優位に運べているものと思われます。
やはり日本の会社という安心感から来ているのですかね。
スカイも近距離国際線に打って出たら、意外と善戦するかもしれません。

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sky1192.blog8.fc2.com/tb.php/1175-4402596c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。