上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スカイマークの2014年6月の輸送実績です。

2014年度 2013年度
羽田-福岡 77.1% 79.9%
羽田-神戸 66.2% 71.1%
羽田-札幌 85.0% 85.1%
羽田 -沖縄 66.5% 71.2%
羽田-米子 59.3% 0.0%
羽田-鹿児島 61.7% 60.6%
福岡-沖縄 69.2% 67.1%
神戸-沖縄 68.2% 61.1%
神戸-茨城 51.1% 49.1%
神戸-札幌 79.7% 80.3%
神戸-長崎 51.9% 54.6%
神戸-鹿児島 46.5% 41.1%
神戸-仙台 62.6% 0.0%
成田-札幌 67.9% 38.8%
成田-沖縄 64.5% 54.7%
名古屋-札幌 82.3% 78.7%
名古屋-沖縄 70.3% 69.0%
茨城-名古屋 13.4% 0.0%
茨城-札幌 64.2% 64.9%
茨城-福岡 43.1% 0.0%
米子-札幌 43.6% 0.0%
米子-沖縄 45.6% 0.0%
沖縄-宮古 63.4% 31.4%
沖縄-石垣 50.2% 0.0%
福岡-札幌 66.1% 67.4%
仙台-札幌 60.3% 52.9%
仙台-福岡 53.1% 54.8%
成田-米子 28.1% 0.0%
神戸-米子 45.0% 0.0%
--------------------
全路線 65.6% 65.2%


全体の提供座席数は前年比107.8%、搭乗者数は108.3%。
成田路線は搭乗率53.6%、うちLCC競合路線は66.2%。
また米子路線は全体で搭乗率44.3%でした。

各路線別に見てみると、
羽田はなんと言っても福岡でA330が就航した件が気になります。
搭乗率は79.9%→77.1%とやや下がっています。
便数がそのままで提供座席数が増えていて、
需要はまだそれに追いついていないようです。
ただ6月は閑散期なので、やむを得ないところですかね。
7月以降は繁忙期なので、これまで取りこぼしていた需要を取り込めることに期待です。
羽田の他の路線は、札幌は健闘していますがそれ以外は閑散期ということもありイマイチですね。

神戸路線は、ここも札幌路線が好調(といっても前年並みですが)、
他は前年並みといったところです。
成田は、札幌、沖縄ともなかなかですね。
ピーチに色々問題があったので、LCC離れでもあったのでしょうか。
閑散期でこの数字なら、7,8月はかなりいい数字を出せるのではないかと思います。

名古屋は札幌、沖縄は好調、茨城は全然ダメですが。
茨城の他の路線は、まあこんなものですかね。

米子路線は各路線とも40%台ですか。
6月であり就航直後ということを考えれば、まずまずですね。
成田-米子は不調ですね。羽田-米子路線がありますからねえ。

後は離島路線もまずまず、札幌-仙台も徐々に浸透してきているようですね。

今回は前年を上回れましたし、まずまずの結果ではないでしょうかね。
A330の影響は今月はまだ小さいですが、来月以降大きくなってきます。
ここでどれだけ乗客を稼げるかが非常に大きくなります。
ミニスカで知名度を上げ、快適な座席で固定客を増やす、という作戦が上手くいけばいいですが。
他にもワンピースとのコラボ企画もやるんですね。
ただこれはワンピースジェットを狙って予約とかはできないみたいですね。
どの程度効果がありますか。



コメント

多分A330が登場して、搭乗率は若干下がると予想していますが、若干下がったとしても地方線より高いのだから、幹線比率が上がり、業績には貢献するのではと思っています。

ただ、A330は、機体数が一定規模にならないとコストも下がらないので、当面は苦しいでしょうね。

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sky1192.blog8.fc2.com/tb.php/1176-22aba51d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。