上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

A380の違約金問題で苦境に立つスカイマークですが、
エアアジアが支援を検討しているとの報道がありました。

エアアジアは、楽天とともにLCC用の合弁会社を設立しています。
エアアジア楽天連合はスカイマークに出資することで経営権を取得し、
羽田発着枠を使ってLCCを運営していく、という作戦と思われます。
現時点ではエアアジア、スカイマークとも否定していますが。
これを受けてスカイマーク株はストップ高となりました。

これが事実だとすると、いくらで買収を仕掛けるかが焦点ですね。
スカイマークの純資産は1Q終了時点で389億、一株資産422円。
ただA380の前払い金約260億は返ってこない見込みであり、
さらに違約金を最大700億請求される可能性もある、という状態。
羽田枠の価値をどう見るかですが、1枠20億として、36枠だと720億。
違約金がこれで相殺されるとしたら、実質資産は129億。一株資産141円。
今日の株価230円は高いように思いますが、これは最悪の場合の数字。

最もよいケースを考えると、A380をキャンセルせずに購入するケース。
この場合は前払い金はそのままA380に変わるので、特別損失もなし。
当然違約金の支払いもなし、となります。
シートマップは変わると思われますが、
A380はエアアジアで使うとなればありえる話なのではないでしょうか。
となると一株資産の額でエアアジアがTOBをかけても、
特にのれんも発生せず経営上の損失はなしです。
その上羽田枠が手に入り、LCCの経営もおそらく上手くいくでしょう。

エアアジア楽天連合がTOBを仕掛ける可能性もあるように思えてきました。
社長は株を手放す気はなさそうですが、
社長から買うのかあるいは敵対的TOBを仕掛けるのか。
このままエアアジアが出資せずスカイマークがつぶれたとしても、
羽田枠は再配分になるだけでエアアジアは手に入らないでしょうし、
羽田枠を狙うのであれば仕掛け時なのかもしれませんね。


コメント

エアアジアが羽田に進出するのは、ANAがメンツをかけて阻止すると思います。

羽田しか、魅力がないのは明らかで、ここに入ってくるのは困る。国土交通省もスカイを買収しても枠の再配分となる。そうなると枠を割り引いて評価する。

ANAにとってスカイは異端児ですが、スカイに頑張って独立を維持してもらうほうが外資が入ってくるよりはまし。

今の株価は増資する上で不利なので、もう少し株価があがってエアアジアと西久保氏が増資するのはありえるでしょう。

目安としては増資200億ぐらいじゃないでしょうか。300億の時価総額でエアアジア100億、西久保氏100億で、エアアジアが20%ぐらい取得。西久保氏筆頭株主を維持しつつ社長留任。

今のエアアジアが100億も出せると思えないので、楽天50億ぐらいで10%、10%ぐらいか、西久保氏が出す分も楽天が引き受けるのが現実か。

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sky1192.blog8.fc2.com/tb.php/1185-b7146c2c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。