上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三井不動産の3Q決算
発表の数字は以下の通りです。


売上高(百万) 前年比(%) 営業利益 前年比(%) 経常利益(百万) 前年比(%) 純利益(百万) 前年比(%)
21年3月期第3四半期 943,537 125,885 109,983 52,928
20年3月期第3四半期 913,883 19 102,130 14 93,248 21 58,408 12

ここも財閥系らしく決算は堅調。
収益構造を見てみると・・やはり賃貸がメインのようですね。
部門別の主な売上は以下の通りです。
    売上  利益
賃貸  398,321  78,396
分譲  198,913  34,759
完成工事 110,465  △4,224
仲介・販売受託 56,165  14,122
管理受託  76,393  12,148

賃貸収入がメインであれば安定した収益が期待できるため、
不況下では強いですね。
分譲事業に対しては、三井不動産も以下のように下方修正をしており、
マンション事業の厳しさが伺えます。
     売上  利益
今回予想 373,000 54,000
前回予想 452,000 68,000

しかし会社全体の業績に対し大きな影響とはならないところが強いところです。
賃貸収入がメインですので、オフィスビルの空室率等に業績は連動しそうですね。
三井、三菱、住友はほとんど同じ銘柄のように見えてきました・・・


コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sky1192.blog8.fc2.com/tb.php/139-a09e5fe1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。