上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京建物の決算が発表されていました。
数字は以下の通りです。


売上高(百万) 前年比(%) 営業利益 前年比(%) 経常利益(百万) 前年比(%) 純利益(百万) 前年比(%)
20年12月期 199,811 △6.3 27,710 △39.0 20,500 △48.1 10,101 △53.5
19年12月期 213,218 △9.0 45,423 32 39,487 26 21,744 25

さすがに減収減益となっていますが、
利益を上げられただけまあよいと考えるべきでしょうか。

売上構成を見てみると、
   売上  利益
賃貸 585億 261億
分譲 926億 12億
その他485億 80億
となっており、マンション事業以外の収入が大きいです。
マンションではほとんど利益なしで、賃貸が稼いでいます。
賃貸事業は安定して収入源として優秀ですね。
逆に賃貸がないマンデベはガタガタの決算になってしまいます。

財務ですが、
現金は16,958(百万)に対し、流動負債は258,425と結構多いです。
前期末から比べても負債は合計603,002から732,675に増えています。
今期も結構資産を取得したということで、ちょっと心配です。
プロパストからガレリアヴェールを買い取ったりしてましたし・・・

今が仕入れ時なのかどうかは、後になってみないとわかりません。
この動きがどう出るかは今後に注目です。

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sky1192.blog8.fc2.com/tb.php/149-d0ec5d59
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。