上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FX業者であるMJを子会社に持つプラネックスコミュニケーションズについて、
FX部門の動向を決算書から調べてみました。

決算書から、金融事業の各数値を抜き出してみます。

        口座数  証拠金  売上  営業利益
前期 12/31 8,565 19.6億 3.81億 1.73億
1Q   3/30 16,954 33.2億 9.18億 2.91億
2Q  6/30 23,521 34.5億 18.31億 5.50億
3Q   9/30 28,337 45.0億 35.8億 14.3億
4Q  12/30 34,423 42.1億 49.7億 19.5億

上記から、四半期単独の口座増加数、売上、利益は
  口座増加 売上(億) 利益(億)
1Q 8,389   9.18    2.91
2Q 6,567   9.13    2.59
3Q 4,816   17.49   8.8
4Q 6,086   13.9    5.2

ここのFXも4Qはやや失速ですね。それでも素晴らしい収益力です。
で、以前にみんなのFXの四半期毎も見てみたのですが、
相関性は非常に高いです。
3,4QはみんなのFXの方がやや利益、売上は上回ってます。
口座数およびその増加はMJにやや分がありますが。

それもそのはず、みんなのFXとMJはシステムが全く一緒で、
キャンペーンの打ち方もよく似ています。
2月にみんなのFXが入金キャンペーン(200万入金で2万キャッシュバック)
をやってたのですが、今度はMJがやるみたいですし。。。

この2社はスプレッドも小さく、ヘビーユーザにも使いやすいので、
FXプライムなどの他の業者より受け入れられるかもしれません。

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sky1192.blog8.fc2.com/tb.php/180-93c1c2eb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。