上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

景気の動向をつかむためには、各会社の月次売上を見ていくのがいちばんよいのでは、
と思い、月次売上が発表されている会社の月次はなるべくチェックしていくようにします。

早速本日発表されていた月次売上情報から何点か。

・大庄 2月月次
大庄は「庄や」等の居酒屋チェーンを運営する会社です。
2月は全店94.6%、既存店89.3%。1,2月の落ち込みが激しいです。

・コメ兵 2月月次中古ブランド品を扱うコメ兵。全社売上は前年比66.7%。
上期はまずまず好調だったのですが、9月以降徐々に悪化。ついに2/3にまでなってしまいました。
不況という観点ではブランド品はマイナス、中古品はプラスということですが、
マイナス要素のほうが大きくなっているようです。

・青山商事 2月月次
洋服の青山の青山商事。全社売上は97.1%、既存店94.6%
上期、下期とも大体これぐらいの数値で不況による変化はなしです。

・薬王堂 2月月次ドラッグストアの薬王堂。全体売上は108.5%、既存店は99.3%
ドラッグストア業界は不況下でも好調と思っておりますが、
ここもまずまずの数字。

・ハブ 2月月次英国風パブ「HUB」のチェーンを展開しているそうです。
全店120.3%、既存店100.2%
なかなか堅調な業績です。上下期ともほとんど変化なし、不況の影響は見受けられません。
同じ飲食業でも大庄は業績を落としているにもかかわらず、
ここは業績を伸ばしており、違いは何なのでしょうか。

やはり各社苦戦はしておりますが、
ドラッグストア業界の薬王堂や、飲食業でもハブのように
好調を維持しているところもある、という印象。
明日以降も色々見ていきたいと思います。

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sky1192.blog8.fc2.com/tb.php/181-3db1ae1f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。