上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投資用マンションがメインの日本エスリードの通期決算がありました。
発表された数値は以下の通りです。

棚卸資産評価損23億の影響もあり、今期は赤字。
評価損計上割合は、前期末で約330億あったので7%ほど。
これは他に比べると大きくはないです。
ただ、資金繰りには困っておらず、売り急ぐ必要はないのでこんなものかも。

財務は、現金が84億から196億と倍増。
流動負債は292億なので、資金繰りには問題なし。
自己資本比率も42.6%あるので、まだまだ健全です。

来期は売上は290億と4.3%減少ですが、利益は7億を想定。
評価損計上がやや少ないので、今期で膿が出し切れたかどうかはちょっと微妙ですが、
まだ財務は健全ですし、今期下期の配当は17.5円を維持、
来期も25円の配当を予定してます。
この配当が出せるのであれば、今の株価386円は割安ですね。
BPSも1560円で、非常に売り込まれていますし。

当面つぶれるようなことはないと思うので、
ここも生き残れる素質を備えていることを確認できました。
来期利益予想が達成できるかは、評価損計上割合からちょっと不安ですが、
投資を行ってもいい銘柄だと思います。


コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://sky1192.blog8.fc2.com/tb.php/282-5ce9f28a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。